Home > スポンサー広告 > 小沢氏に関する植草さんの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/910-6da6c2ec
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > 小沢氏に関する植草さんの記事

Home > マスコミ > 小沢氏に関する植草さんの記事

小沢氏に関する植草さんの記事


植草一秀の『知られざる真実』より。

ちょっと古い記事ですが、芋づる式に開いた中で目に留まった部分を。


Ustream やニコ動などで小沢氏は生の姿で露出しているようなので、もはやこうしてブログに書く必要もあまりないかもしれませんが。


主権者国民対悪徳ペンタゴンが民主代表選構図
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-5a3c.html

 マスゴミは最重要の事実をまったく伝えない。最重要の事実とは、8月16日付記事に記載した五つの真実である。具体的には、
①小沢一郎氏関連の刑事問題がすべて瑣末なことがらであること。
②検察審査会の審査補助員選定が極めて不透明であること。
③検察審査会委員の選定が面接によるとの説があること。
④検察審査会に申し立てを行った人物が「在特会」会長と伝えられていること。
⑤その「在特会」幹部4名が京都府警に逮捕されたこと。
などがまったく伝えられない。
 
 他方で、悪徳8人衆およびその周辺から発信される、小沢氏に対するネガティブ・イメージを強調する発言だけが強調して報じられる。

(中略)

「悪いことをした人間」というのは一体何か。この一言だけでも、渡部恒三氏が国会議員を務める資格さえ持ち合わせていないことが明白である。
 
 偽黄門は無罪推定原則などの現代民主主義の基本原則さえ知らない無知をさらけ出している。年齢で人を区分するべきではないが、渡部氏のような老害しか持ち合わせていないとしか見えない人物は、一刻も早く議員を辞職するべきだ。岡田克也氏の発言も、ほとんど同レベルのものである。

 こんな人物を頻繁にテレビに出演させるところに、マスゴミの偏向がくっきりと示されている。

 先の大戦時、大本営情報と結託したマスゴミの攻撃を受けた側に真実が存在した。マスゴミの大罪を主権者国民は常に意識のなかに入れておかねばならない。マスゴミに攻撃される人物こそ、真実の人材であると考えるべきだ。





主権者国民対悪徳ペンタゴンが民主代表選構図
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-5a3c.html

 小沢一郎氏に対する執拗な攻撃は、悪徳ペンタゴンが小沢一郎氏の政治刷新能力を心底恐れていることの証左である。マスゴミが小沢氏攻撃を強めれば強めるほど、小沢一郎氏の価値が高まる逆説を正しく理解しなければならない。





小沢一郎攻撃メディア談合組織「三宝会」③
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-1c78.html

 小沢一郎氏に対するメディアの集中攻撃が続いている。何も知らない市民は悪徳ペンタゴンの情報工作の罠に嵌ってしまう。竹下元首相が組織した小沢一郎氏攻撃の談合組織である「三宝会」の暗い影は、いまも日本の情報空間を大きく歪めているのである。

(中略)

(政治資金規正法違反事件で)小沢さんは不起訴となりましたが、当然です。私は政治行動をともにしてきましたが、小沢さんは不正なカネをもらったことは一切ありません。検察の捜査は不正なカネをもらったはずだということが前提でした。検察は民衆が官僚政治を打破するために作った政権を、本格政権にしようとしている小沢さんの政治的暗殺をもくろんだわけです。これと同じことは戦前、帝人事件(注)で行われました。軍部と検察が組んだファッショだったのですが、その結果、日本は戦争に突き進んでしまいました。
(中略)

帝人事件 昭和9年、帝人(帝国人造絹絲)株をめぐる贈収賄事件で、帝人社長や大蔵省次官ら16人が起訴され、当時の斎藤実内閣は総辞職に追い込まれた。その後、12年になって起訴は虚構で犯罪はなかったという理由で被告は全員無罪となった。立件は政界右翼と軍部が検察を使って行った策謀との説もある。斎藤内閣の総辞職以降、軍部の独走体制は強まった。」





私はフリエネに触れられない忙しい日々が続いております。。。

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/910-6da6c2ec
Listed below are links to weblogs that reference
小沢氏に関する植草さんの記事 from MEBIUS

Home > マスコミ > 小沢氏に関する植草さんの記事

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。