Home > スポンサー広告 > 重力とは何だろう その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

gravity man URL 2010-12-23 (木) 19:59

重力を語るには、質量の定義をもう一度考え直さなくてはならない。物質を作る最小の構成要素、つまり陽子や中性子の材料が何から出来ているか、この答えは、光子そのものである。ビックバンから得たエネルギーが光子をして、どのように巻きとったか、そしてその時どのような原初の作用力が発生したか、簡単に説明すると吹かしたタバコの輪がメビウスの輪と思えば判り易い、メビウスの輪を光子が回転すると輪の中を別の光子が回転する。この摩擦力が原初の作用力となる。詳しくはURLを。

nitairera URL 2010-12-24 (金) 15:11

gravity man さんはじめまして。コメントありがとうございます^-^
たいへん興味深い内容なのですが、URLが・・・(笑

gravity man URL 2011-01-09 (日) 22:15

重力を語るには、質量の新しい定義が必要だ、物質の最小構成要素は電子と陽電子のメカニズムを探求することで明確になる。質量の最小の1単位は2種の陰陽電子が引き起こすノンフィクションから始まる。この機構とは、ビックバンが光子を素材とするスピンリングフォトンを作った。エネルギーは微小な2種の陰陽電子の中に質量として巻きこまれた。微小な輪から発信する重力波は光速で伝達される。重力波が相手のスピンリングフォトンに作用すると励起し背後に光子を吐き出す。この反作用でお互いに引き合う、つまりこれが万有引力だ。

nitairera URL 2011-01-11 (火) 17:49

ありがとうございます。

それとすみません、ここの記事で紹介していたことをすっかり忘れていました^-^;

あらためてこちらで紹介させていただきますね。
http://nitairera.blog23.fc2.com/blog-entry-911.html


> 重力を語るには、質量の新しい定義が必要だ、物質の最小構成要素は電子と陽電子のメカニズムを探求することで明確になる。質量の最小の1単位は2種の陰陽電子が引き起こすノンフィクションから始まる。この機構とは、ビックバンが光子を素材とするスピンリングフォトンを作った。エネルギーは微小な2種の陰陽電子の中に質量として巻きこまれた。微小な輪から発信する重力波は光速で伝達される。重力波が相手のスピンリングフォトンに作用すると励起し背後に光子を吐き出す。この反作用でお互いに引き合う、つまりこれが万有引力だ。

2つのスピンリングフォトン間の万有引力について、この図19ですが
http://www.ne.jp/asahi/gravity-revolution/gravity-generation/start10.html

左側のフォトンは、右のフォトンからの重力波を受けて、左へ90度倒れるのですよね?(右へ90度だとしたら2つとも左へ動くので永遠に近づけないから)

また、太陽のような巨大な天体の中心部分においては、光子はどこから補給されるのでしょうか?


質問ばかりでスミマセン。。。

gravity man URL 2011-01-11 (火) 22:51

宇宙空間において、左右上下はない。あるのはN極に対して右回転か左回転どちらかだ。莫大な数のスピンリング光子を蓄えた恒星や惑星には極を中心とする不偏面には、渦状の重力場が形成される。この理由は、瞬時ではなく、光速で伝播するため指数関数の航路になるからだ。光子は質量がなくても1立法センチ当たり400個が空間に散在し、ビックバン程のエネルギーを与えるとメカニズムを有したスピンリング光子つまり質量の素に変化する。重力の相互作用は、単位時間当たりの重力波の数の多い方に左右される。小さい空間に置かれた2個の鉄の球を考えてみよう、微小量とは言え共に重力波を出し合い、質量の最小単位(スピンリング光子)は共振し、共に反対方向に光子ジェットを吐き出す、このため、お互いが引き合う。これが質量の癖だ。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/734-23332613
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > 重力とは何だろう その2

Home > 重力 > 重力とは何だろう その2

重力とは何だろう その2

『重力とは空間の歪みである』


ってよく言われる。

やわらかい平面上にボールを置いて、そこが凹んで、ってやつ。


だけど、これは重力の働き方をわかりやすく模式的に示すためのものであって、原理の説明にはなってなーい。

(でも解明できてないんだから仕方なーい。)



【地球科学】地球の重力の正体はなに?
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/earth/1036669328/
http://suiseisekisuisui.blog107.fc2.com/blog-entry-520.html

このコーヒーゼリー説も興味深い。

50 名前:同定不能さん[] 投稿日:03/07/24(木) 03:40
  まず地球の存在しない宇宙空間を超巨大な
  コーヒーゼリーのようなものと想像する。
  そして、そこに地球を存在させるには
  地球が宇宙空間を押しのける力が働くと思われる。
  その力の反作用が重力の正体だと思う



