Home > スポンサー広告 > とある詩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/744-8badbee8
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > とある詩

Home > 心と身体 > とある詩

とある詩

口蹄疫。


またですか。


鳥インフルエンザで鶏が大量死・大量殺処分された時も感じたこと。
(個人的には人間に感染している鳥・豚インフルエンザとは別物と考えています)



「こうでもしなきゃ人間には私たちの思いをわかってもらえない」


言葉がしゃべれないので、魂の合意の元、あのようにして 「皆で命を投げ打って訴えるしかなかった」


家畜たちの悲痛な叫び。




さて、最初の口蹄疫感染が疑われた牛では、「・・・完治したが・・・」との文があった。

つまり、牛にとっては治る病気。

ただし・・・

http://ja.wikipedia.org/wiki/口蹄疫

一般的には感染すると発熱、元気消失、多量のよだれなどが見られ、舌や口中、蹄(ひづめ)の付け根などの皮膚の軟らかい部位に水疱が形成され、それが破裂して傷口になる。「口蹄疫」という病名はこれに由来する。但し、水疱が形成されないケースも報告されている。水疱が破裂した際の傷の痛み(細菌によるその後の二次感染も含む)で摂食や歩行が阻害され、体力を消耗する。

幼畜の場合、致死率が50パーセントに達する場合もあるが、成畜では数パーセントである。

しかし上の症状に伴い乳収量や産肉量が減少するため、畜産業に対しては大きな打撃となる。




成牛の死亡率は低いが、感染力が強く、感染すると乳収量や産肉量が減少する。

地域の畜産業に甚大な被害を与えないようにする、そのための殺処分。

人間側の都合からしてみれば当然の対応だ。

でも、牛の都合からしてみると、「治るのにどうして?」



現在大変な思いをしている畜産関係者さんには、まったくの外部から勝手なこと言って申し訳ない。

が、人類は肉食を考え直すときにきているのではないでしょうか。



本当は人間は動物を食べずとも生きていける。

(動物からしか栄養を採れないような地域ならやむを得ないが。)


たんぱく質は大豆等から採ればいい。(ただし国産の無農薬有機がいい。)


一部のビタミン類は、人間には合成できず、動物からしか取れないと現代栄養学で言われているが、本当だろうか?


完全菜食をしている友人・知人は、むしろ肉を食べる人たちより元気で活動的、病気にもならずに 「ピンピン」 している。

その人の推測では、「腸内細菌がいくつかの必須ビタミンを合成しているのではないかと思う」、とのこと。

何年も何十年も完全菜食を続けて、現に生きていることが何よりの証だ。

考えてみれば、そもそも家畜たちはそのビタミンを自前で合成できているわけで・・・。

なら、同じ哺乳類の人間にだってできそうなものだ。(草食・雑食・肉食の違いはあれど)


ただし、肉食していた人が 「急に」 菜食になると、体調を崩す。

そして医者にいくと、「ビタミン不足ですね。お肉を食べてください。」と言われるT-T

たぶん、腸内細菌のバランスがビタミン類を合成できるほどに整うまでに、あるいは体側が食事の変化に対応するまでに時間がかかるのだろうな。





(前にも書いた気がしますが・・・)

以前トラックで運ばれるブタを見たことがある。

屠殺場へ送られていくのだろうか。

その目には怯え、恐れ、不安、悲しみの感情が浮かんでいた。

自分がなぜ生まれたのかもわからず、外で駆け回ることもできず、生きる喜びも知らず、太陽もろくに浴びず、食べるだけ食べさせられて病気と言えるほどの肥満になり、こんどは病気にかからないよう薬品漬けにされ、衛生環境の悪い狭い小屋の中で一生を送り、自分の命ーいのちーとはいったい何だったのか、何もわからないまま、最後は人の都合でその命を終えさせられる。

