Home > 911

911 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

日本語でTweetしていたイスラム国自爆要員ハーデスさんが切なすぎる。

  • 2015-02-02 (Mon)
  • 911

日本語でTweetしていたイスラム国自爆要員ハーデスさんが切なすぎる。
http://matome.naver.jp/odai/2142222254072200701

いつか命令が下れば命を捨てる自爆テロ要員。

アカウントが本当にISILの人なのか、真偽を確かめようがないが、

そのつたない言葉の節々に、涙を誘う。

このハーデスさんによればだが、ISILのメンバーの多くがクレイジーだそう。
全員がハーデスさんのような優しい?方ではないという点も留意しながら。

(もちろん、これがISILによる日本向けの同情引く作戦、て可能性も。)



要約するとこんな感じ


アメリカがシーア派を支援し、シーアは私たちを殺した

私は家族を全員殺された


正義はない


アメリカに謝罪をして欲しい。そして私たちを大事にして欲しいだけ。しかしアメリカは戦いを 「正義」 と言った。
(彼は何度もこれを口にします)


戦争は終わらない

アメリカが戦争を終わらせようとしない


湯川さんは昨年8月に拘束され、今回の最初のビデオ公開より前に、すでに殺害されていたと聞いている




それと重要なことが書かれている。

安倍の資金援助とテロ組織対抗宣言が引き金になったと思ってたが、

それだけでなく、ヨルダン政府の ”この金でぶっつぶす” 宣言が、大きな引き金になっているそう。



日本(安倍)が資金援助を約束

ヨルダン政府が 「その金でISILを叩き潰す」 と宣言
(日本にはこの情報は知られていない。)

その三日後、ISISがビデオ公開と共に身代金要求 (←要するに、日本の資金援助を撤回しろ、ということらしい)



他にも、

日本がISISに対抗するグループに資金援助をした

その金で我々は殺される。

日本は自分たちが戦争できないから、ヨルダンを利用している。








<アメリカによる侵略>が諸悪の根源。

武力で殺されるから武力で抵抗してる。

これは、ネイティブアメリカンに対する虐殺と抵抗運動と何にもかわりゃしない。


テロだなんだと騒いで威勢を張ってみたところで、何がテロリスト(=抑圧に対する抵抗運動)を生んでいるか、その根源を絶つ必要がある。


表層的な怒りのジャッジじゃなくて、本当のところ何が原因でこういうことが起きているか、周りの人と話して欲しい。

いや、まず俺が家族と話そう。



日本は資金援助・後方支援・アメリカ支持宣言・あるいは武器輸出や軍事企業への投資で、陰で戦争に加担していた。

知らずに投げ続けられていた鋭利なブーメランが、やっと自分たちに牙を向いて戻ってきたところだ。


これで日本人には、政府が何をしているか気付いて欲しいんだが、どうなることか。



それと、戦争したがり屋のどっかの首相はアホ過ぎて話にならん。

プラス、湯川さん救出を妨害した公安外事三課っていったい何なの何がしたいの? ←ジャーナリストの常岡さん情報 (IWJ参照)



【後藤健二さん殺害】「安倍首相の発言が引き金に」 孫崎享さんがイスラム国への対応を批判
http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/01/story_n_6588280.html




P.S.

今日神社へ参拝してきた。

「私たち日本人は平和と愛と相互理解を選択します。」 と宣言してきました。

IVAW - 戦争に行ったアメリカ兵の告発!「本当の敵はアメリカ国内にいた!」 (シリアやエジプトも全く同じ構図)

  • 2013-09-04 (Wed)
  • 911
戦争とはこういうものだ、という、熱意溢れる証言。

「人道介入」というのは半分以上ウソ。

騙されてはいけない。

戦争の本質は「ビジネス(金儲け)」だ。



戦争に行ったアメリカ兵の告発!「本当の敵はアメリカ国内にいた!」 (シリアやエジプトも全く同じ構図)

http://www.youtube.com/watch?v=cR5zoW1W4ac




必要のない恐怖心をあおるメディアや政府高官たち。



僕らは世界中の人々と心を開いて手を繋ごう。



敵などいないのだ。


例え Dreamer と呼ばれようとも、


僕らは武力の必要のない世界へいこう。


米(市民?)団体による、「米軍の北朝鮮への挑発行動の停止を要求する」署名

  • 2011-03-05 (Sat)
  • 911
平和つむぎより。転送歓迎。

Fwd: 団体署名の要請:朝鮮での戦争ゲームをやめよ

[転送・転載歓迎します。重複受信の際はご容赦ください。]

寺尾です。

朝鮮戦争の終結のために活動しているアメリカの団体
endthekoreanwar.org(エンドザコリアンウォー・ドット・オーグ)から、
韓国での米韓合同軍事演習の中止を求めて、オバマ大統領と議会に
送る要求書への賛同団体を募集するメールを頂きました。

同団体からの呼びかけと要求書を日本語に訳しましたので、
協力できる団体は宜しくお願いします。

賛同は同団体のメールアドレス
admin@endthekoreanwar.org
へお送りください。

この団体のホームページのURI:
http://endthekoreanwar.org/
そのホームページの記載の日本語訳が以下のURI:
http://ameblo.jp/khbong/entry-10597398610.html
で読むことができます。

転送・転載歓迎。

-------- Original Message --------
Subject: End the War Games in Korea
Date: Wed, 2 Mar 2011 22:44:01 -0500
From: admin
To: teraoter@mint.ocn.ne.jp

