Home > スポンサー広告 > 韓国の哨戒船「天安」が撃沈した事件。その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/711-14014140
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > 韓国の哨戒船「天安」が撃沈した事件。その2

Home > 韓国哨戒艦沈没 > 韓国の哨戒船「天安」が撃沈した事件。その2

韓国の哨戒船「天安」が撃沈した事件。その2

新聞テレビがきな臭い報道の仕方をしていますが、ネット上では前回紹介した「米軍魚雷」説のほか、「座礁後に米軍艦衝突」説が浮上しているようです。


前者は、韓国のKBSテレビがスクープしたものの、韓国政府当局に「誤報」として名誉毀損で訴えられ、映像は封印されてしまいました。ので真偽が不明。

後者は、今回の事件の民軍合同調査団委員のひとりシン・サンチョル氏が公言したもの。この後シン氏は国防部によって調査委員の「交代」を宣言された。



また前者に関して、火薬成分についての情報は信頼できるのだろうか?


いやいや何だかわからなくなってきた・・・。



これについて後に情報を載せさせていただきますが・・・



さて、昨日の朝日新聞の朝刊を読んで、自分としては、「えっ?オイオイ記者さんも米韓も気は確かか!?」 と思いました。

2010.05.16(日) 朝日新聞 朝刊 より

「北朝鮮の魚雷と判断」

(中略)

日韓両政府関係者によれば、柳外相は会談で調査の現状を説明。「北の魚雷という強い状況証拠を持っている」と語り、北朝鮮軍による攻撃だったとの見方を伝えた。

(中略)

この問題で米国政府も「北朝鮮の犯行」との判断に傾いており、・・・

(中略)

沈没の原因を調べている国際軍民合同調査団は20日、「魚雷による沈没」とする最終報告書を発表する見通し。
16日現在、北朝鮮の関与について状況証拠を超える決定的な物証は見つかっていないが、李明博(イミョンバク)大統領はその数日後に行う国民向け談話で「北朝鮮の関与」を明言するかどうか慎重に検討している。・・・



うーん、これはちょっとおかしいです。

戦争にも発展しかねないきわどい問題において、物証や科学的証拠なしに状況証拠とやらだけで「北朝鮮がやった」と判断するのって危険じゃないのか?

これでは、北朝鮮がやったことにしたいのか??とかんぐりたくもなるぞ。

状況証拠ってなんだ状況証拠って。公開せい。その状況証拠ってのが明らかにされない限りは信用できんぞ。




さてさて沈没の原因ですが、ここからは、前回も引用させていただいたサイトの情報を、今回も引用させていただきますm(_ _)m


河信基の深読み - 「天安艦は座礁・衝突」と民軍合同調査団調査委員が主張 2010.05.14

 哨戒艦・天安沈没事件を調査している民軍合同調査団委員が、「浅い砂地で座礁した後、米艦と衝突した海難事故」と明かした。
 これに対して韓国国防部当局が同委員の解任を求め、“第二のKBS特集「謎の第3ブイ なぜ?」封殺か”と批判の声が上がりそうである。

 軍当局を困惑させる証言をしたのは、有力なインターネットメディアのサプライズ代表で、民主党推薦で調査委員になったシン・サンチョル氏。
 今月4日、平和放送ラジオとのインタビューで「白翎(ペンニョン)島付近の浅瀬の砂浜で座礁し、脱出した後、米軍艦と思われる船舶と衝突した海難事故だ」と述べ、事故直後に有力視されていた衝突説が改めて浮上してきた。
 調査団が二度のブリーフィングで北朝鮮による魚雷攻撃を臭わせる「外部の衝撃」説を発表し、世論が北朝鮮関与説に流れていた後であり、軍当局は衝撃を受けた。

 対応に苦慮した国防部としては20日に予定される調査結果公表前に処理する必要があると判断したのであろう、シン調査委員の交代を議会に正式要請した。
 14日付の中央日報によると、、ウォン・テジェ国防省スポークスマンは13日、「国防部はシン・サンチョル委員の専門性の不足を指摘した。シン氏は調査団の会議に一度しか参加せず、調査委員の職務にふさわしくない行動をした」と、国会に事実上の更迭要請をしたことを明らかにした。
 これに対して民主党スポークスマンは「調査団の活動が1週間ほどしか残っていないので、交代は難しい。シン委員が公明正大に活動するように監督する」と述べ、更迭には反対した。
 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=20&fid=600&articleid=2010051401520860819

