Home > スポンサー広告 > Over Unity Free energy Motor Generator_1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

ただ URL 2010-12-19 (日) 22:00

はじめまして、ただと申します。
僕もbedini ssgモーターを作っていて、nitaireraさんがやったように
紙に回路を描いて、それに釘や導線や電子部品をつないでやってる
のですが、ローターが止まってしまいます。
YouTubeのintrovertebrate さんがコイルの巻き方を紹介してますが、
http://www.youtube.com/user/introvertebrate#p/u/30/GTjglYb9H3A
この巻き方は
http://forum.itawk.com:8080/images/bedini/CoilWinding.jpg
↑で説明されてるのと同じ巻き方向なので正しいようです。
ところでnitaireraさんは、
http://nitairera.blog23.fc2.com/blog-entry-135.html
↑では、コイルをintrovertebrate さんとは逆向きに巻いてらっしゃい
ますよね?実は僕も最初のコイルはnitaireraさんと同じ方向に
コイルを巻きました。二番目のコイルはintrovertebrateさんと同じ
方向に巻きましたが、慌てて巻いたので巻き数が400回未満に
なってしまいました。二番目のコイルで、introvertebrate さんの
説明の通りにコイルを回路につないだのですが、回りませんでした。
一番目のコイルでは、過去に1回だけ回りました。そのときつなぎ方
をメモすれば良かったのですが、別の作業に移ってしまいました。
二番目のコイルは巻き数が少ないのも、回らない要因の一つかも
しれません。
nitaireraさんは、コイルをどのように回路につないだら回ったの
でしょうか?コイルの巻き始めの面をローター側に向けるかそうで
ないかも含めると8通りのつなぎ方がありますが、僕は8通りとも
駄目でした。ただ、僕の場合はローターと軸の設定に問題があって
軸の上部を固定してなかったのでローターの磁石の反発で、軸が
ぶれるので、磁石とコイルの反発力が軸のブレで吸収されてた
可能性もあるのです。ただ何にせよ、軸のぶれるローターで、
コイルのつなぎ方8通りを、また一つ一つ検証するのは面倒なので
nitaireraさんがローターが回転したつなぎ方を重点的に、試した
ほうが早いので、巻き始めの太線と細線、巻き終わりの太線と細線
をどこにつないで、ローターにはどちらの面を向けたのか教えていた
だけないでしょうか?
お手数をお掛けしますがよろしくお願いします。
失礼します。

nitairera URL 2010-12-22 (水) 16:42

たださんこんにちは!

Bedini SSG 作ったのですね!?スゴイ!大変じゃなかったですか?


残念ながら私は現在自宅から遠く離れており、当分の間、自分のSSGを見れない・触れない状況です(>_<);

そんな中でのアドバイスお許しください。


私も最初、ローターが回転してくれずに悩みました。

もうやったかもしれませんが、こんな順に原因をさぐりました。

1.接続点における単純な接触不良
2.回路の単純な接続ミス
3.トランジスタの接続ミス or 接続不良
4.トランジスタの熱破壊(byはんだごて)

などです。

結局、どれだったのかはよくわかりませんが、いろいろいじっているうちに回るようになりました。


回るようになった際私が行なっていた、接続の確かめ方を書きます。

まずローター、コイルを適正な位置に置いておきます。
ローターの磁石のどれか1つをコイルの鉄心に近づけておきます(というか勝手に近づきます)。
その状態で、1次コイル(パワーコイル、駆動コイル)の銅線(太い方でしたっけ?)の末端に乾電池を繋げます。

磁石が反発してローターがちょっとだけ回転したでしょうか?

もし回転したなら、その磁力線の発生の向きが正しく、つまりその+-の方向が正しい電流の流れ方ですので、駆動バッテリーからも同じ向きに電流が流れるような感じに、回路を繋げて下さい。
(もし回転しなかったのなら、逆向きで試します。)

これで、駆動コイルからの磁力との反発によってローターが回転をする、その下地ができます。

この確かめ方はおそらく、コイルをどう巻いたか、磁石をどちら向きに接着したか、などによらずに確かめられる方法だと思います。

(方位磁石でも確かめてみましたが、こっちがNでこっちがSだから・・・と頭を使わなくてはならず、むしろわかりにくかった。)

次に2次コイルの銅線をつなぐのですが、これはちょっと思い出せない・・・。


今記憶を頼りにアドバイスできることはこのくらいですm(_ _)m


400回巻きについてはなんともいえません。
正しくは何回巻きでしたっけ???