Dear friends and allies:
友人、友好団体の皆さん

We are writing to ask you to add your organization’s name to this
statement which the National Campaign to End the Korean War is
sending to the Obama administration and Congress. The U.S. has just
started a new round of dangerous war games in the Korean peninsula,
which must stop.
朝鮮戦争終結全米キャンペーンがオバマ政権と議会に送る以下の声明に、
貴団体名を加えて頂きたく、メールしています。米国は朝鮮半島で新しい
一連の危険な戦争ゲームを開始したところですが、中止しなければ
なりません。

*We are asking you to email us permission to include your
group's name on the letter below.* *You can simply hit REPLY
to this email. *
<以下の書簡に貴グループ名を含めることを許可するメールをお送り
ください。このメールの返信ボタンを叩くだけです。>
(この団体のメールアドレス
admin@endthekoreanwar.org
へお送りください-寺尾)

You have supported our campaign previously; we hope you will join us
in this effort. Thanks for your support!
皆さんは以前我われのキャンペーンを支持してくださいました。
この企画に皆さんが参加くださいますことを願っています。
ご支援有難う!

- From the National Campaign to End the Korean War.
- 朝鮮戦争終結全国キャンペーンより

=================================================================

**
*Stop Provocative U.S. War Games in Korea *
*Prioritize Jobs and Services at Home*
≪朝鮮における米国の挑発的な戦争ゲームを中止せよ≫
≪国内での雇用と諸サービスを優先させよ≫

At a time when state and local governments are cutting essential
public services, the United States is spending desperately needed
tax dollars on dangerous and costly military exercises in Korea. We,
the undersigned, demand the U.S. government immediately stop the
provocative and dangerous "Key Resolve-Foal Eagle" military
exercises and take concrete steps to end the 60-year war on the
Korean peninsula through peaceful dialogue.
州政府や地方自治体が欠くことのできない公共サービスを切り縮めている
この時に、米国は何としても必要な税金を朝鮮での危険で金のかかる
軍事行動に使っています。私たち以下の署名団体は米国政府に、
挑発的で危険な「Key Resolve(要の決意)-Foal Eagle(子馬ワシ)」
という軍事演習を直ちに中止し、朝鮮半島における60年に及ぶ戦争の
平和的な対話による終結に向けて具体的な手立てをとるよう
要求するものです。

For eight weeks, from February 28 to April 30, 2011, the U.S. and
South Korea Combined Forces Command are conducting joint military
exercises called "Key Resolve-Foal Eagle." These war games,
involving 13,000 US troops and a nuclear aircraft carrier, are
intended to simulate an attack on North Korea's nuclear weapons
facilities and intervention plans in the case of instability in
North Korea.
2011年2月28日から4月30日までの8週間にわたって、米韓合同軍事司令部は
「Key Resolve-Foal Eagle」と呼ばれる合同軍事演習を行っています。
これら戦争ゲームは、米兵1万3000人と原子力空母1隻が参加し、北朝鮮
核兵器施設攻撃と北朝鮮が安定を欠いた場合の介入計画をシミュレート
することを目的としています。

In contrast to calls made by the Korean people for peace and
engagement, "Key Resolve-Foal Eagle" exercises exacerbate an already
tense situation on the Korean peninsula. The U.S. government alleges
that these exercises are routine and defensive in nature, but it is
clear that the aim of these exercises is to simulate the
annihilation of the North Korean military, regime change, and
occupation of North Korea. The exercises simulate a massive landing
by more than 200,000 South Korean and US troops to occupy Pyongyang
and the mobilization of offensive Stryker brigades.
韓国民衆が行った平和と協調の呼びかけとは対照的に、「Key
Resolve-Foal Eagle」軍事演習は、朝鮮半島が既におかれている
緊張状態を激化するものです。米政府は、これら軍事演習はもともと
慣例的且つ防衛的なものであると主張していますが、それら軍事演習の
目的が北朝鮮軍せん滅、北朝鮮の体制変革と占領をシミュレートする
ことにあることは明らかです。軍事演習は、ピョンヤン占領に向って
韓米軍20万人以上による大軍の上陸、そしてストライカー戦闘旅団の
動員をシミュレートするものです。

Since the military crisis last November over Yeonpyeong Island, the
countries involved in the Six Party talks have been making progress
to return to peace talks for the stability and security of Northeast
Asia. By forging ahead with these massive simulation war games, the
United States and South Korea only further worsen tensions on the
Korean peninsula and sabotage prospects for peaceful dialogue.
延坪島における昨年11月の軍事的危機以来、六者会合参加国は
北東アジアの安定と安全に向けた平和協議に立ち戻るべく進展して
います。このような大規模なシミュレーション戦争ゲームをごり押し
することで、米国と韓国は朝鮮半島の緊張を更に高めることしか
しておらず、平和的対話への展望を妨げています。

We call on the Obama administration to cancel the destructive Key
Resolve-Foal Eagle war games and instead begin the process of
finally ending the 60-year war on the Korean peninsula by signing a
Peace Treaty with North Korea. We are in the midst of an economic
crisis. We can no longer afford to waste millions of dollars on war
games that threaten peace and the sovereignty of another nation. As
a precondition for returning to talks, the United States has
demanded a demonstration of "sincerity" by North Korea, which
subsequently put forward many viable options for denuclearization.
Now the United States must respond by halting the provocative Key
Resolve- Foal Eagle exercises and return to peaceful negotiations.
私たちはオバマ政権に、破壊的な戦争ゲーム Key Resolve-Foal Eagle を
取りやめ、かわりに北朝鮮との平和条約を調印し朝鮮半島での60年に及ぶ
戦争状態を最終的に終わらせる手続きを始めるよう要求します。私たちは
経済危機の真っただ中にいます。平和と他国の主権を脅かす戦争
ゲームに何百万ドルも無駄に使う余裕はもはやありません。話合いに
立ち返る前提条件として、米国は北朝鮮に「誠意」を示すよう要求し、
そのことが更に非核化に向けた実行可能な選択肢を前進させる、
としています。今度は米国が挑発的な Key Resolve-Foal Eagle 軍事
演習の中止で応じるべきであり、平和的交渉に立ち戻るべきです。