 合同調査団が現場海域で収集したとされる火薬成分やアルミ片から科学的に北朝鮮関与を証明するのは難しい、というのが大方の見方である。
 いわゆる総合的な判断で北朝鮮関与と結論付け、国連制裁に持ち込もうとする強硬派の動きがあるが、「客観的な証明」を要求している中国などを説得するのは困難である。

 他方で、韓国軍は重要なことを隠しているとの疑惑がネットを中心に強まっている。
 「演習中の米韓のレーダー、ソナーを潜り抜けた神業的な北朝鮮潜水艇の犯行」という無理なストーリーを作り上げなくとも、当初噂されていた衝突説の方がはるかに合理性がある。
 シン調査委員の証言は軍当局にとって目の上のたんこぶになったと言える。



河信基の深読み - 韓国哨戒艦沈没 日本のマスコミは批判精神を失ったのか 2010.05.15

 朝日新聞が今朝一面トップで「韓国哨戒艦『魚雷で沈没』国際調査団発表へ」と報じ、「韓国政府当局者」の話として、軍民合同調査団は「魚雷による沈没」との最終報告書を20日に発表するが、「北朝鮮関与は明記されない見通し」と伝えた。
 その上で、「決定的な証拠がなくとも(李明博大統領が談話で)政治的に『北朝鮮の犯行』と結論付けた場合、・・・日米両国は韓国と共同歩調を取る見通し」とした。
 http://www.asahi.com/international/update/0515/TKY201005140659.html

 朝日新聞はいつから、お上の“お達し”だけを無批判に伝える官報に堕したのか。
 韓国では、民軍合同調査団委員が「浅い砂地で座礁した後、米艦と衝突した海難事故」と公言したことに、国防部当局が解任を求め、野党の反発を招いている。
 4月7日にKBSが9時の特集で「謎の第3ブイ なぜ?」と米潜水艦沈没疑惑を報じ、これも政府から封殺され、言論弾圧かと批判の声が上がっている。
 そうしたことを黙殺し、「(李大統領の)政治的結論に日本政府が共同歩調を取る見通し」と報じることが、果たして客観的な報道と言えるのだろうか、疑問である。

 他方、共同通信が「6か国協議消息筋」の話として、「金正日総書記が胡錦涛主席との会談で『天安沈没とは何の関連もない』と述べた」と伝えた。
 胡主席は「客観的で科学的な証拠」を求めており、北朝鮮関与を証明する物的な証拠もなく、李大統領が「政治的な結論」を出したところで受け入れる可能性はゼロに近い。



河信基の深読み - 哨戒艦沈没原因 韓国与野党が対立 2010.05.16
http://blogs.yahoo.co.jp/lifeartinstitute/41375151.html

 民主党をはじめとする野党候補が、政府与党が既成事実化しようとしている「北朝鮮による魚雷撃沈説」に疑問を投げ、衝突説を強く主張するのは理由がある。
 民軍合同調査団に民主党推薦で加わったシン・サンチョル委員が今月4日、平和放送ラジオとのインタビューで「白翎(ペンニョン)島付近の浅瀬の砂浜で座礁し、脱出した後、米軍艦と思われる船舶と衝突した海難事故だ」と断言したことである。
 それに対して国防部が「調査委員の職務にふさわしくない行動をした」(同スポークスマン13日)と調査団報告書が出る前の更迭を求めたことで、「真相を隠蔽しようとしている。第二のKBS言論封殺だ」と一挙に批判が高まった。

 国防部としては決定的な証拠がない中で、最終的には政治的な判断で「北朝鮮関与」に持っていくしかないが、調査団委員から異論が出れば信憑性はなくなる。
 それを未然に防ぎたいということであろう。
 
 なお、KBSテレビは4月7日9時の「ニュース9」特集「謎の第3ブイ なぜ?」で、米軍ヘリコプターが米兵の遺体を運び去る映像などを流し、米潜水艦との衝突説が一時有力視されたが、政府当局が「誤報」として名誉毀損で告訴して封じてしまった。
 韓国のテレビは日本と異なり生放送は勿論、過去の放送も全てVODで視聴できるが、同特集だけは「法廷闘争のため原稿掲示と映像サービスは中断します」とある。
http://news.kbs.co.kr/tvnews/news9/2010/04/07/2076673.html










