Home > Solar Power

Solar Power Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

髪の毛で太陽光発電


今日テレビでやってた。

カトマンズの学生が、髪の毛で作ったソーラーパネルを発明(?)

メラニン色素の感光性を利用するんだとか。

床屋で不用な髪の毛をもらってくる(買取?)

8cmほどの長さの髪の毛、その両端を酸化銅板で木板にとめる。

それと同じものをいくつも並べて、銅線?で並列に?つなぐ。


炎天下、合計たたみ1畳の広さの髪の毛パネルで、23Vを発電していた。電流は不明。


室内の明るさでも50個ほどの LED を明るく点灯させていたのは驚いた。
(いや、あらかじめ太陽光を当てておいたりしたのかな?)

改良・応用したらもっと発電効率が良くなりそう。


なにより、シリコン使った普通のソーラーパネルよりだんぜん安価で、エコなのが魅力!


こちらによると、髪の毛の発電は数ヶ月もつとのこと。

GIZMODO - ソーラーパネルにシリコンはいらない! 人間の髪の毛でOKだよ。 2009.09.21
http://www.gizmodo.jp/2009/09/ok_2.html

1年前からあったのね。



サスティナブル・ラボ - ●「髪の毛でソーラー発電」。ネパール、カトマンズの学生が、髪の毛を材料とした太陽光発電パネルを制作。23ボルトまで出力させる。(NHK『アジアンスマイル』) 2010年07月18日
http://wind-sun.seesaa.net/article/156688926.html


点灯させた LED で 「GO GREEN」 の文字を描いていた。

自然へ還ろう、という意味だそうだ。

科学技術は自然を破壊しすぎてしまった、と。

すばらしいな、この子は。


太陽自動追尾装置。それとハブダイナモでお手軽風力発電

■ 太陽を自動追尾するやつ!

もしパラボラで太陽熱を集める装置を作るとしたら、やっぱ太陽光を自動的に追尾しくれなきゃどうにもならんと思うのです。ってあれからぜんぜん進展してないけど。ミラーシートすら貼ってない(汗

田舎でつくろう! 太陽光追尾装置
http://inakabookenergy.blog34.fc2.com/blog-entry-10.html


■ ハブダイナモなホイールに帆を張って風車に

あら、こんなんでいいんですか、簡単そうですね^-^

それとたぶん、風車自身を360度回転させる回転台?にも自転車のホイールを使っている。

田舎でつくろう! 風力発電
http://inakabookenergy.blog34.fc2.com/blog-entry-12.html

カリフォルニアのEV車を走らせるおばさん。自宅の太陽光パネルで充電してる。

Free Power From The Sun. Solar EV Charging

http://www.youtube.com/watch?v=Qat6jPjxNWs

EV。電気自動車。

つまり、ガソリンは全く不要ということ。


電気は屋根に取り付けた何枚ものソーラーパネルで生産し、ガレージで充電する。

満充電で 90マイル走行できる。

走行は音がなく静か。

場所は・・・カリフォルニアでしょう。


「私はもうガソリンジャンキーではありません。」

「電気(自動車)の美点は、クリーンであること、より安価であること。
そしてもっとも重要なのが、国内で生産されることです。
電気のために戦争が起きたことは今まで無いし、これからも絶対に起こらないでしょう。」

この人も石油利権を目的とした人間同士の無用な殺し合いに心を痛めているのだろう。

”戦争が起こらずにすむ” という部分にとっても気持ちを込めている感じです。


その後のテロップをてきとー和訳。


私たちが行動するならば、石油のために血が流されるのを止めることができる。

どれだけ多くの人が石油のためにまだ死ななければならないというのですか。

石油のために多くの人が死ぬのを止めよう。

この革命には、銃は必要ありません。

”消費者の選択” を通して力を行使すればいいのです。

いま、始めよう。

賢い購入をしよう。

太陽光を買いましょう。

電気を買いましょう。

政府をも支配している独占的な石油会社を排除しよう。

行動しないのならば、あなたの両手には血のりが付くだろう。

あなたには変化を起こす力がある。

いま、そこへ行き、その変化を起こそう。




あんまし太陽光と電気を勧めるのもどうかと思うが(脅迫めいてるし、回し者じゃないかと疑ってしまう私)、石油のための戦争を止めたい気持ちは正しいと思う。

これ以上石油のための戦争に加担しちゃなんねぇ。



ビデオの後半部分は、ハイブリッド車の紹介???疲れたのでちゃんと見てないです。


集光器にはペルチェ素子

太陽光を集める集光器を古いパラボラアンテナで製作中。

で、その光と熱をどう発電に利用するか、ということで、ソーラーパネルをイメージしてたんだけど、やはり熱で溶けてしまいそう。

ある方からアドバイスいただいたのですが、ペルチェ素子、というのが、熱を電気に変換してくれるらしい。

こいつならイケるかも!