Signed
署名団体

National Campaign to End the Korean War
朝鮮戦争終結全米キャンペーン

(National Association of Korean Americans, National Committee for
Peace in Korea, National Lawyers Guild Korea Peace Project, Nodutdol
for Korean Community Development, Veterans for Peace Korea Peace
Campaign)
(韓国系アメリカ人全米協会、朝鮮の平和を求める全米委員会、
ナショナル・ロイヤーズ・ギルド[全米法律家組合]朝鮮平和プロジェクト、
コリアンコミュニティ開発ノドゥットル、平和を求める
退役軍人たち朝鮮平和キャンペーン)
(訳:寺尾光身)用

戦争・内戦と広告代理店

  • 2011-02-15 (Tue)
  • 911

雁屋哲の美味しんぼ日記 - 悲しい国だね 2010年2月1日
http://kariyatetsu.com/nikki/1214.php


そのなかで、今日の話題にふさわしいのは「もっとも恐ろしい武器とは」という副題付きで、高木徹著「戦争広告代理店」を取り上げた頁だろう。

 21世紀にもっとも恐ろしい武器となるのは情報である、と言う真実を雄弁に裏付ける本である、と米原万里氏はこの本を紹介する。

「本書では、メディアに乗せられた情報が戦争の趨勢に決定的な役割を果たす様が、ユーゴ内戦時、新興国ボスニアに雇われたアメリカの広告代理店の活躍を通して伝えられる。対セルビア戦を有利に展開し、国際的承認を勝ちとるまで、ボスニア政府首脳に言葉遣いから発言のタイミング、敵に不利な情報を流すためのネーミング(例えば「民族浄化」という語によってナチスを連想させる)など、手取り足取り指導して行く様が具体的に紹介されている。これでもかこれでもかと、セルビア武装勢力による残虐行為を世界中のメディアにばらまく一方で、ボスニア側による勝るとも劣らない蛮行は巧妙に伏せられ、先進国、わけてもアメリカの戦いには「人道と民主主義」とい名分があると世論に浸透させる。」

 ここからが大事なので、きちんと読んで欲しい。

「偽情報であれ一面的情報であれ、大量に繰返し叩き込まれたそれは、事実以上の重みを持って人びとの意見を立場をコントロールしていく。」

「圧倒的に多数の人びとは自由なる意志に基づいて、己の意見や立場を決定していると無邪気に思い込んでいる。あたかも自身の意志で、さして必要もない商品を喜々として買い求め、インタビューに際しては、テレビキャスターや新聞の論調を反復する。(中略)それが情報操作の結果であるなんてつゆほども思わない」(本書471頁)

 誠に、恐ろしい話である。高木徹氏はボスニアとセルヒアの戦いについて語っているのだが、米原万里氏はそれを現在の日本の状況に布衍して語っている。

週刊朝日に911事件関連記事だそうな

  • 2010-09-09 (Thu)
  • 911

9/7発売の「週刊朝日」のP119~121に

「~田中宇が語るいまなお消えない9つの謎~」

と題して、911事件関連の記事が掲載されているそうです。


読んでみよっと

山崎淑子さんインタビュー

  • 2010-09-04 (Sat)
  • 911
これはすごい話ですね・・・

ひどい話です・・・。


911の当日と前後に感じた多くの疑問点、日本のマスコミの報道統制の話、マスコミ人が怯えている話、NHK の長谷川さん?の自殺について(自殺できないほどの低層階だった)、FBIやCIAによる押収、日本の検察、愛犬の殺処分を脅しに使う、増悪していた子宮筋腫/子宮内膜症の薬をも取り上げてしまう、何の説明も無いまま情報もないまま3ヶ月間。

知識もバランス感覚もある方です。頭もいいし勘も鋭い。


ただ、アメリカに不利なことを発言したから捕まえられた、というよりは、アメリカの弁護士夫婦のごたごたのとばっちりを受けた、ということでしょうか。共謀罪の恐ろしさ。


阿修羅♪ - ♪ 911冤罪被害者支援の会:山サラさんインタビュー ♪ - 23分55秒 - 6.1 MB
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/790.html


http://kikuchiyumi.blogspot.com/2010/09/911.html



iwakamiyasumi
2010年08月14日

○2010年8月10日フリージャーナリスト岩上安身が米国の間違いによって投獄された山崎淑子さん(「サラ」は米国での通称)にインタビューを行っています。

○山崎淑子さんインタビュー(目次)
01 アメリカで働きはじめた経緯
02 9・11が起こる前のニューヨーク。かすかな疑心
03 散歩中の視界に、立ちのぼる黒煙。「第二の真珠湾だ!神風だ!テロだ!」
04 真珠湾という言葉から透けて見えた米国の思惑。崩壊しないはずのビルが!?
05 ラジオから消えてゆく『イマジン』
06 グランド・ゼロへ。地下からあがる炎
07 被災後の日々
08 真実を語ることの危険性。日本人からの警告
09 涙を浮かべる父親の姿を見て
10 違和感の連鎖。FBI・CIAによる家宅捜索
11 なだれ込んできた検察。共謀罪の恐ろしさ
12 殺処分された愛犬。血に染まってゆく畳
13 日米犯罪人引渡し条約
14 弁護士Aの偽証
15 米国に縛られた手足。司法取引詐欺
16 弁護をしないヤメ検弁護士。知的虐待
17 出獄した眼の前に立ちふさがる護送車
18 出獄への見えない力。囚人服のまま成田へ
19 生きる
20 いま伝えなければならないこと
21 日本の真実

