Home > スポンサー広告 > 素人だまし日本のマスコミ:韓国哨戒艦艇撃沈が北朝鮮の仕業?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/722-a530281f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > 素人だまし日本のマスコミ:韓国哨戒艦艇撃沈が北朝鮮の仕業?

Home > 韓国哨戒艦沈没 > 素人だまし日本のマスコミ:韓国哨戒艦艇撃沈が北朝鮮の仕業?

素人だまし日本のマスコミ:韓国哨戒艦艇撃沈が北朝鮮の仕業?

新ベンチャー革命 - 素人だまし日本のマスコミ:韓国哨戒艦艇撃沈が北朝鮮の仕業? 2010/5/15
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/13961537.html

私などよりもっと詳しい方のご意見です。

この件に関して、大変参考になります。

すみません、重要なので保管させてください。

新ベンチャー革命2010年5月15日 No.125

タイトル:素人だまし日本のマスコミ:韓国哨戒艦艇撃沈が北朝鮮の仕業?

1.韓国哨戒艦艇破断事件の謎深まる

 本ブログにて、2010年3月26日に発生した韓国哨戒艦艇・天安の船体破断・沈没事件を取り上げました(注1)。ネット・ジャーナリスト田中宇氏が、米原潜(コロンビア号?)との誤射相撃ち説を発表したからです。

 この説に説得力があるのは、すでに韓国KBSテレビが、天安沈没地点近傍の第三ブイと呼ばれる地点の現場海域で、韓国艦艇が米兵遺体搬出を行っているところをスクープ報道している点です(後に、韓国政府よりこの画像の放映を禁止されている)。ネットにはその静止画が存在します。

 本日2010年5月15日、日本の大手マスコミはいっせいに本事件を報道、国際調査団が天安は魚雷攻撃で破断・沈没したと断定したとのこと。そして、暗に、北朝鮮の仕業であるかのように匂わせています。

 5月上旬、北のキムジョンイル総書記は北京を訪問、天安沈没事件への北の関与を否定したようです。もしそうなら、北か韓国のどちらからウソをついていることになります。

2.ほんとうに北の仕業か

 2010年5月15日、日本のマスコミ報道のように、もし北が犯人だとすると、多くの矛盾が生じます。

(1)敵艦艇哨戒を専門とする天安が、攻撃相手を特定できなかったはずがない

事件当時、天安は米韓合同軍事演習に参加していたわけで、事件発生地点近傍に北の艦艇が接近していれば、当然、米韓vs北の間で戦闘行為が発生するはずです。その戦闘による天安撃沈ならば、事件発生直後に、北の攻撃であることが発表されてしかるべきです。事件から2カ月近くも経って、北の仕業かもしれないなどと、呑気なことを言うのは非常におかしい。この合同軍事演習とて、北を仮想敵国として行っていたはずです。敵の潜水艦や駆逐艦を哨戒する専門艦艇が、誰に攻撃されたかわからないなんて、そんな間抜けなことをするでしょうか。沈没時の天安の乗組員50名以上が救出され、彼らは生き証人です。しかも敵艦艇哨戒の専門家たちです。彼らは絶対に真実を知っている。

(2)事件直後、米戦争屋がなぜ大騒ぎしなかったのか

 仮に、北の攻撃だとして、生き馬の目を抜くような、あの米国戦争屋(デビッドRF系=D系)が、事件直後に何の反応もしなかったのは、真底おかしい。彼らは世界中で、常に戦争の火種を追いかけている人たちです。だからこそ在日米軍が常駐しているわけですから・・・。もし、北が米国の同盟軍のはずの韓国海軍艦艇を撃沈したのであったら、米国戦争屋にとって極東戦争を起こす格好のネタだったはずです。

 逆に、彼らは、極東戦争を起こそうと計画したら、このようなねつ造事件を起こして、韓国世論を扇動、容易に米韓vs北の第二次朝鮮戦争を起こせるのです。現代の戦争屋は、戦争現場向け兵器の生産・輸送・消費オペレーションの最適化のため、戦争を自分たちの都合で引き起こし、自分たちの都合でコントロールしようとします。先端技術を駆使する近代戦争は“偶然、起こるのではなく、意図的に起こすもの”なのです。

 日本においても、それみろ、在日米軍が撤退したら、大変なことになるだろうと、日米安保マフィアが鬼の首でも獲ったように大騒ぎしたはずです。この事件は在日米軍の存在意義を高めるのに絶好の口実になるはずだったはずです。にもかかわらず2か月近く、そのような気配はまったくなかったのです。真底おかしい。

(3)北の艦艇にステルス性魚雷攻撃力があるのか

 米韓同盟軍が世界最新鋭の艦艇を駆使して軍事演習している海域に、北の艦艇が密かに接近して、天安を魚雷一撃で、真っ二つに引き裂くほどのステルス性攻撃力を北はもっているのか、非常に疑問です。筆者は元々東大船舶工学科の出身ですが、筆者がもし、韓国海軍の対潜水艦哨戒艦艇を設計するならば、当然、北の潜水艦や戦闘機からの魚雷攻撃を想定して設計します。しかしながら、世界最先端の軍事力をもつ米軍を相手に、これほどのステルス性(敵に気付かれないように攻撃する技術)を、北がもっているとはまさに奇跡のワザです。その疑問をさておいても、少なくとも、北朝鮮所有の艦艇や戦闘機に搭載される魚雷一発では撃沈しないように設計します。北の所有する魚雷の仕様情報は、哨戒艦艇の最重要設計条件ですから、韓国海軍は、その情報をもっていない限り、哨戒艦艇の設計はできません。逆に韓国海軍がそのような北の魚雷仕様情報をもっていなかったら、それはもはや軍とは言えません。

