Home > スポンサー広告 > LTSpice で PWM 923Hz 発振回路ができました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/93-f538525a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > LTSpice で PWM 923Hz 発振回路ができました

Home > Joe Cell / HHO Cell > LTSpice で PWM 923Hz 発振回路ができました

LTSpice で PWM 923Hz 発振回路ができました

やったー!

前々回の日記の発振回路を LTSpice で再現できました。
どうやらちゃんと 923Hz 前後が出力されています^-^
回路図はこちら
PWM-NE555-923Hz_diagram.png


電源として DC 直流 12.0 V 。

R1 = 1000 Ω
R2 = 7275 Ω
C = 0.0000001 F ( 0.1μF )

また、 Cell の代わりに抵抗 R3 (とりあえず 1000Ω。 実際はもっとでかいでしょ) をおきました。


で、その LTSpice 用のファイルはこれ(右クリックダウンロード後、拡張子を .asc に変えてください)
PWM-NE555-923Hz.jpg

しかし、 fc2blog では画像以外のファイルをアップロードできないんでしょうかねぇ。。。
いちいち拡張子変えるのが面倒です。


回路を走らせてみると、こんな結果になります。( Cell を表す R3 部分の電流を調べました)
PWM-NE555-923Hz_output_01.png

範囲は 0 ~ 1 秒。
周波数が高すぎるので、つぶれて見えない。


0 ~ 0.1 ミリ秒 (ms) だとこんな感じ。
PWM-NE555-923Hz_output_03.png


0 ~ 0.01 ミリ秒 (ms) だとこんな感じ。
PWM-NE555-923Hz_output_02.png


ちゃんと発振できてるじゃないですか!

周波数の調べ方がわからん。ので、グラフから計算するとだいたい 900Hz 周辺でしょうね。

よかったよかった^-^


これだけでも PWM 作れるんでしょうが、操作のしやすさを考えて、もう一ひねりするか。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/93-f538525a
Listed below are links to weblogs that reference
LTSpice で PWM 923Hz 発振回路ができました from MEBIUS

Home > Joe Cell / HHO Cell > LTSpice で PWM 923Hz 発振回路ができました

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。