○山崎淑子さんは去年、「谷川サラ」という仮名で以下の番組にも出演なさっています。
【TV朝日 サンデープロジェクト 2009年4月26日(日)11時頃
司法は誰のものか~「日米条約」と「日本の司法」~ ディレクター江南亮 プロデューサー上田未生】




01 アメリカで働きはじめた経緯

http://www.youtube.com/watch?v=Wn0blcET8V8


02 9・11が起こる前のニューヨーク。かすかな疑心
http://www.youtube.com/watch?v=7qF5p6eaKVg

03 散歩中の視界に、立ちのぼる黒煙。「第二の真珠湾だ!神風だ!テロだ!」
http://www.youtube.com/watch?v=TVV6CdsRgRk

04 真珠湾という言葉から透けて見えた米国の思惑。崩壊しないはずのビルが!?
http://www.youtube.com/watch?v=5RcbGDoh6-Y

05 ラジオから消えてゆく『イマジン』
http://www.youtube.com/watch?v=Cg64rHKNqVI

06 グランド・ゼロへ。地下からあがる炎
http://www.youtube.com/watch?v=kBe1w3qeNaE

07 被災後の日々
http://www.youtube.com/watch?v=7RVIcLOwu0E

08 真実を語ることの危険性。日本人からの警告
http://www.youtube.com/watch?v=44GM2N13MuE

09 涙を浮かべる父親の姿を見て
http://www.youtube.com/watch?v=0QpsucaUFIU

10 違和感の連鎖。FBI・CIAによる家宅捜索
http://www.youtube.com/watch?v=xIdWe47nDKY

11 なだれ込んできた検察。共謀罪の恐ろしさ
http://www.youtube.com/watch?v=TFRGLrEES4Q

12 殺処分された愛犬。血に染まってゆく畳
http://www.youtube.com/watch?v=uk7naYZJBOU

13 日米犯罪人引渡し条約
http://www.youtube.com/watch?v=lICQZLi-AOM

14 弁護士Aの偽証
http://www.youtube.com/watch?v=rwEB9-CHesE

15 米国に縛られた手足。司法取引詐欺
http://www.youtube.com/watch?v=ZyACGHFaQs4

16 弁護をしないヤメ検弁護士。知的虐待
http://www.youtube.com/watch?v=9gqiGWkDCX8

17 出獄した眼の前に立ちふさがる護送車
http://www.youtube.com/watch?v=CPLwUOvNKZw

18 出獄への見えない力。囚人服のまま成田へ
http://www.youtube.com/watch?v=zFo5JPGvzCs

19 生きる
http://www.youtube.com/watch?v=3rrXMX3Xmms

20 いま伝えなければならないこと
http://www.youtube.com/watch?v=_74mJijicu0

21 日本の真実
http://www.youtube.com/watch?v=M-dF__i3trc





山崎サラさんの事件の様子がダイジェストになったサンデープロジェクト
admin on 4月 26th, 2009
http://enzai.9-11.jp/?p=72

検証報道 1/3
http://www.youtube.com/watch?v=a-vEeysJ6r8

検証報道 2/3
http://www.youtube.com/watch?v=7TByV45j3Zg

検証報道 3/3
http://www.youtube.com/watch?v=9XDSC5EOj9g

■911冤罪引渡し事件 概要■
「日本の司法は、いったい誰のために存在しているのか」を問う。
4年前(2005.7.28)、都内に住む一人の日本人女性が突然、自宅で検察官に拘束され、東京拘置所に収監された。9.11に絡む犯罪容疑者として、アメリカ政府が日本政府に彼女の身柄を引き渡すよう、請求してきたからだ。身に覚えのない容疑に、彼女は拘置所から無実を訴えたが、アメリカ政府に引き渡された。そしてアメリカでは、さらなる悪夢が彼女を待ち受けていた。我々はアメリカで関係者の取材を試みた。すると、無実を訴える彼女の主張を裏付ける事実が次々と明らかとなった。日本の法務省、検察庁、そして東京高裁は、アメリカ政府の言い分を検証しようともせず、彼女を「逃亡犯罪人」として引き渡した疑いが浮上したのだ・・・。
自国民の生命、自由を守るのが存在意義であるはずの政府。日本の司法は、いったい誰のため、何のために存在しているのか。徹底検証する。

911冤罪被害者 支援の会

  • 2010-09-04 (Sat)
  • 911


911冤罪被害者 支援の会 ~  日米両政府の手による冤罪・日米間の司法における不平等条約の究明のために
http://enzai.9-11.jp/

アメリカ史上最大200万人デモ行進(2009年)

  • 2010-09-01 (Wed)
  • 911

えー、これは911のデモですよね?


ネットの声 - アメリカ史上最大200万人デモ行進!マスコミは報道しないけど事実は知っておいたほうがいい。 2009年11月17日
http://2chinfo.blog88.fc2.com/blog-entry-266.html

アメリカ人はワシントン政治にデモをかけた。「真実を言え!」と。
日本と同じにアメリカもマスコミのウソ報道がひどいらしい。がCNNは同時中継した。




マスコミが報道しない_アメリカ200万人デモ

http://www.youtube.com/watch?v=VH4E912Cerc


イラク「敗走」連合声明

  • 2010-08-26 (Thu)
  • 911
転送歓迎!