巻き数少なくても、ある程度回るだけなら回ってくれそうですが。逆起電力の回収率は別として。



たださんのが回転するよう祈ってます☆

また何かありましたらどうぞ^-^

nitairera

ただ URL 2010-12-28 (火) 21:58

返事が遅くなってすみません。丁寧なお返事ありがとうございます。
乾電池で調べるというのはグッドアイデアだと思いました。接触不良
などについても再度調べてみます。
進展がありましらご報告します。
では、失礼します。

 ただ

ただ URL 2011-01-04 (火) 23:22

お久しぶりです、ただです。
Bediniモーター回りました!とてもうれしいです。
回らなかった原因はおそらく、ローターの回転部が悪かったのと
コイルが中心部の鉄心の周辺が空洞で、コイルの巻き数も少なかった
のが原因のようです。あと、コイルの極性も間違えてたかもしれませ
ん。
ローターはジャンクのハードディスクを利用しました。とてもいい具
合に回ります。あと、コイルは中心部のプラスチックの穴の周辺を
ヤスリで削って穴を大きくして、ボルトにナットを締め付けて一回り
大きい鉄心をコイルに入れてます。また、巻き数も550回ほどのを
作り直しました。
乾電池でコイルのN極とローターのN極が反発するようにして、
トリガーコイルはどちらにつないでもローターは、たしか回りました。
http://tada333.cocolog-nifty.com/blog/
でも、結果を載せていこうかと思ってます。bediniよりいいやつも
あるみたいなのでそれも試してみようと思います。
ではでは。

 ただ

nitairera URL 2011-01-23 (日) 19:26

たださん!おめでとうございます!

> 回らなかった原因はおそらく、ローターの回転部が悪かったのと
> コイルが中心部の鉄心の周辺が空洞で、コイルの巻き数も少なかった
> のが原因のようです。あと、コイルの極性も間違えてたかもしれませ
> ん。

なるほど~^-^


> ローターはジャンクのハードディスクを利用しました。とてもいい具
> 合に回ります。あと、コイルは中心部のプラスチックの穴の周辺を
> ヤスリで削って穴を大きくして、ボルトにナットを締め付けて一回り
> 大きい鉄心をコイルに入れてます。

コイルと鉄心、うまいこと埋め込みましたね^^

HDD利用とのことですが、摩擦抵抗は大きくないですか?

HDD自身の内部のローター部分にコイルがある(と思われる)ため、回転させると誘導電流か何かのために摩擦が生まれて数秒~数十秒で割とすぐ止まってしまい・・・それでHDD案を取りやめました。


> でも、結果を載せていこうかと思ってます。bediniよりいいやつも
> あるみたいなのでそれも試してみようと思います。

それ今度教えてくださいね☆

ではまた

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/901-9cca5a73
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > Over Unity Free energy Motor Generator_1

Home > Magnetic Motor > Over Unity Free energy Motor Generator_1

Over Unity Free energy Motor Generator_1


今年の10月の投稿なので新しい。


Over Unity Free energy Motor Generator_1
http://www.youtube.com/watch?v=5Mj5xrLIHbk

スポンサーサイト

Comments:5

ただ URL 2010-12-19 (日) 22:00

はじめまして、ただと申します。
僕もbedini ssgモーターを作っていて、nitaireraさんがやったように
紙に回路を描いて、それに釘や導線や電子部品をつないでやってる
のですが、ローターが止まってしまいます。
YouTubeのintrovertebrate さんがコイルの巻き方を紹介してますが、
http://www.youtube.com/user/introvertebrate#p/u/30/GTjglYb9H3A
この巻き方は
http://forum.itawk.com:8080/images/bedini/CoilWinding.jpg
↑で説明されてるのと同じ巻き方向なので正しいようです。
ところでnitaireraさんは、
http://nitairera.blog23.fc2.com/blog-entry-135.html
↑では、コイルをintrovertebrate さんとは逆向きに巻いてらっしゃい
ますよね?実は僕も最初のコイルはnitaireraさんと同じ方向に
コイルを巻きました。二番目のコイルはintrovertebrateさんと同じ
方向に巻きましたが、慌てて巻いたので巻き数が400回未満に
なってしまいました。二番目のコイルで、introvertebrate さんの
説明の通りにコイルを回路につないだのですが、回りませんでした。
一番目のコイルでは、過去に1回だけ回りました。そのときつなぎ方
をメモすれば良かったのですが、別の作業に移ってしまいました。
二番目のコイルは巻き数が少ないのも、回らない要因の一つかも
しれません。
nitaireraさんは、コイルをどのように回路につないだら回ったの
でしょうか?コイルの巻き始めの面をローター側に向けるかそうで
ないかも含めると8通りのつなぎ方がありますが、僕は8通りとも
駄目でした。ただ、僕の場合はローターと軸の設定に問題があって
軸の上部を固定してなかったのでローターの磁石の反発で、軸が
ぶれるので、磁石とコイルの反発力が軸のブレで吸収されてた
可能性もあるのです。ただ何にせよ、軸のぶれるローターで、
コイルのつなぎ方8通りを、また一つ一つ検証するのは面倒なので
nitaireraさんがローターが回転したつなぎ方を重点的に、試した
ほうが早いので、巻き始めの太線と細線、巻き終わりの太線と細線
をどこにつないで、ローターにはどちらの面を向けたのか教えていた
だけないでしょうか?
お手数をお掛けしますがよろしくお願いします。
失礼します。

nitairera URL 2010-12-22 (水) 16:42

たださんこんにちは!

