Home > スポンサー広告 > 原発へ愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/936-85f5158d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > 原発へ愛

Home > Bedini Motor > 原発へ愛

原発へ愛

T-T

今は否定よりも愛を

ショート・ストーリーです。


====

ある一人の力持ちの心の優しい男の子がいました。


彼は「日本人の生活を守る」という使命感に燃えて、日本で最初の原子力発電所のメンバーの一人になりました。

彼のおかげで、東京をはじめとする関東の電気が常に維持され、停電で不便にならないように、不眠不休で日本を守っていました。

その彼は、今では年老いた老人になっていましたが、それでも彼はこれまでずっと静かに歯を食いしばって頑張ってきました。


数日前、彼が生まれてから経験したことのない、1000年に1度といわれる、耐え切れないほどの自然災害が襲ってきました。

壊れてしまった部分がありました。

彼がこれまで生活を守ってきた人々から声があがりました。


「なんでこんなに怖いものを創ったんだよ!!!」

「キケンだ逃げろー!!!」

「とにかく彼の力を封じ込めて!!!」


みんなの生活を便利にすることに彼の人生の意味がありました。

「頑張ったんだけど、耐え切れなかったんだよ、ゴメンネ・・・。」とショゲています。

だけど、日本を守る使命感に燃えてきた彼にとっては、災害に耐えられなかったことよりも、日本のみんなに嫌われてしまったことが一番悲しいことでした。


もし、あなたをこれまで育ててくれた親が年老いて、少しボケてしまったら、どうするでしょうか?

そそうをしてしまったら怒鳴るでしょうか?

それとも、「あー、漏れちゃったね、ここ拭こうね、これまでありがとうね!」と愛をお返しするでしょうか?


もし、あなたが子供の頃からずっと一緒にいて癒し続けてくれた犬が年老いて、少し足腰が弱くなったら、どうするでしょうか?

散歩の途中で座り込んでしまったら怒鳴るでしょうか?

それとも、「あー、歩けないんだね、私が抱えてあげるよ、これまでありがとうね!」と愛をお返しするでしょうか?


この世の中は、万物に意識があります。

親も犬も、もちろん、彼にも意識があります。

そして、意識の世界では、全てが繋がっています。


今、老人になった男の子が創ってくれた場面を見て感じるのは、私達には何ができるだろうかということです。

彼はもう二度と立ち上がることは出来ないでしょう。

私達は、愛を学ぶために、この地球に下りてきています。

今こそ愛をお返しするのが大切だと思うなら、あなたの心の内側の彼と繋がっている部分にむかって、「これまで私達の生活を支えてくれて、ありがとう!」と愛をかけてください。

ありがとう!

====


転送や転載、どのように使っていただいてもOKです。

お役に立てば幸いです。

ご縁をありがとうございます。

全てに感謝

マザーシップ

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/936-85f5158d
Listed below are links to weblogs that reference
原発へ愛 from MEBIUS

Home > Bedini Motor > 原発へ愛

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。