Home > スポンサー広告 > この大平先生はすごいな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

gravity man URL 2011-01-04 (火) 00:45

電子は微小な構造物である。この中に何らかの仕掛けがなくては、電荷は生まれない。電荷自体が引斥力を有し、かつ角運動量更に磁性を同時に持つ。電子の構造物のカラクリは、メビウスの輪状に回る光子の回転に伴う他の光子との摩擦によって生まれる。但しメビウスの輪の捻りが奇数回の時のみにしか輪を上下に貫通する光子の流れは生まれない、反粒子である陽電子は輪の回転が逆であるため、上下の気流は逆になり、お互いに1対のポジトロニュウムが生まれる。このときの引力がクーロン力の元となる。電子の作用する近距離では強い力で引きあう。核子を構成する要素は電子と陽電子であり、電荷は中和されるが、質量は増す。陽子は陽電子が1個多い結晶構造で結びつき、中性子は同等の陰陽電子で構成される。質量の1単位は電子と陽電子による。磁力は上向きと下向きの陰陽電子が揃った時に外界に影響を及ぼす。重力作用の原因は質量の1単位から発せられる重力波が他の質量体と相互に共鳴を起こし、質量体の本来の性質つまり、共鳴を起こした時に背後に光子を噴き出すことによる反跳力が質量同士の引力となる。太陽が地球を引き回すのは重力波の有限な速さ(光速)による遅れが原因して楕円の周回力を生むからだ。

nitairera URL 2011-01-04 (火) 16:22

gravity man先生、できたらURLを(笑)
たぶん絵とか図解での方がもっと理解しやすいので^-^


水面に浮かぶ2つの振動子が引き寄せあうには、その2つの振動が同位相でなければならない、というようなことをどこかで読みました。

同様に重力波で共鳴(≒引き寄せあう)を起こすということは、すべての物質の放つ重力波は、すべて同位相なのでしょうか?

脳内だけで何も手動かさず実験せずでの発言ご容赦くださいm(_ _)m

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/785-7134e94c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > この大平先生はすごいな。

Home > 重力 > この大平先生はすごいな。

この大平先生はすごいな。

この大平先生はすごいな。

政治・経済・自然科学の学習室 - エーテル理論の優位性? 2010-02-22
http://seikei344.blog34.fc2.com/blog-entry-234.html






これは・・・もうひとつ、かな。

猫の覗き見 - マイケルソン=モーリーの実験を、見直してみると?
http://cova-nekosuki.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-9dd9.html


”完全なるど素人” の見解では、太陽系に関していえば、エーテルは、地球や太陽系を貫くように通り抜けるように流れているのではない。

地球と地球周辺に関して言えば、エーテルは、地球の自転と同回転で渦を巻くようにして地球中心へ向かって吹いている。


もちろん、地球の公転方向や、太陽系全体の移動方向へも吹いているだろう。


ただ、通常、地球上で私達が重力として感じるのは、やはり 「天空から地球中心に向かって」 という方向だけだ。

公転方向や太陽系の移動方向への力を感じる人は、おそらくいない。

つまり、最も強いエーテルの流れは、地球の自転と同速の回転で渦状に、かつ宇宙空間から地球の中心付近へ向かって流れ込む、重力の方向へ吹いている。


だから、鉛直下向きの重力方向と、その真逆の鉛直上向き方向への光の速度の変化を測定しなくちゃならない。



エーテル風が重力の元だとしたなら、の話。


そしてど素人の妄想。


スポンサーサイト

Comments:2

gravity man URL 2011-01-04 (火) 00:45

電子は微小な構造物である。この中に何らかの仕掛けがなくては、電荷は生まれない。電荷自体が引斥力を有し、かつ角運動量更に磁性を同時に持つ。電子の構造物のカラクリは、メビウスの輪状に回る光子の回転に伴う他の光子との摩擦によって生まれる。但しメビウスの輪の捻りが奇数回の時のみにしか輪を上下に貫通する光子の流れは生まれない、反粒子である陽電子は輪の回転が逆であるため、上下の気流は逆になり、お互いに1対のポジトロニュウムが生まれる。このときの引力がクーロン力の元となる。電子の作用する近距離では強い力で引きあう。核子を構成する要素は電子と陽電子であり、電荷は中和されるが、質量は増す。陽子は陽電子が1個多い結晶構造で結びつき、中性子は同等の陰陽電子で構成される。質量の1単位は電子と陽電子による。磁力は上向きと下向きの陰陽電子が揃った時に外界に影響を及ぼす。重力作用の原因は質量の1単位から発せられる重力波が他の質量体と相互に共鳴を起こし、質量体の本来の性質つまり、共鳴を起こした時に背後に光子を噴き出すことによる反跳力が質量同士の引力となる。太陽が地球を引き回すのは重力波の有限な速さ(光速)による遅れが原因して楕円の周回力を生むからだ。

nitairera URL 2011-01-04 (火) 16:22

gravity man先生、できたらURLを(笑)
たぶん絵とか図解での方がもっと理解しやすいので^-^


水面に浮かぶ2つの振動子が引き寄せあうには、その2つの振動が同位相でなければならない、というようなことをどこかで読みました。

同様に重力波で共鳴(≒引き寄せあう)を起こすということは、すべての物質の放つ重力波は、すべて同位相なのでしょうか?

脳内だけで何も手動かさず実験せずでの発言ご容赦くださいm(_ _)m

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/785-7134e94c
Listed below are links to weblogs that reference
この大平先生はすごいな。 from MEBIUS

Home > 重力 > この大平先生はすごいな。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。