Home > スポンサー広告 > トヨタ急加速問題。やっぱりあれは濡れ衣。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/840-28fc521c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > トヨタ急加速問題。やっぱりあれは濡れ衣。

Home > マスコミ > トヨタ急加速問題。やっぱりあれは濡れ衣。

トヨタ急加速問題。やっぱりあれは濡れ衣。


わかっていたとはいえ、ひどい話です。


「トヨタ有利の情報隠す」朝日新聞 2010.08.01 朝刊、および asahi.com 2010.07.31
http://www.asahi.com/business/update/0731/TKY201007310180.html

米紙報道 米運輸省の元職員証言

【ニューヨーク=山川一基】
米国でのトヨタ自動車の大量リコール(改修・無償修理)問題をめぐり、米経済紙ウォールストリート・ジャーナルが30日、米運輸省がトヨタに有利な情報を意図的に隠し、公表していなかったと報じた。

元幹部の実名による告発で、当局の対応に批判が集まる可能性が出てきた。


同省の高速道路交通安全局(NHTSA)でリコール担当のチーフを務め、今月初めにやめたジョージ・パーソン氏が証言した。

「急加速して事故に至った」との訴えがあった複数のトヨタ車について同局が調査した結果、いずれも運転ミスによる可能性が高いとのデータが集まったという。

パーソン氏は「幹部らがデータを公表しないよう決定した」と証言。その幹部の一人としてレイ・ラフッド運輸長官の名前を挙げた。


パーソン氏によると、急加速があったとされる23台の記録装置を解析したところ、すべてが事故時にブレーキが作動していなかった。

一方で、アクセルを調節する電子制御スロットルは全開だったため、運転手がブレーキを踏もうとして過ってアクセルを踏み込んだ可能性が示された、と指摘した。


パーソン氏は「データを公表すると、NHTSAはトヨタに近すぎると批判されることを恐れた。トヨタへの(世間の)怒りは非常に大きく、非常に政治的な問題になっていた」との見方を示した。




なんて国だ、アメリカ。



これは、イラク戦争と同じ構図。


「イラクが大量破壊兵器を保有し、フセインは 9.11 を引き起こしたアルカイダと接触している」 の情報をもとに、

→ イラク戦争開戦

→ 兵士と民間人の区別などできず、イラクで民間人含めて大量殺戮

→ イラクは政権転覆させられ、傀儡政権を樹立させられた

→ 蓋をあけてみたら、イラクに大量破壊兵器などなかったし、アルカイダと繋がりもなかったと判明

→ つまりあれは開戦するためのデッチアゲ情報だった

→ 実は目的は、石油利権の強奪と、戦争特需、etc だった


デッチアゲ情報によって、無実のイラク人(民間人含む)が殺戮されたことになる。

それと、そもそも 9.11 はアルカイダの犯行じゃない可能性大。。。





トヨタ急加速問題に話を戻しますが・・・


「批判が集まる」 程度で済む話じゃないと思われますが・・・。

これ本当なら、国際的な名誉毀損の超巨額の恐喝詐欺事件。国家ぐるみの犯罪です。



真実を隠した作為的な情報を公表して、

公聴会に社長呼びつけて謝罪させて、

企業の名声を地に落としめ、

回収&修理をタダでやらせ、

多額の賠償金を要求した(実際トヨタは支払ったのだろうか?)。


※ 賠償金は何十億ドルだというサイトもあったり、また、16億”円”だというサイトもあったり。本当はいくら?


トヨタや日本は、アメリカなり米運輸省なり議員なりを、国際法廷か何かで訴えた方がいい。


追記
ひとつ気になるのは、『記録装置に 「アクセル全開/ブレーキ踏まれず」 の記録があった』 = 『運転者がアクセルをブレーキと踏み間違えた』 とは言い切れない点。色んな可能性があり得るから。どうなんだろう・・・。



あれだけアメリカと一緒になってトヨタバッシングしてた朝日新聞。(他の新聞は取ってないから知らない。)

トヨタバッシングは紙面いっぱいに使って書いていたのに、この記事はページの隙間の穴埋めのような小さな小さな扱い。

気をつけてないと見逃してしまうほどの小ささだった。

(確か数日前に、もっと小さな記事でこれの前振りがあったような気もする。)


これはとてつもない重大ニュース。なのにこの扱いの小ささ。

そりゃ、アメリカと一緒になってさんざんトヨタバッシングしてしまった手前、この記事を前面には出せないでしょうよ。

他にも何か意図があるかもしれませんけどね。




もしこの情報が知れ渡ったら、日本人の反米意識が強まるんじゃないですかね。

強まってほしいと思います。



他に同様のニュース。

産経ニュース - トヨタに有利な情報非公表 運輸省元幹部、米紙に証言 2010.7.31
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100731/biz1007311223005-n1.htm



公聴会で怯えながら証言して涙まで見せたロンダ・スミスとかいう女性、あのケースのデータレコーダーはどうなってるんでしょう?