イラク「敗走」連合声明

イラク反戦情報は次のHPへ

平和と民主主義をめざす全国交歓会 http://www.zenko-peace.com/

イラク平和テレビ局in Japan http://peacetv.jp/

週刊MDS http://www.mdsweb.jp/

※IVAW(戦争に反対するイラク帰還兵士の会)や女性平和団体コードピンクなどが「イラク敗走連合」と銘打って8月31日の米軍のイラクからの部分撤退についての声明を出しました。今回の「撤退」は占領のブランドのはり替えであると明言しています。

(日本語訳:イラク市民レジスタンス連帯委員会)




イラク「敗走」連合声明



7年間の戦争の遺産



http://ivaw.org/node/6111



末尾に署名をしている団体と個人の我々は、次の評価と勧告によって8月31日の米軍の部分撤退を特徴付ける。



*米国のイラク占領は継続し、イラクにおける米軍の縮小はせいぜい単なる占領のブランドのはり替えに過ぎないと呼ぶことができる。イラクの米軍兵士の数は最大16万5000人から削減されるが、それでもなお5万人の兵員と、約7万5000人の軍契約者と、5つの巨大な「恒久的基地」とバチカン市国の大きさの大使館が残されるだろう。



*米軍がサダム・フセインの野蛮な独裁を打倒してもイラク国民のより良い生活にはならなかった―ちょうどその正反対であった。占領の結果、基本的な社会基盤―電気や水や下水である―を一層破壊し、そしてそれは今日まで続いているのである。米国は第2次世界大戦の全部よりも多いトン数の爆弾を落としてイラクの電力、水道、下水システムを破壊した。かつて中東全体で最良であったイラクの医療と高等教育制度は大部分が破壊された。米国の対イラク戦争は暴力の波を解き放ち、100万人以上のイラク国民が死に、400万人が住みかから追い出され、そして、民族対立が国民を苦しめ続けている。我々は何百万人ものイラク人に重い傷を負わせ、再建の闘いを進める際にイラク人と地域住民と国全体に一生涯の苦難と経済的苦境を作り出したのである。



イラク国民の平均寿命は、戦争と医療体制の破壊によって、1996年の71歳から2007年の67歳へと落ちた。劣化ウランや白リン弾といった兵器を米国が使用したために、深刻な死傷者数を出し、たとえばファルージャでのガン発生率は今や広島の発生率よりも悪くなっている。



*米国の介入によって生み出された難民と国内で住みかを追われた人々の大部分は見捨てられている。400万人近い難民のうち、多くの人々が今やシリアやヨルダンやレバノンや世界中でますます絶望的な状況の中で暮らしている。証明書を持たない難民として、大部分は働くことを許されず、生きるために極端に低賃金の非合法の仕事(1日3ドル)につくか国連や慈善事業に頼らざるを得ないでいる。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)はイラク人女性の性売買が急増しているという資料を出している。



*イラクはいまだにまともに機能する政府がない。3月7日の選挙から何ヶ月もたっているのに、今なお政治的空白と毎月およそ300人の市民を殺す暴力が存在している。きちんと機能している民主主義は存在していないし近い将来に存在するようになるという兆候はほとんどない。



*イラク戦争は米軍兵士に恐ろしい犠牲を残した。100万人以上の米軍現役軍兵士がイラク戦争のつらい仕事に派兵された。4400人以上の米軍兵士が殺され何万人もが重傷を負った。米軍兵士の4人に1人以上が医療や心理治療の必要な健康問題を抱えてイラク戦争から帰国している。軍隊内のPTSDの比率が急増している。2009年には新記録となる245人の兵士が自殺した。



*戦争は米国の資金を枯渇させた。2010年現在、米国の納税者はイラク戦争に7500億ドル[約75兆円]以上を使った。負傷した退役兵士の生涯の看護費用とこの戦争の費用を支払うために米国民が借りた資金への利息支払いを合わせると、本当の費用は数兆ドルにもなる。こんな資金の悪用をしたために今経験している経済危機を引き起こしたのであり、学校や医療や社会基盤や汚染がなく環境に優しい雇用への投資などができないのである。



*嘘に基づいたこの破滅的な戦争に我々を引き込んだ米国政府高官たちは責任を取らされていない。ジョージ・ブッシュも、ディック・チェーニーも、コンドリーザ・ライスも、コリン・パウエルも、カール・ローブも、ドナルド・ラムズフェルドもである。誰1人もとらされていない。ジェイ・バイビーやジョン・ユーなど拷問を認めたブッシュ政権の弁護士たちも取らされていない。嘘をずっとつき続けた「シンクタンク」やジャーナリストや専門家たちは首になってなんかいない―大部分は今日アフガニスタン戦争の応援の先頭に立っているのである。



*戦争はイラクの資源の略奪と腐敗の制度化を引き起こした。米国国防省は2003年のイラク侵攻以後の人道上の必要と復興に当てられたイラクの石油とガスの資金の87億ドル[約8700億円]の使い道を明らかにすることができなかった。イラク侵攻は国家の石油に対するイラク政府の管理をむしばむことにもなったのである。2001年に、アメリカ最大のエネルギー企業の経営者たちを入れたディック・チェーニー副大統領のエネルギー対策本部はイラクのエネルギー産業部門を外国の投資に解放するように勧告した。その結果できたイラクの石油法案は、国際石油カルテルがその支配を再確立しようとしているので、イラクの資源を全世界規模で略奪するおそれがあるものである。しかしながら、石油法の採択は、強力な民衆による抵抗、なによりもまず石油労働者とその労働組合によって頓挫させられている。



