Home > スポンサー広告 > 座礁+衝突。例の合同調査員の一人の証言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/754-ac71006a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > 座礁+衝突。例の合同調査員の一人の証言です。

Home > 韓国哨戒艦沈没 > 座礁+衝突。例の合同調査員の一人の証言です。

座礁+衝突。例の合同調査員の一人の証言です。

韓国哨戒艦沈没事件。

憶測?も飛び交ったため何が真実かわかりにくくなってますが。


さて、あの名誉毀損で訴えられた?とかいう合同調査員のひとりの証言です。

真実なら、まるで9.11の焼き増しですね。


まずはここをよくよくご覧ください。(日本語訳付き)

爆発はなかった 魚雷もなかった ~ There was no Explosion. There was No Torpedo. by Shin Sang-Chul
http://www.anatakara.com/petition/no-explosion-no-torpedo.html


なんと! 座礁でも、あの写真のように船体がまっぷたつになることはあるんですね!


座礁を示す証拠は数あれど、爆発を示す証拠は無かった、とのことです。

これは合同調査結果の北朝鮮魚雷説とは真っ向対立します。


(ところで、RDX火薬が船体に残っていたとかそれが北朝鮮のものではなかったとか、あの話はいったい何が根拠だったのか???)






The Military Administration made a conclusion that Cheonan had torn in two and sunken by the 'Explosion of Torpedo'.

軍当局は「魚雷の爆発」によって天安号が2つに割れて沈んだという結論に達しました。

But my oppinion is quite different from it because I could not find even a slight sign of 'Explosion' but could find so many evidences of grounding in/out of the vessel.

しかし私の意見はそれとは全く異なります、なぜなら私は「爆発」を示すものはかけらも見つけることができず、反対にその船の座礁と離礁を示すいくつもの証拠を見つけることができたからです。




さらに、

4/25の時点での中間報告では、爆発を示す証拠は何もなかったらしい。(えーと、そうだっけか?覚えてないや・・・)

11. The Mid Report of Administration - April 25 当局の中間報告-4月25日

 No penetration  浸水なし
 No burn damage  火災跡なし
 No heat     熱の発生なし
 No splinters   裂け目なし
 Cable covers are not damaged ケーブル線カバー損傷なし
  Oil tank and dump area not damaged at all オイル・タンクとダンプ・エリア損傷皆無

That's it. That is enough to declare "There was no explosion ! " But their conclusion was 'Non-contact in-water Torpedo' ! Unbelievable. Torpedo exploded 3m's beneath 772 and there was no damage but there's only 'Cutting Down' the steel !

これがそうです。これは「爆発は無かった!」と宣言するのに十分です。しかし彼らの結論は「海中にて船外で魚雷爆発」でした!信じられません。魚雷が 772の真下3メートルのところで爆発して、何の損傷もなく、ただ、鉄鋼が「切り落とされた」だけというのです。

12. If Torpedo exploded ; 仮に魚雷が爆発するのであれば、

・ How are the bodies of victim who were found near the cutting area so clean while a big explosion broke out that is enough to tear down the vessel in two ?

 どうしたら、カット・エリア付近で見つかった犠牲者の遺体がああもきれいで、一方、船体を真っ二つに裂くのに十分なほどに大きな爆発が生じるのでしょう?

・How could the bottom of the hull has no penetrations by splinter at all ?
 船体の底に裂け目からの浸水がまったくないものでしょうか?

・ How could the vinyl covers of cable have no damage ?
 ケーブル線を覆っているビニルがまったく損傷しないものでしょうか?

・ Why couldn't we find even dead fish in that area while a great explosion had broken out  ?
 大爆発が起こったというのに付近に死んだ魚すらみつからないことがあり得るでしょうか

・ Why nobody got otolaryngologic desease at all ? Even no nose-bleeding.
 なぜ誰1人耳やのどに症状がないのでしょうか。鼻血すらも?




スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/754-ac71006a
Listed below are links to weblogs that reference
座礁+衝突。例の合同調査員の一人の証言です。 from MEBIUS

Home > 韓国哨戒艦沈没 > 座礁+衝突。例の合同調査員の一人の証言です。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。