Home > スポンサー広告 > Bedini Motor の回路 その2 theDaftman スタイルで作成

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

spp URL 2009-04-24 (金) 09:26

2つのコイルの極性が同じになってませんか?
逆にして接続しないと理屈にあわないですよ。
お試しアレ。

nitairera URL 2009-04-24 (金) 16:15

spp さんありがとうございます。
Primary Coil (#20 の太い銅線) の極性を Trigger Coil と逆にしてみました。
が、やはり回りません・・・

念のため Primary と Trigger のつなぎ方の組み合わせ4つ全部を試してみましたが、回りません。

ひぃー何が原因なんだろう^-^;

にしても私、電磁誘導でできる磁界の向きがいまいちわかってないかも?^-^;

nitairera URL 2009-04-24 (金) 16:24

駆動バッテリーの電圧は 6.28V とほぼ満タン。

テスターで調べると・・・

磁石が横切る際に Trigger Coil からの Base → Emitter という誘導電流(パルス)は流れます。

ですが、それによってスイッチオンオフするはずの Collector → Emitter という Primary Coil 用の(バッテリーからの)駆動電流がまったく流れません。

なので、単純にトランジスタが既に壊れてる?と疑いたい初心者なワタシ。

うーん頭痛い。

謎の磁石屋 URL 2009-04-24 (金) 22:37

こんばんは。磁石はどんな磁場方向の磁石を貼り付けているのでしょうか?回っている動画は円柱形状のものを使用していますが磁場方向は円柱の厚み方向のようです。磁石の形状は関係ありませんが画像から見ると貼り付けているディスクの面に垂直な方向が磁場方向のように感じます。一般的に磁石はそのような物が多いので、注文時に間違えてはいないと思いますがちょっと気になった次第です。小生の取り越し苦労でしたらすみません。

nitairera URL 2009-04-26 (日) 02:25

謎の磁石屋さんありがとうございます。

ローターはこの記事の写真のような構造です。
http://nitairera.blog23.fc2.com/blog-entry-106.html

なので、磁石の N 極はコイルの鉄心を貫くような方向のはずです。

念のため確かめてみましたが^-^、方位磁石の N 極は、ローターの磁石の外側を向いた面を指します。

なので、磁石の N 極は外側を向いていて、その磁束はコイルをしっかり貫いている、と思います^^

皆さん考えてくださりありがとうございます^-^

もちょっと試行錯誤してみますね。

謎の磁石屋 URL 2009-04-26 (日) 07:45

小生、他の内容良く読んでなかったですね、すみません。ちょっと見たら直方体形状に見えたんですが実際は円柱形状だったんですね~、それでしたら問題ありません。しかしCDをローターにするアイデアは考えた人はナイスですね。小生も拝借しようっと。

駆動も不要になったCDドライブを使い固定方法をうまく考えればいいですよね。回転数がどうかという問題はありますが、まずは様子見の試作ということで手軽にできそうです。ということで小生のSEGのローターはCD-ROMをベースに鉄と銅を交互に配置し、中心にドーナツ型の磁石でローターをサンドイッチしたNマシンみたいな構造を考えてます。

nitairera URL 2009-04-29 (水) 01:17

> 駆動も不要になったCDドライブを使い固定方法をうまく考えればいいですよね。回転数がどうかという問題はありますが、まずは様子見の試作ということで手軽にできそうです。ということで小生のSEGのローターはCD-ROMをベースに鉄と銅を交互に配置し、中心にドーナツ型の磁石でローターをサンドイッチしたNマシンみたいな構造を考えてます。

使ってみた感じ、 CD ドライブは重量に弱そうな気がしますが、試作には最適ですよね^-^
磁石屋さんの SEG 楽しみです^-^

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/169-17aade11
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > Bedini Motor の回路 その2 theDaftman スタイルで作成

Home > Bedini Motor > Bedini Motor の回路 その2 theDaftman スタイルで作成

Bedini Motor の回路 その2 theDaftman スタイルで作成

YouTube の theDaftman さんに習って作ってみました。

手間がかかるけど、回路の見通しが大変良いです。

※ Introvertabrate さんの作り方の方が断然早くてラクですが。

ちょっと長いので続きを読んでください。
■ トランジスタのチェック

2009-04-20_201106.jpg
再度購入したトランジスタ 2N3055 が生きてるか確認。
Collector → Emitter がちゃんとダイオードになってる。