あ、でもこれだと、2つの物質間の引力、例えば天体と天体が引き寄せあうことを説明できないかも。


OKWave - 重力の正体を発見?! 2009-09-06
http://okwave.jp/qa/q5266437.html

面白いなぁ。でも、なんかもうひとつ。。。


Yahoo! 知恵袋 - 重力の正体は? 2005/7/11
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q115145411

ゲージ粒子ゲージ粒子、っと。メモメモ。


Gravity Revolution-2009 Gravity Manが語るここだけの話 - 重力発生の原理に迫る-1
http://www.ne.jp/asahi/gravity-revolution/gravity-generation/start1.html

「自然の法則」っていう PDF ファイルもなんかすごいですね。素人には新鮮です。


重力発電機の詳細構造を公開
http://www.gravity-engineering.com/index.htm

ここ前にも見た気がする~
スポンサーサイト

Comments:5

gravity man URL 2010-12-23 (木) 19:59

重力を語るには、質量の定義をもう一度考え直さなくてはならない。物質を作る最小の構成要素、つまり陽子や中性子の材料が何から出来ているか、この答えは、光子そのものである。ビックバンから得たエネルギーが光子をして、どのように巻きとったか、そしてその時どのような原初の作用力が発生したか、簡単に説明すると吹かしたタバコの輪がメビウスの輪と思えば判り易い、メビウスの輪を光子が回転すると輪の中を別の光子が回転する。この摩擦力が原初の作用力となる。詳しくはURLを。

nitairera URL 2010-12-24 (金) 15:11

gravity man さんはじめまして。コメントありがとうございます^-^
たいへん興味深い内容なのですが、URLが・・・(笑

gravity man URL 2011-01-09 (日) 22:15

重力を語るには、質量の新しい定義が必要だ、物質の最小構成要素は電子と陽電子のメカニズムを探求することで明確になる。質量の最小の1単位は2種の陰陽電子が引き起こすノンフィクションから始まる。この機構とは、ビックバンが光子を素材とするスピンリングフォトンを作った。エネルギーは微小な2種の陰陽電子の中に質量として巻きこまれた。微小な輪から発信する重力波は光速で伝達される。重力波が相手のスピンリングフォトンに作用すると励起し背後に光子を吐き出す。この反作用でお互いに引き合う、つまりこれが万有引力だ。

nitairera URL 2011-01-11 (火) 17:49

ありがとうございます。

それとすみません、ここの記事で紹介していたことをすっかり忘れていました^-^;

あらためてこちらで紹介させていただきますね。
http://nitairera.blog23.fc2.com/blog-entry-911.html


> 重力を語るには、質量の新しい定義が必要だ、物質の最小構成要素は電子と陽電子のメカニズムを探求することで明確になる。質量の最小の1単位は2種の陰陽電子が引き起こすノンフィクションから始まる。この機構とは、ビックバンが光子を素材とするスピンリングフォトンを作った。エネルギーは微小な2種の陰陽電子の中に質量として巻きこまれた。微小な輪から発信する重力波は光速で伝達される。重力波が相手のスピンリングフォトンに作用すると励起し背後に光子を吐き出す。この反作用でお互いに引き合う、つまりこれが万有引力だ。

2つのスピンリングフォトン間の万有引力について、この図19ですが
http://www.ne.jp/asahi/gravity-revolution/gravity-generation/start10.html

左側のフォトンは、右のフォトンからの重力波を受けて、左へ90度倒れるのですよね?(右へ90度だとしたら2つとも左へ動くので永遠に近づけないから)

また、太陽のような巨大な天体の中心部分においては、光子はどこから補給されるのでしょうか?


質問ばかりでスミマセン。。。

gravity man URL 2011-01-11 (火) 22:51

宇宙空間において、左右上下はない。あるのはN極に対して右回転か左回転どちらかだ。莫大な数のスピンリング光子を蓄えた恒星や惑星には極を中心とする不偏面には、渦状の重力場が形成される。この理由は、瞬時ではなく、光速で伝播するため指数関数の航路になるからだ。光子は質量がなくても1立法センチ当たり400個が空間に散在し、ビックバン程のエネルギーを与えるとメカニズムを有したスピンリング光子つまり質量の素に変化する。重力の相互作用は、単位時間当たりの重力波の数の多い方に左右される。小さい空間に置かれた2個の鉄の球を考えてみよう、微小量とは言え共に重力波を出し合い、質量の最小単位(スピンリング光子)は共振し、共に反対方向に光子ジェットを吐き出す、このため、お互いが引き合う。これが質量の癖だ。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/734-23332613
Listed below are links to weblogs that reference
重力とは何だろう その2 from MEBIUS

Home > 重力 > 重力とは何だろう その2

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。