Home > スポンサー広告 > 朝日新聞「Wポスト紙、民主・藤田議員を酷評 同時多発テロ発言で」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/666-e6e13cb0
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > 朝日新聞「Wポスト紙、民主・藤田議員を酷評 同時多発テロ発言で」

Home > マスコミ > 朝日新聞「Wポスト紙、民主・藤田議員を酷評 同時多発テロ発言で」

朝日新聞「Wポスト紙、民主・藤田議員を酷評 同時多発テロ発言で」

今日(2010年3月9日)の朝日新聞の夕刊に「Wポスト紙、民主・藤田議員を酷評 同時多発テロ発言で」という記事がありましたが。

んー(-"-;)???という内容の記事でした。




きくちゆみのブログとポッドキャスト - あのワシントンポストが、なぜ? 2010/03/09

ワシントンポストが社説で、民主党の藤田幸久議員の発言を批判する記事を書きました。「社説」というのがミソ。内容は事実誤認を含む、感情的で稚拙な記事で、私には「恫喝」に近いように感じました。

民主党の藤田幸久議員さんのJPG
これを受けた朝日新聞の記事がこれ。
http://www.asahi.com/politics/update/0309/TKY201003090110.html

この件に対して藤田幸久議員はさっそくコメントを発表していますが、いたって冷静です。
http://www2.y-fujita.com/cgi-bin/index.php
これを読むと、ワシントンポストが取材申し込みしたテーマは「少子高齢化に伴う外国人労働者の受け入れについて」と全く別のことであり、藤田議員が発言していないことまで歪曲して社説で報道したようです。どうしてワシントンポストはここまでやったのか?


911の真実が広がることを、相当焦っている感じがします。





ワシントンポストのもとの記事はこれだと思われます。

Washington post - Poisonous thinking in Japan : Has a conspiratorial view of 9/11 taken hold in the... 2010.03.08
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/03/07/AR2010030702354.html

※ ログインしないと見れないようです。なので見てません。このサイトなんか気持ち悪い。


この記事に対して、藤田議員はブログでこうコメント。

藤田幸久 blog - ワシントンポスト(3月8日付)の批判的な社説に対しての私のコメント 2010/3/09
http://www.election.ne.jp/10870/82214.html

ワシントンポストの記者が来てインタビューを受けた。
で1時間もかけた本題「日本の移民受け入れについて」ではなく、終了後の雑談(9.11について)を記事にされたとのことです。

変なの。ハナから 9.11 のことを引き出すことが目的だったんでしょうかね?



911の真実を今
http://www5.pf-x.net/~gotama/




・・・なんか腹立つのでこのビデオを載せます。


NBC長崎放送 報道センター 「論争続く米同時多発テロ」 2007/9/14

http://www.youtube.com/watch?v=MbzFVX-3u3A

元記事がないと困るんでちっちゃくメモ。

Wポスト紙、民主・藤田議員を酷評 同時多発テロ発言で
2010年3月9日12時55分

 【ワシントン=伊藤宏】米紙ワシントン・ポストは8日付の社説で、民主党の藤田幸久国際局長(参院議員)が同紙に対し、2001年9月11日の米同時多発テロの犯人像に疑問を挟む発言などをしたとして「突拍子もなく、いい加減で、偽りがあり、まじめな議論に値しない」と酷評した。鳩山由紀夫首相が容認すれば、日米関係に影響するとも警告した。

 同紙は、藤田氏が最近の同紙による取材に対し、▽テロリストの犯行かどうかに疑問を挟んだ▽世界貿易センタービルの倒壊が(飛行機の衝突による)火災ではなく、起爆装置で起きた可能性があると示唆した、と紹介。そのうえで、こうした「幻想」は鳩山政権の「反米傾向」を反映していると指摘した。

 さらに「藤田氏のような無謀で事実に反した考え方を鳩山氏が容認するなら、日米関係が厳しく問われることになるだろう」と断じた。

 藤田氏は、野党時代の08年4月の参院外交防衛委員会で、国際テロ組織アルカイダのオサマ・ビンラディン容疑者の関与に疑問を挟む内容の質問をした。今年1月発売の週刊朝日でも、米国は犯人を特定しておらず、ビル倒壊の原因も再調査すべきだとの持論を展開。こうした発言はこれまでも米国の対日専門家らに批判されており、日米間の新たな問題に発展する可能性もある。

     ◇

 藤田氏は9日、朝日新聞の取材に「インタビュー後の懇談で、一議員としての考えを話したもので、社説は私の肩書を含めて間違った記述もある」と、党や鳩山政権の考えではないことを強調した。

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/666-e6e13cb0
Listed below are links to weblogs that reference
朝日新聞「Wポスト紙、民主・藤田議員を酷評 同時多発テロ発言で」 from MEBIUS

Home > マスコミ > 朝日新聞「Wポスト紙、民主・藤田議員を酷評 同時多発テロ発言で」

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。