Home > スポンサー広告 > TVや新聞よりは・・・その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/962-f4a1e140
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > TVや新聞よりは・・・その2

Home > 東北地震 > TVや新聞よりは・・・その2

TVや新聞よりは・・・その2

■ 政・官・学・業(=東電)の相関図。
http://ow.ly/i/aAtf/original

わかりやすいわコレ。




■ 【福島原発震災(48)】0.6μSV/h以上の学校の授業中止と学童疎開を 2011/04/17
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2011/04/svh-652a.html
政府は子供たちに20mSv基準を当てはめている。
まるで人体実験。
5年10年先に悲惨な状況になってから悔いたのでは遅い。
生まれ育った土地を離れられないという声も耳にするけど。


■ 【福島原発】2011/4/19/火★1.作業員からも工程表に疑問-2.Meltdownとは 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=asrdKaAP1Rg
http://www.youtube.com/watch?v=47dJI69Yuhc


上記と被りますが、このユーザーさんが小出裕章さんのラジオ?音源をYouTubeにアップしてくれています。
いつでも見れるから助かる!
http://www.youtube.com/user/nyugankenshin#g/u


■ 必聴! 孫正義講演「震災復興に向けて」 Ustream
http://www.ustream.tv/recorded/14153702
原子力・化石燃料から自然エネルギーへの移行。実業家らしく現実的な視点で、原子力や世界のエネルギー事情を的確に分析し、政策案も提示。実は原発のピークは80年代に去っていた。


15min。
日本の保安院は、地面を5cmを掘って採取し放射線を測定、「これが○○町の放射線濃度です。」と言う。
IAEA は「表土」つまり表面を採取して測定する。
放射性降下物は、まず表層に堆積するはず。その後地面5cm下まで沈むのに、いったい何日かかるのか。
海外はこれでは信用しない。
そんなことを、孫さんは保安院の面子も”立てつつ”話してる。大人だなぁ。

「日本基準&国際基準で適時開示していくべきだろう」

16min
ネット上の言論統制は、一歩間違うと政府自身が危うくなるという事例、リスクがある。


20min頃
原発の寿命が40年であることを考慮してみると、新設せず新しく作るのがゼロであったら、自然に原発は減っていく。
さらに今回の事故で


80年代中ごろが、世界の原発トレンドのピークだった。
そこからは下がっている。

今日いきなり全ての原発をやめろ!なんてことは私は言わない。
私も事業者ですから、現実的に考えます。

(nitairera注: 少なくとも浜岡原発は止めないとマズイ。あれは直下型地震ですぐ壊れる)


27min
調べてみると、原発の発電コストが、5,6円ではなく、10円15円(設備投資を含めると?)の時の方が多かった。そのことを政府はあらためて検証すべき。

事故時の補償をコストに含めると、一番高くなってしまった。



30min
アメリカでの太陽光・原発の発電コストの図。
途中で逆転してしまい、太陽光が安く、より原発が高くなってしまった。

夜・雨を考慮しても、去年、両者のコストはクロスオーバーしている。


2004年以降、自然エネルギーが急激に伸びている。
これは政府の政策(電気の買取制度など)に起因している。

ヨーロッパでは、政府が自然エネルギーを全量買取する制度を決めた。それが肝になった。

そうでなければ、自然エネルギーは普及しなかった。


化石、原発は、エネルギーコストは今後上がっていく。
自然エネルギー発電は、今後量産・技術向上などによりコストが下がっていく。

今までの電気料金例えば8000円に500円を一時的に上乗せし、自然エネルギーを推進。

ただし、一時的に。

今後上がっていくであろう原子力や化石燃料にしがみつくよりは、みなで腹をくくって一時的に自然エネルギーにお金をかける。そうすれば将来の量産・技術向上で、コスト(電気料金?)は下がっていく。


電力に関して、欧米で取られているような促進策を。




・・・などなど。





■ 稲さんについて

YouTubeで講演を一通り見た。

一言で言えば、勘違い野郎だなこりゃ。


言ってることぜんぶが全部間違いだとは言わないが。

国を救いたいという気持ちも間違っちゃいないし。


通常運転中の福島原発周辺で死産(+奇形児)が異常に多いとのこと。そういった写真を見たのだろうか?

チェルノブイリ事故の現場へ行き、現地の人々の抱える症状や苦痛を見たのだろうか?

福島原発より低濃度だったスリーマイル島で、動植物の奇形が生じていることは?


http://www.youtube.com/watch?v=2OU3d5nnEvo



放射線については知っているようだが、現地調査をしていない、現場を見てないのだろうと思う。

原発利権側からのさまざまな抵抗や嫌がらせにあいながらも現地で人間相手に調査を重ねてきた広瀬隆さんの方が信頼できると思う。

自分の理論などにしがみつくより、まずは、事実を観察すべき。それがほんとの科学だと思う。

「そのままの格好で原発敷地内へ行かれてもまったく心配ありません。あんな防護服なんて着なくても・・・」

あー、あれだ、そこまでいうならお前が行って直してこい。ってみんなから言われるはず。

だめだこりゃ。この声聞いてて気分が悪くなってきた。

申し訳ないが、 nitairera 的にデンジャラス認定。(少なくともこの件に関しては。)


(参考)
http://gegen.sblo.jp/article/44234753.html
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/962-f4a1e140
Listed below are links to weblogs that reference
TVや新聞よりは・・・その2 from MEBIUS

Home > 東北地震 > TVや新聞よりは・・・その2

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。