Home > スポンサー広告 > 元911委員会の上級諮問員で、911報告書の原稿を書いたジョン・ファーマー氏が、決定的ともいえる内部告発を行った

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/529-44435270
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > 元911委員会の上級諮問員で、911報告書の原稿を書いたジョン・ファーマー氏が、決定的ともいえる内部告発を行った

Home > 911 > 元911委員会の上級諮問員で、911報告書の原稿を書いたジョン・ファーマー氏が、決定的ともいえる内部告発を行った

元911委員会の上級諮問員で、911報告書の原稿を書いたジョン・ファーマー氏が、決定的ともいえる内部告発を行った

  • 2009-10-01
  • 911
元911委員会の上級諮問員のジョン・ファーマー氏が、著書 「The Ground Truth: The Story Behind America’s Defense on 9/11」 で、決定的ともいえる内部告発を行ったそうです。

きくちゆみのブログとポッドキャスト - 911の真実、衝撃の内部告発 2009.09.25
http://kikuchiyumi.blogspot.com/2009/09/blog-post_25.html

彼は、911委員会に対して、FBIやCIA、ホワイトハウス、NORADは偽りの情報を提供したと述べた。このことを証明する文書が存在するという。

ファーマーは、こう語る。
「ある時点において、政府のあるレベルの人々の間で、事件に関して真実を話さないようにしようとの合意が存在した。・・・私は、真実が公式の説明と大きく異なることに衝撃を受けた・・・。[NORAD空軍]のテープでは、我々や国民が2年間聞かされてきたのとはまったく違う話が録音されていた。



911報告書の原稿を書いた人だそうです。


ゆみさん、全文転載させてください。


2009/09/25
911の真実、衝撃の内部告発
第3回911真相究明国際会議のチケットは、10月1日からローソンチケットで全国で一斉に発売されます。Lコードは31911。

その他、ハーモニクスライフセンターでプレミアムチケットは限定60枚を販売しています。プレミアムをお買い上げの方には、最前列チケットと第2回真相究明国際会議のDVD3枚組(5000円相当)を差し上げます。詳細はこちら:
http://kikuchiyumi.blogspot.com/2009/09/blog-post_15.html

コスタリカの平和省地球会議中、本会議3日目の9月20日午後2時から3時半まで「Be The Media(あなたがメディアになる)」という90分の講演をさせていただきました。その中で私は、911の政府発表(公式説)に疑問を持っているので、自分たちがメディアになってマスコミでは流れない情報を発表していることを伝えました。テーマが違うので詳細は話しませんでしたが、少なくとも私が911の真実を求めていることは世界40カ国の方に伝わったでしょう。

すると講演終了後、「よく911のことを言ってくれた」と何人かがわざわざ言いにきてくれました。うれしかったです。

さて、今日のニュースもおそらくマスコミは取り上げないでしょうが、ビッグニュース。今朝、藤田幸久議員から受け取ったものです。
ーーーーーーー
 <公式報告書を書いた911委員による内部告発>

かつて911委員会の上級諮問員であったジョン・ファーマーが著書The Ground Truth: The Story Behind America’s Defense on 9/11において、911事件の真実を明らかにした。
http://www.lewrockwell.com/spl/911-commission-lies.html

そこにおいて、彼は、911委員会による正式な説明が偽りの証言と文書に基づいており、ほとんど偽りであると断言した。

ラッツガー大学法学部長であり、かつてニュージャージー州検事総長であったファーマーは、911報告書のオリジナルの原稿を書いた責任者であった。

彼は、911委員会に対して、FBIやCIA、ホワイトハウス、NORADは偽りの情報を提供したと述べた。このことを証明する文書が存在するという。

ファーマーは、こう語る。
「ある時点において、政府のあるレベルの人々の間で、事件に関して真実を話さないようにしようとの合意が存在した。・・・私は、真実が公式の説明と大きく異なることに衝撃を受けた・・・。[NORAD空軍]のテープでは、我々や国民が2年間聞かされてきたのとはまったく違う話が録音されていた。」

911委員会の委員長を務めたニュージャージー州知事トーマス・キーンは、次のように述べた。
「今日に至るまで我々は、なぜNORAD[北米防空総指令部]が我々にあんな事実をかけ離れたことを言ったのか分からない。・・・」

911委員会のメンバーであり、前米国上院議員ボブ・ケリーは、こう語る。
「911 の悲劇に関して決定的な本を書くのにふさわしい人間はジョン・ファーマーをおいてほかに誰もいない。幸いなことに、彼はこれを実行してくれた。もっと幸いなのは、このようなことが二度と起こらないことを願う人々のために、はっきりと、生き生きと、そして、分かりやすい書き方をしてくれたということだ。」

現在、911事件に関する唯一の「公式の」報告書であるものがまったく偽りであるならば、我々は何を信用したらよいのだろうか。

これらの嘘によって、誰が傷つくのだろうか。真理を求めて何年もの間戦ってきた911事件の犠牲者の家族である。

これは、単なる陰謀論者の本ではない。政府の公式見解を書いた人々による内部告発なのだ。大きな動きに発展することは間違いない。
ーーーーーーー
というわけで、リチャード・ゲイジとともに、ジョン・ファーマーの言動にも注目していきたいです。



きたね、きましたね。

真実が暴露され、一般の知るところとなる日は近い!

911 真相究明国際会議に注目!
http://3rd911.globalpeace.jp/ (たぶんまだ工事中)


スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/529-44435270
Listed below are links to weblogs that reference
元911委員会の上級諮問員で、911報告書の原稿を書いたジョン・ファーマー氏が、決定的ともいえる内部告発を行った from MEBIUS

Home > 911 > 元911委員会の上級諮問員で、911報告書の原稿を書いたジョン・ファーマー氏が、決定的ともいえる内部告発を行った

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。