Home > スポンサー広告 > 磁力と、エーテルの疎密

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

AA URL 2012-08-02 (木) 16:46

コイルのサインカーブもやっぱり呼吸ってことらしいです。左回り吸引、右回り放出。

nitairera URL 2012-08-08 (水) 02:41

> コイルのサインカーブもやっぱり呼吸ってことらしいです。左回り吸引、右回り放出。

コメントありがとうございます☆

呼吸、吸引、放出。
もう少し具体的にお話を伺いたいですが、これはAAさんではなく他のどなたかのアイデアですか?
テネモスの飯島さん?

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/1003-a8d20a6f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from MEBIUS

Home > スポンサー広告 > 磁力と、エーテルの疎密

Home > 重力・磁力理論 > 磁力と、エーテルの疎密

磁力と、エーテルの疎密

また磁力について考えてみた。

以前私は「重力はエーテルの流れだ」と書きました。

もし、磁力の原因もエーテル流だ、としてしまうと、話がこんがらがるし、
磁力のあるものは同じだけの重力を持つ、という全くおかしなことになってしまうので困る。

なので、今後は 重力エーテル(仮) と 磁力エーテル(仮) と、いったん分けることにします。
(あとでどうにか統一されるかもしれません。)



以前書きましたが、私の直感では、磁力エーテル粒子(仮)はS極から放出されて、N極から吸入されます。

磁力エーテル粒子の「自転」は、今は考えないことにします。

(なぜなら同一方向に自転しながら放出される粒子は、粒子同士が触れ合うと逆回転に触れてしまい、
回転速度が急激に落ちてしまうだろうからです。
そしてS極から出た自転する粒子が、その方向を維持しながらN極へ流入するとは考えにくいからです。
もちろん、この急激に落ちる、という現象は、重力と比較して磁力が距離とともにあまりに急激に力を失うことを説明できるかもしれませんが。)




さてさて、電磁波は、
「水中/空気中を伝わる音波」と同じで、
「磁力エーテル粒子中を伝わる疎密の縦波」と思われます(んなの当たり前か)。


そして、コイルに発生する逆起電力は、正負のサインカーブを描きながら減衰していきますよね。

えーと・・・うーん・・・。

磁力エーテル粒子の「流れ」だけではこのような反復現象はうまく説明できないや。
加えて、流れには3次元的な方向(ベクトル)はあっても正・負の値をとることはできない。

水で例えると、ホースの口から地面に流れ出た水の「流れ」は、徐々に広がり弱まり最後は停止するだけです。
流れが反転するようなことは考えにくい。

ので、ちょっと考えました。

で出てきたのが、「磁力エーテル粒子の疎密」という概念。
これを取り入れると、うまく説明がつきそうです。


話をコイルの逆起電力の減衰に、疎密を当てはめてみます。

通電開始により、急激に密度が濃くなったコイルの片端の磁力エーテル空間A(密、S極)は、
恐らく互いの粒子に働く反発力?により、
周辺のエーテル粒子を押しのけながら外へと拡散します。
結果勢いで、ほんの一瞬、空間Aは密度が薄くなります(疎、N極)。たぶん(笑)。

すると今度は、周辺にあったエーテル粒子からの反動で押し返され、再び空間Aの密度が濃くなります(密)。
濃くなるとまた周辺へと拡散して薄くなり(疎)・・・

徐々に弱まりながらこれを繰り返すことが、
逆起電力のような正負の減衰が起きる原因ではないかと思います。

※ これは、コイルの逆起電力そのものの発生理由を説明しているわけではありません。
  「正負の値をとりながら減衰していく」という現象を説明しようとしているだけです。


これならなんとなく、正負の値をとること、サインカーブで減衰していくことを説明できたような気がします。



疎密を磁石で表すとこんなです。



磁力と磁力エーテルについて

N極の水色のツブツブは、本当はN極へ近づくほど薄く数が少なくなり、
離れるほど数が多くなっていくべきなのですが、
その画像を描くことは難しそうなのでやめときました(汗)



まとめると、


磁力の構成要素は、次の2つ。

1. 磁力エーテル粒子(仮)の流れの および

2. 磁力エーテル粒子(仮)の = 正圧(S極) と = 負圧(N極)


です。




ど素人の妄想ですyo


追記
いやいや、サインカーブの減衰は、コイルの自己誘導?によるものかもな。

電磁気学の知識のかけらもないからこういうことに。

上記の話はなかったことにしよう…






ただ、粗密があるのは間違いない。



重力エーテルの話か、磁力エーテルの話かどっちかわからないけど、

「光」が伝搬するのにさ、伝搬を媒介するものが何もないなんておかしいよ。

エーテル的な何かは絶対存在するはず。

エーテルの縦波、粗密波。それが光なんだ。
スポンサーサイト

Comments:2

AA URL 2012-08-02 (木) 16:46

コイルのサインカーブもやっぱり呼吸ってことらしいです。左回り吸引、右回り放出。

nitairera URL 2012-08-08 (水) 02:41

> コイルのサインカーブもやっぱり呼吸ってことらしいです。左回り吸引、右回り放出。

コメントありがとうございます☆

呼吸、吸引、放出。
もう少し具体的にお話を伺いたいですが、これはAAさんではなく他のどなたかのアイデアですか?
テネモスの飯島さん?

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nitairera.blog23.fc2.com/tb.php/1003-a8d20a6f
Listed below are links to weblogs that reference
磁力と、エーテルの疎密 from MEBIUS

Home > 重力・磁力理論 > 磁力と、エーテルの疎密

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。