*イラク戦争は我々をより安全にすることはなかった。拷問と異常な演出と無期限の拘束と暴力的でひどい襲撃と街頭での罪もない市民の射殺と人身保護令状[特に違法な拘禁を防ぐために被拘禁者の出廷を命令する令状]の欠落という米国の政策はアメリカ人に対する憎しみと過激主義の炎を燃え上がらせた。米国軍がイラクや他のムスリム諸国に駐留しているまさにその事が彼らの人員を募集する手段になっているのである。





以上から、末尾に署名する個人と団体の我々は今回の部隊の撤退の機会にオバマ政権と議会に以下の行動を取るように要求する。



*イラクから全ての米軍と軍事契約要員を撤退し全ての米軍基地を閉鎖すること。



*イラク人が基本的な社会基盤を修復し、何百万人もの国内外へと家を追われた何百万人ものイラク人のための増加した費用を回復する助けとなる補償を行うこと。



*戦争による精神的肉体的負傷に苦しむ米国兵士を十分に支えること。



*米国をこの大惨事に引き込んだ責任のある政府当局者を訴追すること。



*資金を戦争から、環境に優しい雇用に焦点を当ててアメリカを再建するための財源に変えること。



*この破滅的な介入の教訓は連邦議会とオバマ政権がアフガニスタンでの戦争を終わらせる弾みにしなければならない。アメリカ国内の真の安全を作り出しアメリカを再建することに焦点を当てる時である。



Bay Area Labor Committee for Peace & Justice

[サンフランシスコ]湾岸地区平和と正義のための労働者委員会

CODEPINK: Women for Peace

コードピンク:平和を求める女性の会

Community Organizing Center

地域組織化センター

Courage to Resist

抵抗する勇気[派兵拒否兵士の支援組織]

Fellowship of Reconciliation

友和会[宗教の宗派を越えた平和組織]

Global Exchange

グローバル・エクスチェンジ

Institute for Policy Studies' New Internationalism Project

政策研究所・新国際主義プロジェクト

Iraq Veterans Against the War

戦争に反対するイラク帰還兵の会

Jeannette Rankin Peace Center

ジャネット・ランキン平和センター

Just Foreign Policy

公正な外交政策を求める会

Military Families Speak Out

声を上げる軍人家族の会

Nicholas (Nick) Dibs, Independent candidate for Congress

ニコラ(ニック)・ディブス 無所属連邦議員候補

Pax Christi ? USA

パックス・クリスティー・USA[カトリックの平和運動団体]

Under the Hood

アンダー・ザ・フード[フォート・フード基地前の反戦カフェ]

United for Peace and Justice

平和と正義のための連合

US Labor Against the War

米国反戦労働者の会

Veterans for Peace

平和を求める退役軍人の会

Voices for Creative Nonviolence

創造的非暴力の声

Voters for Peace

平和を求める有権者の会

War Is a Crime

戦争は犯罪だの会

Women's International League for Peace & Freedom (WILPF) Los Angeles Branch

婦人国際平和自由連盟(WILPF)ロサンジェルス支部[1915年創設の国際女性平和団体]





追加の署名者は以下のリンクを参照してください

http://www.womensaynotowar.org/article.php?id=5510



以上、転載おわり。

イスラエルBDS署名主催者から署名者へのお礼と報告

  • 2010-07-25 (Sun)
  • 911

署名が予想以上に集まり、大きな一歩を踏み出せたみたいです☆

ただ、さらなる署名が必要そう。


<転送・転載お願いします>
22日に受け取ったもので少し時間が経ちましたが、以下の私(請願に署名された方に送られてきたであろう皆さんにも)に送られてきた手紙の邦訳を下記につけて送信します。
邦訳の下にあるのが、英語の本文です。まずは、請願署名に協力していただいた皆さん、ありがとうございました。

阪口 エキン Free Gaza Japan

--------------------------------------

koichi さん

大興奮!!

私は経験した出来事にいまだに少し圧倒されながら、TIAA-CREFFの年次総会から戻ったばかりのニューヨーク市でこの報告を書いています。

請願署名に参加してくださった皆さんの一人一人が私たちと共に年次総会の会場にいてくれた事の意味を正確にお伝えする事が私にはできません。署名賛同者は正確に15300人を数えました。賛同者のみなさんのそれぞれが請願書や葉書に署名してくれたり、お住まいの地域で何百もの署名葉書 を集めてくれたりしました。その事実がどのような結果を生み出したかお分かりになりますか? その事が私たち、そしてTIAA-CREFF指導部に対しても大きな違いを生み出したのです。

昨日、私たちは最終的にTIAA-CREFFに対して直截にイスラエルの占領から利益を得ているキャ タピラー社やエルビット社のような会社からの投資引き上げを求める機会を得ました。会場にいた仲間の活動家は言いました。「今日、この事実(直截にTIAA-CREFFに対して投資引き上げを求める機会を得たということ)が本当の敵陣突破だった」私にはそれに付け加えることばがありません。

総会では、TIAA-CREFF社に定年退職口座を持つ人々が立ち上がって発言することが出来ます。私たちにはTIAA-CREFFの経営陣へ署名葉書を届 けるようあらかじめ指名した発言者がいました。その他に、立ち上がり、差別や殺害そして破壊から利益を得ている会社に対して自分たちのお金を投資しないよう、そしてさらなる希望と平和を常に推し進めるよう求める、その多くが教授や教員である幾人かの人たちを知っていました。

その場で起こったのは特別な出来事でした。初めに5人、そして10人、それらが14人、さらに多くの人々が立ち上がって、次々にTIAA-CREFFがイスラエルの占領から利益を得てはいけない理由について、心から発言し始めたのです。これらの人々は平和を求めるユダヤ人の声のメンバーだけではなく、自然に私たちのキャ ンペーンを支援する発言へと至った、私たちとはまったく異なる理由から総会に参加しているTIAA-CREFFの株主も含まれていました。