朝日新聞によれば 「急加速があったすべてのケースで」 とのことなので、彼女もアクセルふみっぱだったんでしょうか。


↓ 朝日よりもう少し詳しい記事。

ウォールストリート・ジャーナル日本版 - 【インタビュー】トヨタに有利な調査公表控える=米運輸省幹部が明言 2010年 8月 2日
http://jp.wsj.com/Business-Companies/Autos/node_87560

 【デトロイト】トヨタ自動車の米国での大量リコール(回収・無償修理)問題に関連して、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)の元幹部はこのほど、ウォール・ストリート・ジャーナル紙とのインタビューで、運輸省高官がトヨタに有利になりそうな調査結果の公表を少なくとも一時止めていたことを明らかにした。

 証言したのは、NHTSAに27年間勤め7月3日に退職したリコール管理部門の責任者だったジョージ・パーソン氏(67)。同氏は「(上司に調査結果を)なぜ公表しないのかと尋ねると、長官室が望んでいないからだの言われた」と述べ、ラフード運輸長官に言及した。パーソン氏は「情報は集められ、報告書はできあがり、提出されていた」と指摘、調査結果を公表しないとの決定にはNHTSAの一部当局者は反対したと述べた。

 これに対し、運輸省広報担当者は、NHTSAは引き続きトヨタ車のデータを検討しているとし、「調査はまだ完了していない」と反論した。トヨタの広報担当はコメントを控えるとした。

 パーソン氏によれば、NHTSAは意図しない急加速で事故を引き起こしたとされるトヨタ車40台を調査。このうち23台について急加速があったと断定したが、23台とも電子データレコーダーやブラックボックスの記録では衝撃の瞬間にはスロットルは全開状態で、ブレーキは圧縮されていなかった。このことは、ドライバーが誤ってブレーキではなく、アクセルを踏んだことを示している。

 同氏は、「NHTSAは、意図しない急加速の原因をあまりに長い間無視している。ドライバーのミスであり、データはペダルの踏み間違いであることを示している」と述べた。運輸省当局者が公表を遅らせた理由については、NHTSAがトヨタと親密すぎで、トヨタ車の電子系統の欠陥を厳しく検査しなかったとの批判が再燃するのを恐れたからではないかとの見方を明らかにした。

 同氏は、「極めて政治的だった。トヨタに対する怒りで満ちているからだ」とし、「運輸省当局者はトヨタ車の欠陥を示すようなものが見つかるのではとの、はかない望みを抱いている」と皮肉った。

 パーソン氏によると、同氏はトヨタ車の急加速事故の原因に関するNHTSAの調査について説明を受け、調査官に対し自分の考えを述べたという。運輸省広報担当者は、「パーソン氏は急加速の調査にはまったく関与していなかった」と否定した。

 本紙は7月14日に、NHTSAの調査ではトヨタ車の急加速の事故の多くはドライバーがブレーキだと思ってアクセルを踏んだ結果起きたことが分かったと報じている。

記者: Mike Ramsey



  「意図しない急加速」で事故を引き起こしたトヨタ車・・・40台
  そのうち、「急加速があった」車・・・23台

その23台についてはすべてブレーキとアクセルの踏み間違い、と判明したとのこと。

あー?残り17台は、急加速じゃなかったのか???その辺がよくわからんが・・・。


涙の証言をしたロンダ・スミスの場合は、意図しない急加速はしたものの結果的に事故には至っていないから、この40台には含まれていない可能性もあります。ので、彼女のケースがブレーキ/アクセルの踏み間違いかどうかこの記事だけでは断定できません。
(何を ”事故” と呼ぶかにもよりますが。)




以下のサイトではコメントが炸裂しています。

(´A`)<咳をしてもゆとり - 2010.07.14
http://yutori2ch.blog67.fc2.com/blog-entry-1601.html

ただ同筋は、(1)アクセルペダルが戻りにくい(2)アクセルペダルがフロアマットに引っ掛かる―という二つの欠陥に関する疑惑が晴れたわけではないとしている。



あー、まだそこの問題はまだありますね。
ただ、フロアマットを備え付けのものではなく自前のを用意したり(まそれはアリか)、ひどいと二重に敷いたりしている、と聞いたこともあります。



同じサイトで、こんな情報も。

(´A`)<咳をしてもゆとり - トヨタに有利な情報を隠蔽 運輸省元幹部が告発 2010.08.01
http://yutori2ch.blog67.fc2.com/blog-entry-1700.html

48 :名刺は切らしておりまして:2010/07/31(土) 14:48:26 ID:rUXDucTK
今のクルマにはイベントデータレコーダ(EDR)が装備されており、ドライバーの操作が記録されると
知れ渡った途端、意図せぬ加速が起こったという苦情が激減してるんだよなw

トヨタ車の意図せぬ加速に関する苦情件数、4─6月は大幅減
2010/07/17 REUTERS

 [ワシントン 16日 ロイター] トヨタ自動車<7203.T>製車両の意図せぬ加速問題をめぐり、米当局と専門家による原因究明に向けた取り組みが進むなか、同問題に関する当局への苦情件数が大幅に減少していることが分かった。