冷却側をしっかりしないとな。

複数枚重ねることで、変換効率と、冷却効率を高められるかも。

発電発電☆


自分でソーラーパネルを屋根に取り付けた方

Advanced Solar Power Demo

http://www.youtube.com/watch?v=QDNjArnRL5I

自分で取り付けたのですか。

ぜんぶ並列に繋げたみたい。

えらい枚数買いましたな。

パネルが滑り落ちないように木のガイドを屋根に打ち付けてます。


1Fの外にバッテリーをいくつか並べて蓄電。

直流を交流に変換するインバーター経由でノートPCを稼動させています。


パラボラで太陽光を集光してやかんのお湯を沸かす

Solar Concentrator Hot Water Pot Boiler

http://www.youtube.com/watch?v=pWE9QiTFufE

これも小さな鏡?を敷き詰めています。

太陽光を集光し、やかんのお湯を沸かしています。

でも、パラボラが巨大ですね~。

どこで手に入るんでしょう、こんなでかいアンテナ?


パラボラに小さな鏡をいっぱい敷き詰めて集光

18" Solar Concentrator - Burning Cardboard

http://www.youtube.com/watch?v=qwlCNDJLJwg

ほう。こういう方法もありですね。

正方形の小さな小さな鏡をパラボラアンテナに敷き詰める。

太陽光を集めて


Micro Concentrated Solar Power from Sopogy - a green energy seminar

http://www.youtube.com/watch?v=OupOfCWUw54

レンズで太陽光を集めて、小さな太陽光パネルで発電。資源の節約。

太陽光パネルは冷やすと効率が上がる(例えば水で冷やす)

Underwater SOLAR PANELS 9% Stronger PV Photovoltaic Sun Power

http://www.youtube.com/watch?v=rGi0Mf3cl1E

ソーラーパネルを水に沈めて、発電実験。

水に入れた方は、華氏85度位 (摂氏29.4℃)で 23V の出力。
入れない素の方は、華氏135度 (摂氏57.2℃)で 20V 。

ん?

これって電圧逆じゃないかと思ったが、『水で冷やしてる方がより効率が良い』そうです。

なるー。


『 So, cooler panel produce more voltage.
(冷たいパネルの方がより高い電圧を出力する)』

だってさ。

太陽光をレンズ?で集光すると 90秒でビンの水が沸騰したり、ビンが割れたり

FRESNEL LENS 1 SUN COLLECTOR VINTAGE GREENPOWERSCIENCE

http://www.youtube.com/watch?v=DGtA8E5iw3k

90秒でビンの水が沸騰。

太陽光すごいね。ってか危険だけど。


ほかにも、10秒でガラスが溶けたり割れたり。

後半は遊んでますね(笑)


GREENPOWER さんによる、レンズで太陽光パネルの効率を上げる方法

SOLAR PANEL WITH A FRESNEL LENS CPV CONCENTRATED PHOTOVOLTAIC PV SOLAR CONCENTRATOR FREE ENERGY

http://www.youtube.com/watch?v=-yh1q59a1h0

やはり、『熱で太陽光パネルを損傷しないよう、やりすぎには注意』、と言っています。

パネルを冷やす Cooling System のアイデアを募集しているということです。(2008年の投稿だからもういい冷やし方見つかってるかも)


北国でも太陽熱で熱湯を供給する 『ソーラーMAX』

SAFETY JAPAN - 北国の太陽でお湯が沸くー集光率4倍の太陽集熱器
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/d/26/index1.html