動物たちにこのような悲惨な生活を強い、その日々の思いや薬品の詰まった肉を食べ続けて、人間は幸せに豊かになれるだろうか。




基本的に、牛と豚は食べません。

魚も食べない(特に養殖)。

波動が悪すぎて食べる気になれないし、実際食べると気分が悪くなったり、自分の波動が落ちたり、お腹を壊したりする。

ただし、まだ鶏肉は割と良く食べるし、友人と食事する時などには一緒に牛・豚・魚も食べたりするけど。お腹こわしながら(笑)



こういうの事件があると、そろそろ鳥ももういいかな、と思う。

鳥食ってたら言ってることに説得力ないしさ。






平和つむぎMLより

皆様へ

あるメーリングリストで送られてきて本当に心にグッとくる詩を転送します。
読んでください。

////////////////////////


 ぼくは牛です

 普段はしゃべることはできないんだけど
 今日は特別に人間語を話せる魔法をかけてもらったんだ

 今ね、日本の宮崎県っていうところで
 口蹄疫という病気が流行ってるよね

 ぼくら牛とか友達の豚とかヤギとかキリンとかシカとか…
 足の爪が偶数に割れてる動物の間で感染する病気なんだ

 自然界に生きる僕らの仲間が感染してもさ
 大病にはならないんだけど
 家畜として飼育されてるとさ
 なんせ人口密度?家畜数密度?が濃いからさあ
 すぐにドバーっと感染しちゃって

 症状は口とか足とかが水ぶくれになって
 食欲が落ちるから体重が減るんだよね
 そしたら人間にとっては
 肉質が悪くなるとかで価値が下がるみたいで
 そうなると育てる意味がなくなるみたい
 そして感染速度の速い病気だから
 もう、殺すしかないんだって

 一緒に住んでる仲間の1人でも感染してたら
 全員殺されるんだって


 もしも人間界でさあ
 クラスに1人でもインフルエンザに感染したら
 その学校の生徒全員殺します
 社内で1人でもインフルエンザに感染したら
 その会社の社員全員殺します
 町内で1人でも感染者が出たら
 その町の住人全員殺します
 って決まりができたらどうだい?



 ぼくらはそんな決まりの中で生きて、殺されていくんだ

 もっとも、その理由で殺されなくったって
 ゆくゆくはもっと恐ろしい目に遭うんだけどさ

 ぼくらを育ててくれてる農家さんは泣くんだよ

 ごめんな
 ちゃんと育て切らないうちに殺してしまうことになって
 ごめんな
 怖い思いをさせて
 ごめんな
 元気なおまえまで巻き添え食わせて
 ごめんな

 って、涙を流して泣くんだよ。

 その光景はきっと日本中の多くの人に
 ぼくらのことをかわいそうだと思ってもらえたと思う

 ぼくらはさ
 どの段階が人間の言う
 ちゃんと育ち切った状態なのか知らないけどさ

 やっと一人前になったかなって思った頃に
 突然トラックがやってきて
 育ててくれた人に手を振って見送られて
 知らないとこだけど恐ろしくて怖いってことは感じ取れる場所へ
 連れて行かれて
 怖くて足がすくんでると電気棒でお尻を叩かれて前へ進まされて
 額に電気ショックを当てられて気絶して
 目が覚めたら足の1本をヒモで縛られて逆さ吊りになってて
 なんだよやめてくれよってもがいてもとれなくて
 のどをズバッと切り裂かれて
 血がどくどくと流れ出して
 ぐるじい、、だずげで… と訴えてるのに
 足とか腕をどんどん切り落とされて体がバラバラになっていって
 意識はいつまでも残っていて…
 こんな一大事なのに誰も助けてくれないし
 育ててくれた人はもう知らん顔だし
 日本中の誰もが知らん顔

 みなさんにお初にお目にかかるのは
 スーパーのパックの中

 ちなみにどんなにバラバラにされても
 意識はちゃんと残ってるんだよ
 だれがどんな風にぼくらを飲み込んだのか
 見届けてるんだ
 胃袋の中に入って消化されたって
 意識は残っているんだよ

