Home > スポンサー広告 > デヴィ婦人もメディアに反論。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/723-2bdf0c64
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > デヴィ婦人もメディアに反論。

Home > 韓国哨戒艦沈没 > デヴィ婦人もメディアに反論。

デヴィ婦人もメディアに反論。

われらがデヴィ婦人のご意見。


デヴィの独り言 独断と偏見 - 沈黙・・・! 韓国哨戒艦 沈没事件 2010-05-19
http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-10537984956.html

こんな記事が掲載されていましたので、 ご紹介します。

相互相反するものです。


《 5月13日付 『 日刊ゲンダイ 』より 》


〝3月26日、 韓国海軍の哨戒艦 「天安」が、 爆発・沈没した事件は、

折にふれ、 日本でも報じられている。 最近では「北朝鮮説」 が主流だ。

だが、韓国のマスコミの裏側では別の見解が根強い。 日本のメディアは

まったく触れないが、 「米国原子潜水艦と衝突したのでは?」

という衝撃的な疑惑が晴れない。

きっかけとなったのは、 韓国のKBSテレビが4月7日に放送したニュースだ。

「天安」 が沈没した場所に近い海域で、 米軍ヘリコプターが米兵の遺体を

運び去る映像などを流した。
 また、 海底を捜索した韓国軍の

潜水特殊部隊の隊員の声として、 「〝天安〟とは別の潜水艦らしいものが

沈んでいた」
という話を紹介。 これに関係者が驚き、衝突説が広まった。

評論家の河信基氏が言う。

「このニュースはすぐに韓国政府から、 「誤報で名誉毀損」と

告訴され、 ネットなどで映像が見られなくなってしまった。

映像テープを押収されたという話もあります。 韓国当局が、〝何か〟を

隠したがっているのは明らかです



この、 米原潜は、 核搭載の 「コロンビア号」 とみられ、 ハワイ沖を出港後、今回の米韓の合同演習に参加後、 別の原潜は戻ってきているのに、いまだハワイに戻っていない。


(※ nitairera 注:
ただ、これについては、コロンビア・コロンブスとも(事故より後の)4月初めに沖縄ホワイトビーチに寄航した、との記事があります。

琉球新報 - 3日で米原潜3隻 ホワイトビーチにコロンブス入港 2010年4月5日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-160415-storytopic-3.html

さて、これで 「原潜との同士討ち説」 の線は消えたのでしょうか。)


「さらにおかしいのは、 米韓政府が当初可能性が低いとした北朝鮮の

関与説が一斉に流され、 この衝突説を隠したことです。

しかし、 米韓合同演習の最中に、 北朝鮮の潜水艦がわざわざ魚雷を

発射して、緊張を高めるでしょうか?

また〝天安〟は、 レーダーやソナーで敵の攻撃キャッチし、 反撃するのが任務だが、 機能で劣る北朝鮮潜水艦がソナーをくぐり抜け、 神業のごとく沈没させるなんて、 有り得ないことと専門家は言っている。

こうしたことは、 米韓合同演習をウオッチしていた中国も分かっている。

だから韓国の反対があっても、 金正日の訪中を受け入れ、 胡錦濤が

会談までしているのです。」 (河信基氏)


日本の大手メディアは、 「北朝鮮関与節」 に乗って、沖縄の抑止力問題と

からめている。〟



この 『日刊ゲンダイ』 の記事を読んで、 私はインドネシアの〝9.30事件〟

を思い出していました。 それは、1965年10月1日未明に起きた6人の将軍と

大尉が殺害され、 国民が一斉に怒りと憎悪に包まれ、 復讐に燃えた事件。 

実際にはインドネシア陸軍の一部の〝クーデター未遂〟事件だったのですが、

いち早くインドネシア共産党の仕業と〝宣伝〟 され、 その後〝赤狩り〟

と称して1966年より3年間、 スカルノ派の人間を含め、 百万人前後の罪を着せ

られた人間が殺害される事になるのですが、〝 理由 〟として使われました。

そして、それから35年以上の時を経て、 やっと実際には陸軍の仕業であった

ことが、 人々の間で信じられるようになりました。





この記事のコメントも参照してくださいませ。

多くの人がこの事件の調査結果に疑問を持っているとわかります。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/723-2bdf0c64
Listed below are links to weblogs that reference
デヴィ婦人もメディアに反論。 from MEBIUS

Home > 韓国哨戒艦沈没 > デヴィ婦人もメディアに反論。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。