2009-04-20_201016.jpg
Base → Emitter もダイオードになってる。 OK だ。



■ バッテリーはこれ

2009-04-16_174604.jpg
Yahoo! オークションで仕入れたバイク用 6V バッテリー x 2

2009-04-10_165344.jpg
端子からプラスチックのカバーをひっぺがすとこんな感じ。
小さい-ドライバーを使った。



■ theDaftman スタイルで・・・

2009-04-20_202113.jpg
うちにあったクギを使って、 theDaftman スタイルに挑戦。

2009-04-20_201637.jpg
回路は手書き。 PESWiki の一番上の回路図を元にし、パーツのサイズも考慮して書きました。

木の板も買うと高いので、家にあったちょうど良い大きさの桐の箱をノコで切って台とします。

紙に書いた回路図を両面テープで箱に貼り付けました。



■ トランジスタはこう設置

2009-04-20_202128.jpg
トランジスタに・・・

2009-04-20_202732.jpg
太さ 3mm 長さ 20mm のネジと六角ナットとワッシャーのセットを使って・・・

2009-04-20_202754.jpg
こんな風にしてみよう。

2009-04-20_203326.jpg
精密ドリルで 3mm の穴を2つ開けて、そこに通す。
ちょうど Emitter と Base の足がつっかえ棒になる。

2009-04-20_203513.jpg
裏側は六角ナットで止める。



■ ポイントポイントにクギを打つ。

2009-04-20_204505.jpg
あらかじめ決めてあった各ポイントに、精密ドリルで 1.5 mm の穴を開ける。
そこへ 1.5mm ちょいの太さのクギを打つ。

2009-04-20_204512.jpg
斜め上から見るとこう。

2009-04-20_204516.jpg
裏面はこう。

2009-04-20_205839.jpg
クギ打ち完了。

2009-04-20_205845.jpg

2009-04-20_205851.jpg
裏面はこんな感じ。凶器です。たまに刺さって痛かった。



■ ここでだいぶ端折ります。

各パーツや銅線の取り付け、半田付け作業を地道に行いました。

銅線を切って端っこにヤスリかけて半田でメッキする作業に、結構手間がかかるなぁ・・・

ちなみに、ヤスリがけは通電させるためでもあるし、ポリウレタン被覆のままだと半田がつるんと滑ってメッキできないので。

そしてメッキをするのは、後の半田付け本番の際、半田が玉になって滑り落ちてしまうのを防ぐため(半田がくっつきやすい)。

メッキのコツは、スーッと半田をず手早くらしながら行うこと。
とろとろやってるとやはり玉になって落ちてしまいます。



■ 完成!

2009-04-23_230308.jpg
回路完成!
バッテリーの+側へ繋ぐ線はレッド、-側へ繋ぐ線はグリーンにしたので、とてもわかりやすい。

2009-04-23_230340.jpg
斜めから見る。

2009-04-23_230352.jpg
近づいてみる。

すべての箇所で通電チェック OK 。
ダイオードも OK 。
もう半田で繋げちゃったので、トランジスタの生死は判定できません。

2009-04-23_230328.jpg
バッテリー、コイルとつなげてみました。
つなぎ方は多分合ってる。

2009-04-23_230332.jpg
うーむ、やはり回りません・・・T-T


■ 何がいけないんだーーーーー

OverUnity かどうかはともかくとして、すくなくとも普通に回ってくれると嬉しいんですが・・・。



■ Trigger Coil の誘導電流をチェック

Trigger Coil の直前・直後で電流を測定してみる。

すると、磁石がコイルを前後するときに電流が+-に振れる。
もちろん、これは誘導電流です。
※ アナログテスターじゃないので、正確な値は読めない。

そしてこの電流は、極性によってはトランジスタの Base → Emitter へと流れるはずなので、トランジスタの Base ~ Emitter 間の電流も測定してみる。

するとちゃんと電流計が振れます。
ただ、おかしなことに+-両方に振れているように見えます。
Base → Emitter はダイオード的な働きになってるんじゃなかったっけ?


■ で、 Primary Coil の電流をチェック

Primary Coil の直前・直後で、電流を測定してみる。

うむ・・・ローターを回すと電流が+ーに振れます。
きっとこれは誘導電流なのでしょう。
値は読めませんが表示の単位は mA のままなので、駆動バッテリーからくる数アンペアの大電流ではないでしょう。

肝心の、トランジスタの Base Collector → Emitter 間の電流を測定してみる。

ところが、磁石がコイルを通過してもここには電流が流れない。表示は OL ( Overload ?)のまま。

Trigger Coil からの Base → Emitter の電流によってスイッチがオンになり、 Collector → Emitter 間の電流が許可され、駆動バッテリーからの大電流が流れ込むはずなんですが。。。



■ またしても???