おおぉー

『CPC方式ソーラーコレクター』 というのですね。

既に商品化されたものとしては、「ソーラーMAX」というのがあるそうです。

このお尻のような断面の反射鏡が、太陽がどの角度にあっても光を中心に集めてくれる。

 ソーラーMAXは太陽光を無駄なく集めるため、集光率は従来比約4倍の高効率となっている。

 これまでの太陽集熱器は、日差しの弱い東北地方などには向かなかった。しかし、4倍の集光率を持つソーラーMAXの登場で北国でも太陽光で熱水を供給できるようになった。



すばらすぃ。

しかし、家庭用が127万円とはおいらには高すぎる。

蓄熱器、設置工事費等がセットだとしてもなー。

これだと普通の安い湯沸かし器(12万ぐらい?)にみんな逃げてしまうかも。。。


ソーラーパネルの熱対策

eco-vision - 太陽光を集めるガラス―MITの研究
http://www31.atwiki.jp/ecovision/pages/25.html

太陽の集光装置にはミラーを使用した 米SolFocus社 や 大同メタル の自動追尾式集光装置があり、これらも大きな発電効率の向上を遂げているが、太陽自動追尾する装置を付けることでコスト高になっている。



自動追尾はコストが高くつくのね。
自作しても高いのかな?


集光するのみならば 太陽光レンズ を使用する方法もあるが、これらは太陽を集光した分だけ熱線も増加し、パネル面が高熱を持って太陽電池パネルを傷めてしまうことがある。太陽電池パネルの性質としても25℃以上の熱を持つと温度が上がるごとに発電効率が下がってくる(単結晶・多結晶の太陽電池は平均1℃上がるごとに 0.4~0.5%発電量が下がる)。効率面においても出来るだけ低い温度であることが望ましい。



やっぱり、熱によって変換効率が下がるってことらしいです。

で、その対策↓。

赤外線を防ぐフィルターを太陽電池パネルの前に掛け、後ろにはヒートシンクで放熱対策をするだけでもこれらのことはある程度緩和するが、有機染料パネルだと赤外線域を吸収する素材を使用することは簡単で、それにより大きく集光したとしても太陽電池を熱することが無くなる。
熱によっての損傷や発電効率が降下する現象が防げるため、大きな集光が可能となり、より大きな発電効率の向上が出来ることになる。単体の太陽電池パネルから得られる電力は40倍以上になると見込まれている。



ほぉー赤外線だけを吸収させちゃえばイイのかー!

有機なんたらパネルを使うってのはよくわからんけど。

それと、ヒートシンクをつける、か。

赤外線を吸収するガラス、ないかなー。

そういえば、猛暑の日差し対策として、窓に貼り付けると熱が内部に透過しないシール状のフィルター的なのがハンズに売ってたな。

当然ながら、発電効率が上がった分は太陽電池パネルの使用量を減らすことが出来るため、コストも大きく下がることになり、熱による寿命の変化も見逃せないコスト軽減となる。
全方向の太陽光を受ける構造を作り出すことで、理想的な光量の日照時間が増えることにより、総量ではさらに大きな発電量が得られることだろう。



太陽光パネルは熱に弱いらしい。

ソーラーパネル、実は熱に弱いらしい。

夏の暑すぎる日差しだと、効率が下がるらしい。

"太陽電池 熱に弱い" で Google 検索


「集光された太陽光でパネルが溶けちゃうかも」

という心配に、さらに

「熱過ぎると効率低下」

の問題が加わった(汗




どっかの生徒が車のパーツを使って発電してナンタラ・・・

Students Use Car Parts For Solar Power

http://www.youtube.com/watch?v=uK3XYJLQsZ4

どっかの生徒が車のパーツを使って発電して、どうとか・・・。

どうやって発電してるんだ???

パラボラで集光して小さなソーラーパネルをフル活用

Solar Power - Paves The Way to a Bright Future

http://www.youtube.com/watch?v=P_uv5htt8mo

とっても小さなソーラーパネル1枚でも、パラボラアンテナで太陽光を集中させれば大きな電力が取り出せる、というお話。

広い面積に高額なソーラーパネルを何枚も設置する代わりに、同じ面積のパラボラアンテナにガラスの鏡を設置して、光の収束点に小さな小さなソーラーパネルを1枚置く。

集まる光は千倍になっているため、得られる電力も千倍になる。らしい。


やってみたい・・・けど、パネルって熱で溶けたりしないんかね?