 NHTSAは、意図せぬ加速の原因となった可能性のある電子制御系の調査を行っている全米科学アカデミー(NAS)に資料を提供。それによると「レクサス」などトヨタ車の意図せぬ加速に関する苦情件数は年初からこれまでに1500件に達した。

 このうち大半が1─3月に集中しており、4─6月は推定100件だった。6月は「カムリ」「プリウス」「レクサス」などの主要モデルに関しては、苦情はほぼゼロ件だった。

 NASは現在、NHTSAとは独立した調査を行っているが、まだ初期の段階にある。



・・・笑えますね。笑えないけど。



ここでも火の手があがってます。

デスクトップ2ch - 【自動車】トヨタに有利な情報隠蔽?米当局元幹部が告発 リコール問題[07/31]
http://desktop2ch.net/bizplus/1280552881/?guid=ON




さて、ゲンダイが吠えてます。

久しぶりだなぁこの噛み付きっぷり。紙面の方はヘタレてしまったので全く読まなくなったからなぁ。

ゲンダイネット - トヨタ車の大量リコール問題 やっぱり米国政府の陰謀だった!! 2010年8月2日
http://gendai.net/articles/view/syakai/125559

今ごろ運輸省幹部の新証言出てきた理由

 トヨタには思わぬ援軍だ。先週30日に米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が、元米運輸省幹部の発言として「米運輸省はトヨタに有利になる調査結果の公表を意図的に避けた」と報じたのである。衝撃的ニュースだ。

 この幹部は米運輸省の高速道路交通安全局(NHTSA)で、トヨタ車の調査にあたっていた。調査結果は「トヨタ車の急加速の原因はトヨタ車の欠陥ではなく、いずれも運転ミス」というものだったが、運輸長官らが公表しないよう指示。運転ミスは闇に葬られるところだったのだ。

「以前から、トヨタの大量リコール問題では米国側の陰謀説がくすぶっていましたが、今回の報道で証明された格好です。経営難に陥ったGMを救済するにはトヨタを追い落とすのが一番という分かりやすい構図です。オバマ大統領も大票田の米自動車業界を味方にしたい思惑で容認したのでしょう」(経済ジャーナリストの井上学氏)

 気になるのは、なぜ今ごろになってトヨタ擁護の報道が出たかだ。

「ひとつはGM再建のメドがついたこと。もうひとつは11月の中間選挙を見据え、トヨタ問題を手打ちにしたかった。というのは、トヨタの工場が多い米南部は共和党の強い地域です。このままだとオバマの民主党は南部の有権者からソッポを向かれてしまう。それを避けるための手打ちです。しかも元幹部の証言という形で情報を小出しにし、米国民の反応を見極める。結局トヨタは、こうした米政府の思惑に踊らされたのです」(井上学氏)

 トヨタの豊田章男社長は、米公聴会まで出席し陳謝した。日本を代表する世界企業が、米国の陰謀にまんまとはめられる。そんな事態が許されていいわけがない。日本政府は、トヨタ問題の真相をきちんと検証すべきだ。

 日本は、米国債購入や金融投資で富を奪われ、あげくに大げさな北朝鮮・中国脅威論で沖縄を基地固定化され兵器を買わされ、アメリカにナメられっ放しだ。せっかく政権交代したのだから、一度くらいガツンと言っても罰は当たらないというものだ。



情報が公表されたのが本当に告発だったのか、あるいは意図されタイミングを見計らってあえて公表されたのかも気になるところ。



とりあえずは、(もし支払ったのなら)賠償金は返していただいて。

その上で、トヨタは逆にアメリカから賠償金ガッツリせしめてください。





J-Cast ニュース - トヨタに有利な情報隠す 米紙に米運輸省元幹部証言 2010/8/2
http://www.j-cast.com/2010/08/02072510.html

この件についてトヨタ広報部に聞いたところ、「特にコメントはありません」とのことだった。



NHTSAによる調査が継続中だから、今はまだコメントできないんでしょう。

それとも羊のようにおとなしく黙ってしまうのですか?





古いけど、関連情報。

アメリカ議会の思惑でトヨタをたたきつぶそうとしたということ
http://report.blogoo.ne.jp/e86675.html

賠償金目当てか・恥を知れトヨタ証言の女性・なぜ修理もせず転売する
http://net-news-jp.jugem.jp/?eid=327

トヨタ叩きの急加速問題<これがその真相
http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1490177/






一応、こういう主張もあるみたい。

トヨタ急加速による事故 原因はCB無線大出力による電磁波障害
http://www.nnnewsss.com/2010/03/post-53.html
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/840-28fc521c
Listed below are links to weblogs that reference
トヨタ急加速問題。やっぱりあれは濡れ衣。 from MEBIUS

Home > マスコミ > トヨタ急加速問題。やっぱりあれは濡れ衣。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。