Home > MEG

MEG Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

MEGライクな超簡単発電機

  • 2014-01-27 (Mon)
  • MEG

MEGライクな可動部なしの発電機。

でもMEGより回路が超簡単です。

ダイオード2個、キャパシター2個、以上。
あとは、あの鉄?のコアをどこで手に入れるかだなぁ。


最初にインパクトを与えると、その電流が持続する。

電球が点灯。


声は、いつものあの方です。発音ステキw


Overunity Magnet Transformer Free Energy

http://www.youtube.com/watch?v=cTowOHDeB5Y





関係ないけどどことなく似てるのでこれも。

MEG 似な BI-TROID TRANSFORMER

  • 2010-02-25 (Thu)
  • MEG
見た目 MEG に似ていますが、たぶん MEG やそういう類の装置ではないように思われます。

一応メモ。

BI-TOROID TRANSFORMER DEMO July 11, 2009

http://www.youtube.com/watch?v=RbRPCt1-WwQ

MEG ライクな稼動部なしの装置

  • 2009-12-19 (Sat)
  • MEG
稼動部なしの装置。

英語の説明を聞くとなるほど~って思う。


憶測を交えてかいつまむと・・・

1. 磁石と磁性体(?)を図のように配置すると、磁石からの磁力線は磁性体内部を進む( L3 コイルを経由して) 。

2. L1 コイルにわずかに電流を流して磁界を発生させると、今度は磁力線は L1 コイルを経由するように進む。一方の L3 は通らずに。

1 と 2 の間で、両側2つの L3 コイル内の磁界が変化する。磁界が変化する=つまり電力を取り出せる。

このようにして L1 コイルにわずかな交流を流すだけで、L3 からそれ以上の(磁石と磁性体の磁力の強さに応じた)電力が得られる。

図の左側にあるのは入力として高周波の交流を発生させるための回路。
図の右側にあるのは、出力された交流を、利用しやすいように一般的な 12V の直流に変換するためのもの。

ってことだろうと思います。たぶん。



この人 Practical Guide to Free-Energy Devices のサイトの、Patrick J. Kelly さんなようですね^-^
いろんな情報を公開してくれてありがとう☆


Free Energy - Power Generator by TheGuru2You 2009年04月12日

http://www.youtube.com/watch?v=NCY7tYDjXhI

画質の良い回路図は PJKBook.PDF にあります、と書いてある。

たぶんこれです。

Practical Guide to Free-Energy Devices - eBook
http://www.free-energy-info.co.uk/PJKBook.html

右クリックして「リンク先をダウンロードして保存」すると開始されます。
2000ページ、27MBとでかい。


また、ここの Patent 45 (Charles Flynn さんがなんたら・・・)というのがこの発明に関する部分なようです。
http://www.free-energy-info.co.uk/

これだけでも100ページ以上あり、装置にも色んなバリエーション(?)があるため、どれがどれなんだか・・・。



また、上のビデオ中で「参照してください」といわれているビデオがこちら。直流を高周波の交流に変換する回路。
もともとは HHO 生成用なようです。

Self resonating powering circuit for HHO cell by TheGuru2You 2008年07月10日

http://www.youtube.com/watch?v=Ru8YQ6HUwbU

文字が読めないので HQ で見たほうがいい。


Kromrey Converter とは何か

  • 2009-07-12 (Sun)
  • MEG
Kromrey Converter が何であるかの説明だと思うのですが、まだ冒頭部分しか読んでいません。

Yahoo! Group - Bedini_Monopole3 への 2009.05.21 の投稿です。

英語です。

長いので内容は続きにて。


Continue reading

カナダ VORKTEX 社の可動部無しの発電機

  • 2009-07-02 (Thu)
  • MEG
INVEX さんで 2008年に紹介されていた発電機。

可動部が無い、ってのがいいね。磨耗しないし。

へぼ訳なのであてになりませんが、『コイルをネオジウム磁石で覆い(?)、電流を流し、止める。その際の逆起電力を回収する。』そうです。

Tom Bearden の MEG みたいだね。

でも、販売価格が高すぎる。

回路図・設計図が公開されていれば、自分で複製できるんだけど。

どっかに回路図落ちてないかな~。



INVEX - フリエネ発電器販売中
http://kimchang.jugem.cc/?eid=2752

カナダの企業がネット販売をはじめている。7kWで4200米ドル。9kWが6000米ドル。住宅用12kWが15000米ドル。可動部分がないので、発電機ではなく発電器かな。コロナの新型エコキュートがほぼ100万円。高いのか、安いのか。
 当INVEXで開発中のやつは、最大目標42W出力。直流12Vで3.5AのOUTPUTだから、HHOの製造にも使える。半実用の学習教材というところかな。安全のため5Aのヒューズがついている。廃品利用なので主要材料費はタダ。ベトナム、バングラデッシュあたりでも充分作れる技術レベルです。




VORKTEX (その装置を作って売ってる会社)
http://www.vorktex.ca/page/235610203


装置が動いている様子。
このビデオの投稿者は、下の DD に出演した人のようですね。開発者でしょうか。


http://www.youtube.com/watch?v=kX3VYsVBBes


投資を募るテレビ番組でしょうか。
開発者?が実演してみせています。
投資を募る理由は、『発電所を作りたいから』 だそうです。

Dragon's Den - Vorktex MagnaCoaster Power Generation

http://www.youtube.com/watch?v=vvfi9ZpXKOY



この方、他にもいくつか投稿してるので、見てみる価値ありかも。


Motionless Electromagnetic Generator はいったい・・・

  • 2009-04-18 (Sat)
  • MEG
MEG - Motionless Electromagnetic Generator

この発電機?はその後どうなったのでしょうか・・・?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1324478388
↑こんな簡単に片付けられたくないんですが・・・。

どなたかご存知?


oriharu さんとこの MEG の図解
http://oriharu.net/jmeg.htm

J-L NaudinのMEGプロジェクトのページ
http://jnaudin.free.fr/html/meg.htm

Tomas Bearden さんの MEG 研究
http://jnaudin.free.fr/meg/megdiag.htm

Home > MEG

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。