カナダ製中国産の太陽熱温水器が、4人家族分をカバーして3,000ドル

ものごころ - 太陽熱温水器
http://www.monogocoro.jp/tag/太陽熱温水器

海外の市販されている太陽熱温水器を紹介しています。

4人家族分の温水供給をカバーするカナダ製中国産太陽熱温水器の価格が3000ドルな昨今、同じ熱量を得るのに30,000ドル必要なソーラーパネルを誰が買うの?というお話。
ちなみに日本の場合、見た目だいたい同じものが98,000円。



やはり太陽光パネルよりも、太陽熱を利用したほうが安価で効率が良いらしい。


ちなみに、英文の元記事はこちら。

Tree Hugger - Solar Hot Water First. Then Photoiltaic 2009.02.26
http://www.treehugger.com/files/2009/02/solar-water-then-photovoltaics.php


塩ビ管で太陽熱温水器を自作する

太陽熱温水器を自作する - 塩ビ管で太陽熱温水器を自作する 2009.??.??
http://solar.take-4.net/

ペットボトルで自作してる方もいましたが、この方はさらにもう一工夫。

容量 188.4リットル
制作費 3万円ほど
(失敗部品代を除く)
制作期間 日曜日×5

だそうです。

暑くなりそうな瓦屋根に設置してますね。



素材を別とすれば、こういった太陽熱温水器は化石燃料に頼らないので、確実にエコだ。

ぜひやってみたい。


太陽光パネルを自作

Gizmodo Japan - 太陽電池を自作してみる 2006.08.18
http://www.gizmodo.jp/2006/08/post_95.html
へぇー。


これがその Science Toys というサイト

Science Toys - Building your own solar battery
http://scitoys.com/scitoys/scitoys/echem/echem2.html

銅板をコンロで焼いて酸化銅にし・・・・



Science Toys - A flat panel solar cell
http://scitoys.com/scitoys/scitoys/echem/echem3.html

上のやつのパネル版です。


得られる電流は微弱だけど、自分で太陽電池パネルを作れるなんて面白いです。

これはいつまでも長持ちするんですかね?


日本人で自作してみた人。
http://www.k12.osaka-kyoiku.ac.jp/phys/atm/kouden.htm



おや、湿式太陽電池のキットが。

養老線&258沿線情報「よろなび」 - 自作の太陽電池ぃー! 2009.02.03
http://plaza.rakuten.co.jp/yoronavi/diary/200902030000/

『家庭でできる、色素増感型太陽電池キット』だって。



太陽光 太陽光発電でECO生活 - 「プリンターで自作可能」ナノテク太陽電池
http://xn--54qw5qwz9c.seesaa.net/article/59273308.html

これ早いとこ実用化して欲しいです。


ドイツの安い太陽光パネル。

安い太陽光パネル。

Garbagenews - 「1か月で元が取れます!」 シリコン不要の太陽電池、薄型パネルで99セント/ワットで登場 2007.12.24
http://www.gamenews.ne.jp/archives/2007/12/99_1.html


その会社がこれだが、

nanosolar ドイツの会社
http://www.nanosolar.com/

どこで手に入るのだろう?


この商用化された薄膜太陽電池についてのセールスポイントは次の通り。

・商業ベースでは世界初のプリント技術による薄膜太陽電池。
・安価で量産が効く。
・世界でもっとも安価な太陽電池となる。1ワットあたり99セント(110円)ベースで販売しても自社に利益が出ると試算している。
・これまでの薄膜太陽電池の5倍もの通電量を誇る。
・デザイン的にも最適化されておりコスト面からも設置するに相応しいシステム。



だそうです。


他にもこんな国産の安いパネルの情報が。


自己中ではだめですか? - 新型太陽電池-価格5分の1 2008.06.30
http://plaza.rakuten.co.jp/koretou/diary/200806300000/

新型太陽電池、相次ぎ実用化 昭和電工など、価格5分の1
                     6月30日 日本経済新聞

低価格の新型太陽電池が相次いで実用化される。原材料に現在主流のシリコンを使わないタイプで、昭和電工などは家庭やオフィスなど光が弱い屋内でも発電する太陽電池を11月から量産する。紙のように薄く価格はシリコン系に比べて5分の1という。産業技術総合研究所も発電効率が世界最高水準の太陽電池を開発、実用化に乗り出す。太陽電池は民生用の温暖化ガス削減技術として今後市場拡大が見込まれ、新型の相次ぐ実用化で普及に弾みがつきそうだ。

 昭和電工は藤森工業、桐蔭横浜大学発ベンチャーのペクセル・テクノロジーズ(横浜市)と共同でフィルム状の新型太陽電池を開発した。「色素増感型」と呼ばれるタイプで、光が当たると電気をつくる化合物を薄いプラスチックで挟んであり、紙のように軟らかい。




12V で検索すると、こんな価格。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-00700/

170mA なら \3600 だが、 1000mA となると1万5千円以上。ひゃー高い。

170mA 位でも Bedini SSG を回せるのかな?


Home > Solar Power

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。