私なりに感じた、この事件を巡る不可解な点。

政治も兵器もど素人ゆえ、以下間違いはご指摘・ご容赦ください。


■例の北朝鮮の国営テレビが、いつものような犯行声明?を出していない
テポドン(これは米国側が北朝鮮のミサイルを呼ぶ際のコードネームらしい)を発射した時のように、いつもなら国営テレビのおばさんが出てきて、作戦の成功を、

「我らが金正日氏率いる北朝鮮軍は韓国領内にて韓国哨戒船をみごと撃沈し、○×△□※」

とわめきちらすはずだが、今回の事件ではそれがない。(少なくとも日本のテレビではそれが報道されていないように思う。)

哨戒船の撃沈が作戦の目的であったなら、作戦は大成功、北朝鮮はそれを大々的に国民向けに報道すると思われるが、それをやっていない。(たぶん、ね。テレビ全部見てるわけじゃないからわからん。)

追記
逆に、北朝鮮側は2度にわたり事件への関与を否定してる、とのこと。
もちろん北朝鮮が撃沈したもののシラを切っている、ってこともあり得る。
仮にそうだとすると、じゃ何のメリットがあって攻撃したと?



■「状況証拠のみ」で北朝鮮の魚雷と判断するとはいったい…?

国同士の大問題あるいは戦争に発展する可能性のある大事件を、科学的な証拠が無いのに「あいつがやった」と決めつけて良いのか?

この記事には一切触れられていないが、「状況証拠」っていったいどんな証拠なんだ?


(9.11 も含めて、過去の戦争のきっかけとなった事件は、その多くが自作自演のヤラセだったそうですから気をつけねば。自分で爆破しておいて、「あの国がわが国の無抵抗の市民/船/港を攻撃した!報復せよ!正義はわれらにあり!」・・・ってよくあるパターン。)



■米韓の軍事合同演習中だったのにも関わらず、なぜ北朝鮮からの攻撃や接近に気付かなかったのか?

「魚雷」だとすれば、発射したのは船か潜水艦からだろう。

米韓の軍事演習中であればレーダーもソナーも稼働していただろうに、(おそらく)最新鋭の探知機でありながら、なぜ北朝鮮の船/潜水艦の接近に気づけなかった?

(小型すぎると探知できない、スクリュー音が静か過ぎると探知できない、とかはあるようですが。)



■北朝鮮は、自国が「確実に不利に」なるような事件をあえて引き起こすほどおバカだろうか?

今まで(次元が低い)駆け引きを常に演じてきた北朝鮮。

いくら思考が前時代的だとはいえ、テポドン発射など際どいことをやってきたとはいえ、強力な経済制裁や軍事制裁を招きかねない、こんな墓穴を掘るような攻撃を自ら進んでするだろうか?

追記
・・・でも、こういう常識的な判断力は北朝鮮には期待できないかもしれないT-T



「北朝鮮の仕業である」と決めつけることで、誰がどんな得をするだろう?

北朝鮮に資源があるなら攻め込んで占領する価値もあろうが・・・。

あそこに資源なんてあるのか?

と思っていたら、鉱物資源はけっこう豊富にあるらしい。これらの記事からすると、ウランもあると見ていいのかな?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211017832

http://www.pyongyangology.com/index.php?option=com_content&task=view&id=1&Itemid=2

・ さる1月16日、大韓鉱業振興公社は北朝鮮の鉱物資源の総額が約240兆円(2,287兆ウォン)であると発表した。これは韓国における鉱物資源総額(約 10兆円)の24倍に達する。

・ 北朝鮮はもともと微少ながらも産油国であり、三十年以上も前から石油探査を行っている。

・ 地下資源を見なければ北朝鮮は見えまい。それほどまでに北の地に眠る資源は、世界の未来にとって魅力に満ちた、影響力ある存在なのである。





「北朝鮮の脅威」を煽ることで、日本の駐留米軍の「抑止力」論は勢いを増すだろう。

眠れる日本国民は、メディアの流す情報にただ追従するのみだろうか・・・?

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/711-14014140
Listed below are links to weblogs that reference
韓国の哨戒船「天安」が撃沈した事件。その2 from MEBIUS

Home > 韓国哨戒艦沈没 > 韓国の哨戒船「天安」が撃沈した事件。その2

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。