その場でイスラエルの占領を擁護する発言者は皆無でした。ただの一人もです。けれども、TIAA-CREFFに対して本当にイスラエル占領から利益を得ている会社から投資を引き上げさせる変化を起こすためには、さらなる運動の力が必要なことを理解しています。そのために、15300署名が25000、そして50000人へと届くよう、皆さんのさらなる協力が必要なのです。

昨日の会場は、正義、完全なる平等、そしてイスラエル人とパレスティナ人の間の平和の存続を求める私たちの声に支配されていました。本当にたくさんの感銘を与える勇気ある平和を求めるユダヤ人の声の活動家たちが、立ち上がり、TIAA-CREFFが文字通り投資することによって如何に殺人と破壊を助長しているのかを、そしてTIAA-CREFFが破壊への投資をやめて新たな道を歩み出すよう求める発言を行いました。

総会開催中、私たちはTIAA-CREFFの最高財務責任者に対して直接に署名された請願書と葉書のたくさんの束を手渡す光栄を得ました。そして、どれだけ多くの人々を私たちが代表しているのかをTIAA-CREFF首脳部が確認して会場のエネルギーが変化する様子を感じることが出来ました。TIAA-CREFFの最高責任者は明日、私たちのキャンペーンチームとの会合を持つと発表しました。彼らが真剣に私たちの要望を受け取ったことを私は確信しました。

あの会場に居合わせて目にしたこと耳にしたことからの影響を受けないことは 不可能なことでした。想像して見てください。世界最大の金融サービス会社のひとつの重役用会議室にてイスラエルの占領についての何時間にも及ぶ陳述がなさ れたということを。経営陣と取締役たちは静粛に発言に耳を傾けていました。

私たちは、今回の行動が始まったばかりであり、TIAA-CREFFに投資引き上げを本当にさせるまでの闘いの道のりが長いものであろうことを知っています。アメリカニュース アンド リポートやイン サイド・ハイヤー EDやイスラエルのハーレツ、タブレット、ジューイッシュ・テレグラフィック・エージェンシーで報道されることにより、私たちの話はすでに世界中に広がっています。

参加してくれたあなた方ひとりひとりがこれらすべてを可能としました。そして目的を実現するにあたる一歩、一歩をあなた方が私たちと共に歩んでいけるよう計画を立てています。あなた方の賛同にさらなる声を加えてください。私たちはすでに15300署名で衝撃を与えていますが、50000人署名へとさらなる賛同を求めていきたいと思います。

請願への参加、本当にありがとうございます。もし、その場にあなた自身が居合わせれば動かされ感銘を受けたであろう事が確実なひとりひとりの発言を映像に収めることができていたらなあと思います。 しかし、そこにいた誰一人決して忘れることはありません。

さらなる前進へ

アーロン レビット

平和のためのユダヤ人の声

追記 昨日の総会で、TIAA-CREFF共同の指導部が、平和のためのユダヤ人の声と今朝、直接の会合を持つことを発表し、そして、その会合が今朝、持たれました。これは本当に刺激的な一歩です。そして、また、始まったばかりに過ぎません。私たちは、新たな署名を、特に大学教授や教職員そして医療関係者や非営利団体職員を主としたTIAA-CREFF参加者からの署名を獲得するために、あなたのさらなる協力を必要としています。




英語の原文は 続き にて。

Continue reading

火曜日までに10000通。イスラエルBDSへの署名にご協力を!!

  • 2010-07-17 (Sat)
  • 911
平和つむぎ ML より。転載大歓迎とのこと。

私も署名しました。

署名サイトは英語ですが、手順が書いてあるのでわかりやすい。

この TIAA-CREF というのは、wiki によると United States とあるのでアメリカ合衆国内の団体ですね。

火曜日までに10000通。イスラエルBDSへの署名にご協力を!!


阪口です。 

転送・転載大歓迎です。ぜひ協力してあげてください。

Jewish Voice for Peace が、TIAA-CREFの年次総会の日、来週の火曜日ま
でに10000人の賛同署名を集めています。下記のJewish Voice for
Peaceのサイトを読めば書かれてあるのですが、教職関係者などの年金運用
団体であるTIAA-CREFが、イスラエル軍への納入、そしてパレスティナ人の
家屋破壊には必ずといっていいほど使用されるキャタピラー社などのパレス
ティナ占領によって利潤を得ている会社を投資先としているというのが、
BDSの理由です。賛同の主旨は、当然、そのような、占領に加担するような
会社に投資をするな、引き上げなさいということです。
ご協力を!!

●請願署名を呼びかけている団体 Jewish Voice for Peace のサイト 
http://www.jewishvoiceforpeace.org/content/jvp-mission-statement

目的として、ガザ、ヨルダン川西岸地区、東エルサレムのイスラエルによる
占領終結を求めること、パレスティナ問題の解決には、イスラエルとパレス
ティナ双方の安全と自己決定権なしにはありえないこと、難民問題の解決
は、国際法に則って解決されなければならない、、、等、団体の基本理念と
行動目的が書かれている。

●TIAA-CREFのサイト
http://www.tiaa-cref.org/public/about/index.html

教育、医学、研究の分野に携わる人の為の年金保険運用団体

----------------------------------------------------------

From: Jewish Voice for Peace
「平和を求めるユダヤ人の声」より

Subject(件名): We need 10,000 signatures by Tuesday!
火曜日までに署名10,000筆を求めています!
To(宛先): aamirq@yahoo.com
Date(送信日時): Thursday, July 15, 2010, 9:06 AM
2010年7月15日 火曜日 9:06 AM

Jewish Voice for Peace
平和を求めるユダヤ人の声
Help us get 10,000 signatures for divestment by Tuesday!
資本引き揚げを求める署名10,000筆を火曜日までに
集めるのにご助力ください!