なのですが、もしかするとトランジスタ焼けてしまった?
エミッターかベースの足を半田付けするときに、半田の熱いトロトロの玉が足の付け根に落ちちゃったのよ。。。



この作業の結果、半田付けのウデがちょっと上がりました(笑)





■ 追記1

おっと!!!重大なミス!

『電流』の測定は、やっぱりテスターを回路に直列につなげないといけないのでした^-^;

なので、電圧を測るのと同じように計ってしまった、上記 下記の自分コメントの電流の測定は当てになりませんね(笑)
スポンサーサイト

Comments:7

spp URL 2009-04-24 (金) 09:26

2つのコイルの極性が同じになってませんか?
逆にして接続しないと理屈にあわないですよ。
お試しアレ。

nitairera URL 2009-04-24 (金) 16:15

spp さんありがとうございます。
Primary Coil (#20 の太い銅線) の極性を Trigger Coil と逆にしてみました。
が、やはり回りません・・・

念のため Primary と Trigger のつなぎ方の組み合わせ4つ全部を試してみましたが、回りません。

ひぃー何が原因なんだろう^-^;

にしても私、電磁誘導でできる磁界の向きがいまいちわかってないかも?^-^;

nitairera URL 2009-04-24 (金) 16:24

駆動バッテリーの電圧は 6.28V とほぼ満タン。

テスターで調べると・・・

磁石が横切る際に Trigger Coil からの Base → Emitter という誘導電流(パルス)は流れます。

ですが、それによってスイッチオンオフするはずの Collector → Emitter という Primary Coil 用の(バッテリーからの)駆動電流がまったく流れません。

なので、単純にトランジスタが既に壊れてる?と疑いたい初心者なワタシ。

うーん頭痛い。

謎の磁石屋 URL 2009-04-24 (金) 22:37

こんばんは。磁石はどんな磁場方向の磁石を貼り付けているのでしょうか?回っている動画は円柱形状のものを使用していますが磁場方向は円柱の厚み方向のようです。磁石の形状は関係ありませんが画像から見ると貼り付けているディスクの面に垂直な方向が磁場方向のように感じます。一般的に磁石はそのような物が多いので、注文時に間違えてはいないと思いますがちょっと気になった次第です。小生の取り越し苦労でしたらすみません。

nitairera URL 2009-04-26 (日) 02:25

謎の磁石屋さんありがとうございます。

ローターはこの記事の写真のような構造です。
http://nitairera.blog23.fc2.com/blog-entry-106.html

なので、磁石の N 極はコイルの鉄心を貫くような方向のはずです。

念のため確かめてみましたが^-^、方位磁石の N 極は、ローターの磁石の外側を向いた面を指します。

なので、磁石の N 極は外側を向いていて、その磁束はコイルをしっかり貫いている、と思います^^

皆さん考えてくださりありがとうございます^-^

もちょっと試行錯誤してみますね。

謎の磁石屋 URL 2009-04-26 (日) 07:45

小生、他の内容良く読んでなかったですね、すみません。ちょっと見たら直方体形状に見えたんですが実際は円柱形状だったんですね~、それでしたら問題ありません。しかしCDをローターにするアイデアは考えた人はナイスですね。小生も拝借しようっと。

駆動も不要になったCDドライブを使い固定方法をうまく考えればいいですよね。回転数がどうかという問題はありますが、まずは様子見の試作ということで手軽にできそうです。ということで小生のSEGのローターはCD-ROMをベースに鉄と銅を交互に配置し、中心にドーナツ型の磁石でローターをサンドイッチしたNマシンみたいな構造を考えてます。

nitairera URL 2009-04-29 (水) 01:17

> 駆動も不要になったCDドライブを使い固定方法をうまく考えればいいですよね。回転数がどうかという問題はありますが、まずは様子見の試作ということで手軽にできそうです。ということで小生のSEGのローターはCD-ROMをベースに鉄と銅を交互に配置し、中心にドーナツ型の磁石でローターをサンドイッチしたNマシンみたいな構造を考えてます。

使ってみた感じ、 CD ドライブは重量に弱そうな気がしますが、試作には最適ですよね^-^
磁石屋さんの SEG 楽しみです^-^

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/169-17aade11
Listed below are links to weblogs that reference
Bedini Motor の回路 その2 theDaftman スタイルで作成 from MEBIUS

Home > Bedini Motor > Bedini Motor の回路 その2 theDaftman スタイルで作成

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。