Bedini SSG 作ったのですね!?スゴイ!大変じゃなかったですか?


残念ながら私は現在自宅から遠く離れており、当分の間、自分のSSGを見れない・触れない状況です(>_<);

そんな中でのアドバイスお許しください。


私も最初、ローターが回転してくれずに悩みました。

もうやったかもしれませんが、こんな順に原因をさぐりました。

1.接続点における単純な接触不良
2.回路の単純な接続ミス
3.トランジスタの接続ミス or 接続不良
4.トランジスタの熱破壊(byはんだごて)

などです。

結局、どれだったのかはよくわかりませんが、いろいろいじっているうちに回るようになりました。


回るようになった際私が行なっていた、接続の確かめ方を書きます。

まずローター、コイルを適正な位置に置いておきます。
ローターの磁石のどれか1つをコイルの鉄心に近づけておきます(というか勝手に近づきます)。
その状態で、1次コイル(パワーコイル、駆動コイル)の銅線(太い方でしたっけ?)の末端に乾電池を繋げます。

磁石が反発してローターがちょっとだけ回転したでしょうか?

もし回転したなら、その磁力線の発生の向きが正しく、つまりその+-の方向が正しい電流の流れ方ですので、駆動バッテリーからも同じ向きに電流が流れるような感じに、回路を繋げて下さい。
(もし回転しなかったのなら、逆向きで試します。)

これで、駆動コイルからの磁力との反発によってローターが回転をする、その下地ができます。

この確かめ方はおそらく、コイルをどう巻いたか、磁石をどちら向きに接着したか、などによらずに確かめられる方法だと思います。

(方位磁石でも確かめてみましたが、こっちがNでこっちがSだから・・・と頭を使わなくてはならず、むしろわかりにくかった。)

次に2次コイルの銅線をつなぐのですが、これはちょっと思い出せない・・・。


今記憶を頼りにアドバイスできることはこのくらいですm(_ _)m


400回巻きについてはなんともいえません。
正しくは何回巻きでしたっけ???

巻き数少なくても、ある程度回るだけなら回ってくれそうですが。逆起電力の回収率は別として。



たださんのが回転するよう祈ってます☆

また何かありましたらどうぞ^-^

nitairera

ただ URL 2010-12-28 (火) 21:58

返事が遅くなってすみません。丁寧なお返事ありがとうございます。
乾電池で調べるというのはグッドアイデアだと思いました。接触不良
などについても再度調べてみます。
進展がありましらご報告します。
では、失礼します。

 ただ

ただ URL 2011-01-04 (火) 23:22

お久しぶりです、ただです。
Bediniモーター回りました!とてもうれしいです。
回らなかった原因はおそらく、ローターの回転部が悪かったのと
コイルが中心部の鉄心の周辺が空洞で、コイルの巻き数も少なかった
のが原因のようです。あと、コイルの極性も間違えてたかもしれませ
ん。
ローターはジャンクのハードディスクを利用しました。とてもいい具
合に回ります。あと、コイルは中心部のプラスチックの穴の周辺を
ヤスリで削って穴を大きくして、ボルトにナットを締め付けて一回り
大きい鉄心をコイルに入れてます。また、巻き数も550回ほどのを
作り直しました。
乾電池でコイルのN極とローターのN極が反発するようにして、
トリガーコイルはどちらにつないでもローターは、たしか回りました。
http://tada333.cocolog-nifty.com/blog/
でも、結果を載せていこうかと思ってます。bediniよりいいやつも
あるみたいなのでそれも試してみようと思います。
ではでは。

 ただ

nitairera URL 2011-01-23 (日) 19:26

たださん!おめでとうございます!

> 回らなかった原因はおそらく、ローターの回転部が悪かったのと
> コイルが中心部の鉄心の周辺が空洞で、コイルの巻き数も少なかった
> のが原因のようです。あと、コイルの極性も間違えてたかもしれませ
> ん。

なるほど~^-^


> ローターはジャンクのハードディスクを利用しました。とてもいい具
> 合に回ります。あと、コイルは中心部のプラスチックの穴の周辺を
> ヤスリで削って穴を大きくして、ボルトにナットを締め付けて一回り
> 大きい鉄心をコイルに入れてます。

コイルと鉄心、うまいこと埋め込みましたね^^

HDD利用とのことですが、摩擦抵抗は大きくないですか?

HDD自身の内部のローター部分にコイルがある(と思われる)ため、回転させると誘導電流か何かのために摩擦が生まれて数秒~数十秒で割とすぐ止まってしまい・・・それでHDD案を取りやめました。


> でも、結果を載せていこうかと思ってます。bediniよりいいやつも
> あるみたいなのでそれも試してみようと思います。

それ今度教えてくださいね☆

ではまた

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/901-9cca5a73
Listed below are links to weblogs that reference
Over Unity Free energy Motor Generator_1 from MEBIUS

Home > Magnetic Motor > Over Unity Free energy Motor Generator_1

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。