Home > スポンサー広告 > 岸博幸さんが面白かった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/818-6ed9606b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > 岸博幸さんが面白かった。

Home > マスコミ > 岸博幸さんが面白かった。

岸博幸さんが面白かった。

さっき BS11 でやってた番組、面白かった。

田中康夫の「ニッポン再興へのシーズ(seeds)」

田中康夫のにっぽんサイコー!
7/17 (土) 22:00 ~ 22:30 (30分)
BS11(Ch.11)

田中康夫
岸博幸(慶應義塾大学大学院教授)



岸博幸さんという方が、なかなか本質を捉えたいいことを言っていた。

現在の菅政権は官僚寄りであること、菅政権にはアメリカも大喜び(?)であること、変えられる(?)のは小沢と亀井しかいないこと、etc。
(うろ覚えなので間違い多々あると思います。亀井さんて・・・どうなんでしょうね・・・)


岸さんは、元々は官僚だったが退官して、今は慶応大学の教授。

『慶応の教授になってみて、官僚の時の給与がかなり恵まれていたことを知った。』


http://ja.wikipedia.org/wiki/岸博幸

2008年6 月には、衆議院議員の江田憲司や元財務官僚の高橋洋一らと共に「官僚国家日本を変える元官僚の会(脱藩官僚の会)」を設立。いわゆる脱藩官僚としてテレビ番組などにも出演する。





彼も既存メディアのおかしさに気付き、ネットメディアの力を知ってます。



以下は、番組での岸さんの発言。


『 官僚は、与えられた予算をすべて消化することを第一に考えている。

これは一般の会社のあり方とは真逆の、まったくおかしな仕組みなんです。 』



『 私達日本人は、いま ”百姓一揆”、”市民革命(だったかな?)” を起こさなきゃいけない。 』



『 消費税10%が発表されたときも、大手新聞各社は、

皆一様に10%増税を肯定・やむなしとする記事を載せた。

これでは (皆同じ内容では) メディアとして成り立っていない。 』



『 1面2面の政治部の記者というのは、政治経済のことはほとんどわからないまま、

政治家からの情報をもとに記事を書く。

政治家寄りの記事になるのは当然で、

だからこんな腐った記事(もっと違う表現だった)になる。 』





メディアやその記者たちが政権に都合の良い記事しか書かないのは、

その多くが時の政権から官房機密費をもらってるから。



http://news.livedoor.com/article/detail/4463475/

官房機密費の持ち逃げについて、その分け前に預かってる新聞の記事が腰が引けてるのは当然。

メディアは完全にコントロールされている。


民主党が日本の支配体制を打破できるかと期待したが、敵(政治家・官僚・検察・メディア・大資本、+アメリカ)はあまりに強大だった。

小沢・鳩山はみごとに転覆させられ、菅政権は生き残るためにもうその悪徳ペンタゴンに取り込まれてしまったようだ。



上杉隆さんガンバレ!

岸博幸さんも応援します!



マジで日本には革命が必要だ。

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/818-6ed9606b
Listed below are links to weblogs that reference
岸博幸さんが面白かった。 from MEBIUS

Home > マスコミ > 岸博幸さんが面白かった。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。