ところが、ネットに存在する被攻撃後の天安船体の引き揚げ画像を観る限り、船体の後ろ半分が完全に分離・脱落しています。ものすごい攻撃力の魚雷を被弾したことを物語っています。

筆者は魚雷の専門家ではありませんが、一般的に、魚雷は喫水線下の外板を破壊し、浸水によって船を沈没させる兵器であると理解しています。しかしながら、天安の船体破壊モードから推定すると、天安攻撃魚雷は船体の横腹を直撃したのではなく、天安の船底直下で爆発し、船体を真っ二つに引き裂くような威力をもった高性能魚雷と考えられます。この場合、ターゲット破壊力が強大になる一方、爆発のタイミング制御に高度の技術が要求されます。発射された魚雷と動くターゲットとの距離を逐次計算しながら魚雷航行制御を行うと同時に、最適爆発タイミングを計算して魚雷を爆発させる高性能制御システムが内蔵されている魚雷でしょう。こんなすごい魚雷を北が持っているのでしょうか、大変疑問です。

 しかし、現実に天安がやすやすと撃沈された事実から、韓国海軍は、北がこれほどの高性能魚雷を所有していることを知らなかったことになります。これでは海軍として失格です。

3.平気で素人だましする日本の大手マスコミ

 魚雷技術の素人である筆者ですら、上記のように次々と疑問の湧く北朝鮮犯人説を、何の疑問もなく、ぬけぬけと報道する日本の大手マスコミには心底、嫌気が刺します。

 筆者の持論、それは北朝鮮とは、在日米軍を含む極東米軍の存在理由を正当化するためのダミーの敵(注1)であり、日米vs北朝鮮は、ある意味、八百長の敵対関係である(注2)とみなしています。その論拠は拙著(注3)にてすでに公表しています。

 日刊ゲンダイを除く日本の大手マスコミはことごとく、米戦争屋の代弁機関であるという疑惑がネットの民主党支持系ブロガーの間では常識化していますが、何の疑問ももたず、有力な根拠なしに、天安事件の犯人が北朝鮮であるかのように報じるのは、もはやジャーナリズムではないと断言できます。

 北が真犯人であれば、第二次朝鮮戦争が勃発したかもしれないこの重大事件の北朝鮮犯人説を平気で報道するとは、いったいどういう神経をしているのでしょうか。

 このような報道するなら、当然、起こる疑問を同時に解説しなければ、それは単なる軍事プロパガンダへの協力行為に成り下がってしまいます。

4.オバマと戦争屋の暗闘の可能性

 本ブログ(注1)では、3月の米韓合同軍事演習後、今日まで、母港ハワイに帰還していないと言われる米原潜(コロンビア号?)との誤射相撃ちの可能性を指摘していますが、オバマからリストラを迫られる戦争屋(極東米軍オーナー)(注4)が、オバマ政権への抵抗として第二次朝鮮戦争勃発トリガーのねつ造を企画していた可能性も否定できません。

 今回の天安事件の原因が2カ月近く謎のままになっているのは、オバマ政権がスンデのところで第二次朝鮮戦争勃発を食い止めている結果とみなせないこともありません。具体的に言うと、米国防総省トップがオバマ側に回り、戦争屋(D系)が、もはや国防総省(ペンタゴン)トップを掌握できなくなっている可能性があります。

 米韓軍事演習に便乗して、参加した米軍人のうち、戦争屋の密命を帯びた連中(原潜乗組員に紛れるネオコン秘密諜報員)が、魚雷の意図的誤射を行って天安を撃沈し、ただちに戦争屋系マスコミを使って、北犯人説をぶちあげるプロパガンダ作戦を行う計画(9.11作戦と類似)だったのが、ペンタゴン内のアンチ・ネオコン軍人(オバマ・シンパ)から阻止されているというシナリオです。事件発生後、ペンタゴンは韓国政府に誤射だったと連絡、韓国政府は誤射による事故だったとだまされているが、さすがに韓国民にはそのことすら言えないでしょう、上記、あくまで憶測ですが・・・。ただし、このシナリオの場合、第三ブイ地点に米原潜コロンビア号が沈没しているうわさとは、必ずしも整合しません。なお、天安事件後の2010年4月3日、沖縄ホワイトビーチにてコロンビア号が沖合停泊していたという情報(注5)もあります。すでにハワイに帰還したと確認されているコロンブスは4月5日に沖縄に入港したものの、沖合の原潜2隻の一隻がコロンビアと確実に確認されたのかどうかは不明です。

注1:本ブログNo.123『韓国哨戒艇「天安」撃沈:米原潜との誤射相撃ち?』2010年5月8日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/13698185.html

注2:ベンチャー革命No.83『日米対北朝鮮:八百長の敵対関係』2004年6月5日
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr083.htm

注3:拙著『情報と技術を管理され続ける日本』ビジネス社、2008年

注4:本ブログNo.86『世紀の悪徳モンスター米国戦争屋がついにリストラされるか』2010年3月8日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/10182263.html

注5:welcome to 美ら島Blog奮闘記、2010年4月5日
http://tom1944.nirai.jp/?p=2908

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

テックベンチャー投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/722-a530281f
Listed below are links to weblogs that reference
素人だまし日本のマスコミ:韓国哨戒艦艇撃沈が北朝鮮の仕業? from MEBIUS

Home > 韓国哨戒艦沈没 > 素人だまし日本のマスコミ:韓国哨戒艦艇撃沈が北朝鮮の仕業?

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。