Home > スポンサー広告 > エーテルの流速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/1006-5dc57f34
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > エーテルの流速

Home > 重力 > エーテルの流速

エーテルの流速

以前、スカイダイビングの最大落下スピードが 220km/sec という事実より、

地球中心へ流れ込むエーテルの速度は、「220km/sec の1.5倍~2倍くらい」「220km/sec + α」と書きました。


エーテルの専門的?研究をしている方が、「348.43Km/sec」と計算されてます。
http://www.ioannisxydous.gr/AetherDetection/

この人は、実験というより、数学的に導き出しているように見えます。
「エーテルの接戦方向の速度」と書いていますので、どうやら、地球の中心へではなく、地球の自転の接戦方向にエーテルが流れていると見て、その速度を計算したのではないかと勝手に推測します。


上記ページの下の方、エーテル速度の一覧表(他の複数の研究者たちによる測定値)を見ても、だいたい 200~400km/sec とあります。

速度だけ見ると、おいらの当てずっぽうもなかなかいい線いってたな、と思いました^^

(どれも1900年代がほとんどと、古い実験結果ですが。。。)


方向については、私の考えとは違うかもしれません。

表のタイトルに「接線方向の速度」、とあるので、これらすべてが地球自転の接線方向のエーテル速度を測ったのでしょうか?
それとも「エーテルの接線方向」の速度?を測ったのでしょうか?

その辺は英語力不足でよくわかりません。



で、エーテルの速度、どやって測定してんのかな?

表には、

干渉計(Interferometer)、
宇宙マイクロ波背景放射?(CMB … Cosmic Microwave Background (Radiation) )
断続光(Chopped Light)、連続光(Continuous Light)、
回転する鏡(Rotating Mirror)、
シャッター(Shutter)

などの単語が並んますね。

実験年代が古いので、古典的な実験方法が並んでるような気がします。



↓ 同じ人の実験動画です。

AetherControl
http://www.youtube.com/watch?v=rdov7Vx5wVg

高周波でエーテルをコントロールし、物体(フェライトのリング磁石)を動かしているらしい。

Frequency としか書かれてないので、高周波と訳しましたが、導線が繋がれてるので、高周波の交流電流または直流パルス電流でしょうか。

1) 周波数を徐々に変調させると、物体が移動し、さらに変調させると移動方向が反対に。

2) それごとレゴカーに載せると、レゴカーがちょっと動く。

3) 1よりももっと動いている様子。


動いている原因として、エーテル以外の、物理学電磁気学的に説明のつく原因というのはないのでしょうか?
それを全部排除できたなら、自分的にはこの実験の信用度が増すのになぁ。


導体(アルミなど)の板の上に、リング状巻いたコイルを置き、交流電流を流すと、コイルが浮く、という不思議現象(でもないか)があります。
あれが浮くのは、アルミ板に発生する誘導電流とコイルとの間に反発力が働くからで、アルミ板を取り除けばぜんぜん浮かない、というようなものでした。


このサイトのは、木のテーブルだし、動く方向も違うので、上記とは別の現象だと思いますが…。



詳細な説明が書かれてないので、なんとも言えない…。


でも面白そう☆

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/1006-5dc57f34
Listed below are links to weblogs that reference
エーテルの流速 from MEBIUS

Home > 重力 > エーテルの流速

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。