Home > スポンサー広告 > 重力の正体はある種の素粒子で・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/799-4d2b80e3
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > 重力の正体はある種の素粒子で・・・

Home > 重力 > 重力の正体はある種の素粒子で・・・

重力の正体はある種の素粒子で・・・

この人もおんなじこと考えてる。


【重力って】誰か教えて!【どうなってんだ】
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/earth/1133173592/l50

42 :同定不能さん:2009/07/18(土) 14:22:18

重力の正体はある種の素粒子で、この素粒子が宇宙の全方面から地球に降り注いでいるのである。

この素粒子はある一定の割合で物質と衝突し、この時その衝突された物質は反動で反対側に押し出される。この「押し出される力」がすなわち重力である。

もちろんこの素粒子は地球の反対側から地球を突き抜ける形で、いわば我々の視点から見ればあたかも地中から空に向かう形でも放出されているのであるが、素粒子自体が地球の岩盤である程度吸収されてしまい地中から空に向けて放たれる素粒子が相対的に少なくなるので、結果的に空から地中に向けて放出される素粒子の量が増え、我々はその圧力に従って重力と呼ばれるエネルギーで地表に押し付けられ続けるのである。

なお物体の材質によってこれらの素粒子を遮断・吸収する割合は異なり、いわゆる質量の大きい密度の高い物がこの素粒子を多く吸収する(と言うよりも正確に言えば素粒子の吸収量の多いものを質量が大きいということになる)。

また質量の小さな、たとえば我々人間のような個体も厳密には重力を発生させていると言われているが、この重力が発生する理由も、我々人間の体がこの素粒子が衝突することで反動として素粒子の放出が少ないほうに押し付けられると同時に、その衝突する素粒子を吸収してしまうことによって、重力を発生させている。

なお衝突した重力素粒子は一般的には熱に変換される。




この人は単に、 「素粒子は岩盤などで吸収される」 としてる。

私としては、素粒子(エーテル?)は、原子の存在維持のために消費されてるのではないかと思う。エンジンを回すガソリンのように。


また、「衝突した重力素粒子は熱に変換される」 としています。

もしそうなら、そこそこの重量の惑星も常に熱を発生させていることになる。

小さいが、完全に冷え切った(とされる)月のような天体があるので、矛盾するような。しないような。
どの程度の熱量を発生させるかにもよるな。

でも重力素粒子が熱に変換されるってのはひとつ面白い考え方だなぁ。


アタマいてー


2012.02.20 追記
「じゃなんで地球の中心に向かってこの素粒子?が流れてくるの?という根本的な所があれなので・・・」というようなツイートがどこかにあったので・・・

答え1
原子が存在するためには、これらの重力素粒子がエネルギー源?として必要だから。

答え2
あるいは、原子(またはそれを構成する素粒子たち)は、この重力素粒子の回転や運動によってできているから。

と個人的には思いますた
ま、全部妄想ですけどね(笑
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/799-4d2b80e3
Listed below are links to weblogs that reference
重力の正体はある種の素粒子で・・・ from MEBIUS

Home > 重力 > 重力の正体はある種の素粒子で・・・

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。