Home > スポンサー広告 > バッテリーについてお勉強

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/238-b7022cf0
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > バッテリーについてお勉強

Home > Bedini Motor > バッテリーについてお勉強

バッテリーについてお勉強

自動車用バッテリー バッテリーの構造と見方
http://www.1techicon.com/battery.html

バッテリーについて詳しくわかりやすく書いてあります。



ラジコン日和 - バッテリの放電
http://www.kazsh.com/rc/archives/2005/09/post-67.html

バッテリを放電するにはショートさせるのが手っ取り早いのですが、これをやるとフルパワーで電流が流れてしまい満充電の状態からだと電池自体がものすごく発熱し危険です。さらに過放電で転極(+と-が入れ替わり、こうなったらご臨終です)する可能性もあるのでそんなことは普通やりません。


ほう、そうなんですか。
バッテリー1つ、昨日完全に放電しちゃいましたよ。電圧を計ると 0V 。
生きてるかなぁ。



やっちゃいけないけど、バッテリーの+と-を直に繋げたりすると、こうなる。

 ・ 繋げた部分でバチッと火花が散る
 ・ 電流が一気に流れるため導線が発熱し、そのまま続ければたぶん被覆のゴムが溶ける
 ・ バッテリー内部でぶくぶく言いながら泡(水素ガス?)が急激に発生する
 ・ そのまま続ければ、たぶん、液が空気穴から漏れたり、圧力で容器が爆発したりする

危ないっす。


なので、どっかで読んだとおり、10Ωの固定抵抗を繋げて放電してみる。

すると、抵抗がめちゃ発熱し、表面のプラスチックが焦げて特有の変な臭いが発生。

うへぇ~!

2009-05-20_224857_s.jpg
焦げちゃった

危険なので中止。

今度は100Ωの固定抵抗を繋げてみるが、それだとほとんど放電されない。

うーむ困った。

ならば、10Ωを2個直列にして放電にトライ。

2009-05-20_224909_s.jpg

1個の時よ放電速度は遅い。

でもりわずかずつだけど、放電されていく。

これでしばらく待つとするか。


ちなみに、遊びで並列に繋げた定格 2.5V 0.5A の豆電球は、10秒ほど太陽のように輝いた後、プスンと消えて死んでしまいました。

豆電球の内側が真っ黒けに焦げてる。

2009-05-20_224839_s.jpg
まっくろけ。南無南無。

やっぱ 6V は無理だったみたい。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/238-b7022cf0
Listed below are links to weblogs that reference
バッテリーについてお勉強 from MEBIUS

Home > Bedini Motor > バッテリーについてお勉強

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。