Home > スポンサー広告 > 廃プラスチックを石油に戻す技術はどうなってる?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

未開封 URL 2009-07-06 (月) 15:23

私はyahoo知恵袋って所に書いた人にはちょい悪意が感じられました。知ったかぶりと嘘が混ざっていたと思います。
処理能力の意見、その通りだと思います。機械を増やしたりすれば、問題解決ですね。

nitairera URL 2009-07-15 (水) 22:29

ありがとうございます。おっしゃる通りです。


地球や環境を大切にする技術は、もっと広めていくべきですよね。




既得権益で食べている人たち、目先の利益だけ追求している人たちへ。

わかっているとは思うけど、それが地球を自然を人間をないがしろにするテクノロジーならば、あなたたちも壊した環境と一緒に自滅の道をたどるだけですよ。

今後世界に広まっていくのは、すべての人の幸せを願う思い、”愛” から生まれたモノだけだと思います。

それ以外は要らないから、ポイ ^o^

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/81-7f32a489
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > 廃プラスチックを石油に戻す技術はどうなってる?

Home > その他の装置 > 廃プラスチックを石油に戻す技術はどうなってる?

廃プラスチックを石油に戻す技術はどうなってる?

今日のニュースで、ペットボトルのリサイクルが取り上げられていました。

そこで思い出した、数年前に放送されていた廃プラスチックを石油に戻す技術。

あれはその後どうなっているのかな?

『 プラスチック 油化 』 で google 検索してみました。



■ 廃プラスチック油化装置 2008.01.20 最終更新
http://homepage2.nifty.com/syotakano/

卓上型(家庭用)の小型油化装置もあります。手作り感がいいですね。

「家庭ゴミの、廃プラを分別して、石油を作ろう!」とのコンセプトで、小学校などでも実演しているようです。



■ 株式会社ブレスト
http://www.blest.co.jp/

卓上油化装置 Be-h が販売されています。
こちらの作りは本格的。



■ 廃プラスチック油化技術は使えるか -環境技術開発の有り方を考える 1998.08.25
http://www.ne.jp/asahi/ecodb/yasui/platooil.htm

10年前の情報なので当てにはなりませんが、「油化技術が成り立たない理由」を述べられています。

理由の一つは、プラスチック製品は様々な材料が混合されていて、例えば原料に塩化ビニルなどが含まれていると、塩素を含んだ油ができてしまい燃やすとダイオキシンが発生すること、塩素を除去したとしても残りの材料が粘性を持つために油化プロセスの邪魔をしてしまうことだそうです。

2009年現在、油化技術ではこれらの問題は解決済みなのでしょうか?



■ Yahoo! 知恵袋 「プラスチック油化装置のブレスターシリーズとは?」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413195174?fr=rcmd_chie_detail

上記の(株)ブレストの製品のことのようです。

1)消費電力が記載されていない
(生成する油分の価値と電力等のランニングコストの関係が不明・・・経済合理性が?だし、電気の消費は石油の消費でもある)


とありますが、製品説明の PDF を開くと「裏面」にしっかり消費電力の記載があるじゃないですか・・・。

ブレスターに関しては 3KW/時 とのこと。

油化されてできる石油よりも多くの化石燃料を(電力生産時に)消費しているのかどうかはわかりませんがT-T

2)市場に出回っているプラスチックはトン単位なのにたかだか時間当たりキログラムオーダーでしか処理できない


ブレスターの PDF には、1時間に 2~3kg の廃プラスチックを処理できるとありますね。

大量に処理するには、もっと大きなものを作ればいいだけの話では?
または、このサイズのものを数を多く設置すればいいのでは?(って思考が単純すぎます?)

3)PP,PE,PS以外のプラスチックに対応していない
(市場では塩ビ、ペット(PET)やABSなど多数のプラスチックが使用されている。またポテトチップの袋など該当プラスチックとそれ以外が複合されているときの処理の可否が不明)


えーっとですね、 PDF には確かに↓こんな感じで PP, PE, PS にのみ対応となっています。

油化可能なプラスチック
PP (ポリプロピレン)・・・ゴミ箱、小物入れなどの容器、結束バンド、お菓子の包装袋、 CD/DVD ケースなど
PE (ポリエチレン)・・・レジ袋、衣料品、日用品などの包装紙、ペットボトルのキャップなど
PS (ポリスチレン)・・・コンビニ弁当・カップ麺の容器、納豆・豆腐などの容器、発泡スチロールなど



でも、これって相当なもんじゃないですか?
家庭からよくでるプラスチックゴミのほどんどはここに入っていません?

そりゃ充分とは言えないのかもしれないけど、これだけのプラスチックゴミが油化できるのなら、私は二重丸◎をあげたい。


さて、ブレスターちゃんも塩ビ系の廃プラスチックに対応していないということは、やはり塩素の問題に関しては未解決ということでしょうか。

そこで「あぁプラスチックの油化は難しいんだ」なんて思い込まずに、それもこれも解決して一歩先の技術になることを私は期待します。


ちなみに消費電力に関しては、数々のフリエネ装置でまかなえるとすれば問題ないでしょう!
スポンサーサイト

Comments:2

未開封 URL 2009-07-06 (月) 15:23

私はyahoo知恵袋って所に書いた人にはちょい悪意が感じられました。知ったかぶりと嘘が混ざっていたと思います。
処理能力の意見、その通りだと思います。機械を増やしたりすれば、問題解決ですね。

nitairera URL 2009-07-15 (水) 22:29

ありがとうございます。おっしゃる通りです。


地球や環境を大切にする技術は、もっと広めていくべきですよね。




既得権益で食べている人たち、目先の利益だけ追求している人たちへ。

わかっているとは思うけど、それが地球を自然を人間をないがしろにするテクノロジーならば、あなたたちも壊した環境と一緒に自滅の道をたどるだけですよ。

今後世界に広まっていくのは、すべての人の幸せを願う思い、”愛” から生まれたモノだけだと思います。

それ以外は要らないから、ポイ ^o^

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/81-7f32a489
Listed below are links to weblogs that reference
廃プラスチックを石油に戻す技術はどうなってる? from MEBIUS

Home > その他の装置 > 廃プラスチックを石油に戻す技術はどうなってる?

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。