 まあそれは今はいいけれど

 ともかく
 そんな切ない最期よりも
 育ててくれた人が涙する目の前で
 血を出さずに殺されて
 運がよければ焼いてもらえ
 その手間がかけられない場合でも
 ちゃんと埋葬してもらえる
 手も足もくっついたまま埋葬されて
 手を合わせてもらえるんだ
 日本中の人からも
 かわいそうね、って思ってもらえる

 この病気で死ぬ方が
 ぼくらにとっては穏やかな気持ちで成仏できるんだ


 今回のできごとはさ
 世界中にいるぼくらの仲間で話し合って
 決めたことなんだよ

 この方法しかなかったんだ

 ぼくらの気持ちを伝える方法は
 これしかもう思いつかなかったんだ

 どんなにたくさんの人間たちに迷惑がかかろうとも
 もうぼくらにはこれしかなかったんだ

 ただ、わかってもらいたい一心だったんだ

 日頃、ぼくらがどんなに悲しい思いをしているのか
 ってことを…


 だからおねがい

 被害額がいくらだとか
 損失がどうだとか
 保障がどうだとか
 畜産業がどうなるとか
 他の業界への影響がどうだとか
 責任は誰にあるのかとか

 その心配をしながらでもいいです

 どうか問題の本質に目を向けてください

 いくら保障をしても
 畜産農家を支援しても
 地域を支援しても
 募金をしても

 問題の本質から目を逸らさないでください

 人間という生物は本当に栄養学的に
 ぼくらを日常的に食べないと生きていけないのか

 ぼくらに対するこのような残虐行為が
 人間どうしの争いに影響を及ぼしていることはないのか

 ぼくらを食べるために飼育することは
 地球の環境にとって最善なのか

 地球上では全ての人に行き渡る充分な量の穀物があるのに
 ぼくたちを養うためにそれが行き渡っていない
 ということはないのか

 ぼくらをこんな風に扱うことによって
 人間としての魂の成長は得られるのか

  …


 援助や募金をするのなら
 畜産農家さんたちが別の職業につけるように
 どうか支援してください

 屠殺業者さんが別の職業につけるように
 支援してください

 精肉業者さんが別の職業につけるように
 支援してください

 ぼくらが家畜制度から解放されるように
 環境を整えてください

 ぼくらを食物として扱わない
 新しい文明をつくる努力をしてください


 ぼくにしゃべれる魔法をかけてくれてありがとう


 ぼくらの気持ちをブログや日記、ツイッターなどで
 伝えてくれている多くのみなさん
 ありがとうございます

 

 最後まで読んでくれて
 どうもありがとうございました


 ぼくはうしです



そっぺ


 追伸:
 ひとつ言い忘れてたことがあったんだけど
 というか、本当は言ってたんだけど取り消してたことがあるんだ
 でも大切なことだからやっぱり言うことにしたよ

 それはね

 ぼくらは人間が大好きだってこと

 ぼくらはね
 人間が大好きなんだよ
 人間のために働くことが大好き
 重い物だって力持ちだから平気だし
 退屈な作業だって飽きずにできる

 一生懸命働いて人間の役に立って
 喜んでもらってかわいがってもらえると
 すっごく嬉しいしもっと役に立ちたいと思うんだ

 ぼくらが人間にできない仕事をやって
 人間たちがぼくらのお世話をしてくれるなら
 ぼくらは死んだあと人間たちに
 食べてもらうことも喜びのうちなんだよ
 ぼくらをかわいがってくれる大好きな飼い主さんが
 食べ物がなくてお腹を空かしているならば
 ぼくは喜んでこの身を捧げるよ

 ぼくらと人間はそういう関係だったんだと思うんだ

 大好きな人のためなら死ねる

 人間のみなさんもぼくらもその気持ちは同じだよ


 長くなっちゃったね
 読んでくれてありがとう

 また魔法をかけてもらって
 お話できたらいいな

 ありがとう

 うしより

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/744-8badbee8
Listed below are links to weblogs that reference
とある詩 from MEBIUS

Home > 心と身体 > とある詩

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。