Home > スポンサー広告 > 上杉隆さん、Wikileaks 報道で日本のメディアを憂う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/904-78b99fce
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > 上杉隆さん、Wikileaks 報道で日本のメディアを憂う

Home > マスコミ > 上杉隆さん、Wikileaks 報道で日本のメディアを憂う

上杉隆さん、Wikileaks 報道で日本のメディアを憂う

上杉隆「ウィキリークスのアサーンジ氏に相次ぐ“思考停止”の報道――日本のテレビ・新聞は本当に大丈夫か」
http://diamond.jp/articles/-/10485

「強姦したといわれている人間だから――」(TBSテレビ「みのものたの朝ズバッ!」)

 ウィキリークスの創設者であるジュリアン・アサーンジが逮捕されて一週間。日本のテレビ番組などでは、いまだにキャスターやコメンテーターによるこの種の発言が散見される。果たして、日本の放送局のコンプライアンスは大丈夫なのか。

 なぜなら、これらの発言は、名誉毀損どころか人権侵害の可能性すらあるからだ。現在、アサーンジは有罪判決も受けていないし、釈放を待っている身である。さらに、そもそもこの事件に関しては冤罪の可能性が圧倒的に高いのだ。

疑問が多いアサーンジに対する“容疑”
日本メディアの報道は大丈夫か
 そもそもジュリアン・アサーンジが犯した「強姦罪」とは、性行為の際にコンドームをつけなかった、セックスの最中に女性に体重をかけ過ぎた程度の4点である。

 これを「レイプ」と呼ぶのは相当困難だ。英国の司法当局が保釈を認めたのも当然といえるのではないか(現在、スウェーデン検察当局が抗告中)。

 日本のテレビ・新聞は本当に大丈夫だろうか。BPO提訴程度で済めばいいが、仮にアサーンジ本人に海外で訴訟でも起こされたらひとたまりもない。きっと莫大な賠償金を背負うことになるに違いない。



日本のマスメディアはほんと終わってるな。

見る価値がない。

「どれだけ日本のメディアが腐っているか」を確かめる、そのためになら見る価値が少しは残っている。


メディア情報は、基本的に疑ってかかれば間違いない。

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/904-78b99fce
Listed below are links to weblogs that reference
上杉隆さん、Wikileaks 報道で日本のメディアを憂う from MEBIUS

Home > マスコミ > 上杉隆さん、Wikileaks 報道で日本のメディアを憂う

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。