Dear aamir,
アアミル様  

This coming Tuesday, July 20th, CREF will hold its annual
meeting in New York City. This is the one time a year where the
leadership of TIAA-CREF sits down with fund participants and listens
in person to their concerns. We certainly have a concern about the
Israeli occupation, and we want to make sure that they hear us loud
and clear.
来週火曜日7月20日に、CREFがニューヨーク市で年次総会を開きます。
この総会は年に一回開かれ、TIAA-CREFの首脳部が出資者と同席し、出資者
の持つ懸念を直接聴取します。私たちはイスラエルによる占領について心配
しており、私たちの言い分を首脳部に確実に理解させたいと願っています。

Israeli bulldozers resumed bulldozing Palestinian homes in East
Jerusalem this week. Palestinians suffer and TIAA-CREF earns a
profit. Why is TIAA-CREF invested in Caterpillar?
今週東エルサレムでイスラエルのブルドーザーがパレスチナ人の家いえ
の取り壊しを再開しました。パレスチナ人が被害を受け、TIAA-CREFは利益
を上げているのです。TIAA-CREFはなぜキャタピラ社に投資したのでしょう。

We have barely started collecting signatures for our petition,
and as of this morning we have surpassed the 5,900 mark. Help us
greet the fund's directors this Tuesday with 10,000 names in favor
of divestment!
私たちは署名を集め始めたばかりであり、今朝の段階で5,900筆を超え
ました。次の火曜日に資本引き揚げに賛成の署名10,000筆を持って基金の
ディレクターに挨拶できるようご助力ください。

We know that TIAA-CREF is taking us seriously, but this is only
the beginning. We need your help to keep our momentum growing and
let TIAA-CREF know that more and more people are asking it to divest
from injustice.
TIAA-CREFが私たちを真面目に扱ってくれることを私たちはわかってい
ますが、これはまだまだとっかかりに過ぎません。私たちの運動を強化し続
け、TIAA-CREFに更に沢山の人びとが不正義から資本を引き揚げるよう要求
していることを知らしめるのに、貴方のお力が必要です。

We're coming to the meeting on Tuesday with a large number of
postcards. So many of you asked for postcards that we ran out!
Please sign our petition online. Whether you've signed the postcard
or the petition, we will bring you with us to the July 20 meeting!
火曜日の集会には多量の葉書を持って参加します。とても多くの方がた
が葉書をお求めくださったので、もう無くなってしまいました。どうか私た
ちの署名にサインしてください。皆さんが葉書にサインされたか、署名にサ
インされたかにかかわらず、私たちは皆さんと一緒に7月20日の総会に参加
しようと思います。

Thanks,
どうも有難う。 

Sydney Levy
シドニー・レビ
Jewish Voice for Peace
平和を求めるユダヤ人の声

* Check out our new blog, www.TheOnlyDemocracy.org
私たちの新しいブログをご覧ください。
* Contact us directly at Jewish Voice for Peace. 1611
Telegraph Avenue, Suite 550. Oakland, CA 94612 510-465-1777 info@jvp.org
平和を求めるユダヤ人の声に直接私たちとコンタクトしてくださ
い。1611テレグラフ・アベニュー、550室、オークランド、カリフォルニ州
94612、Phone:510-465-1777.
(この手紙の翻訳:寺尾光身)

~~~~~~~~~~~~~ 署名の仕方 ~~~~~~~~~~~~

阪口です。先のイスラエルボイコット署名協力のメールに関して、英語が
苦手ですとのメールが何件か来ました。それに加えて、シンプルテキストし
か受け付けないMLもあり、内容が分かりずらかった方もいらっしゃったと
思いますので、よりシンプルに邦訳して書き換えました。転載・転送にご協
力ください。

初めに、

http://jewishvoiceforpeace.org/campaigns/tiaa-cref-divest-occupation

でJewish voice for Peace のBDS署名サイトを開きます。

真ん中に黒い四角形で、CREF is meeting on July 20: Help us get 10,000
signatures! Sign the petition. (7月20日にCREF社の会合があります。
10000件の署名集めにご協力を!! 請願に署名を。)と書かれた図が
あります。

そこをクリックして下さい。

するとこのような文章を目にします。これは、今回の賛同署名の主旨を、
TIAA-CREF:へ求める内容が記されています。

TO TIAA-CREF:
Please refrain from investing in any company that contributes to
violations of human rights or international law by:
・Directly profiting from, or contributing to, the Israeli
occupation of the Gaza Strip and the West Bank, including East
Jerusalem.
・Providing products or services that contribute to the construction
and maintenance of Israeli settlements and/or the Separation Wall,
both of which are illegal under international law.
・Providing products or services that contribute to or enable
violent acts that target civilians.
I also request that you establish investment criteria to exclude any
such investments in the future.
As one of the largest financial services companies in the world,
changing your policies will send a message of hope to Palestinians
and Israelis who seek peace and justice.

(以下、さかぐち邦訳)

下記に記した活動によって、基本的人権あるいは国際法に違反する行為に貢
献している企業への投資を控えるようお願いします。
●ガザ地区、東エルサレムを含むヨルダン川西岸地区のイスラエル占領から
直接利益を得ている、もしくは占領に貢献している。
●国際法で違反とされているイスラエル人入植者地や分断壁の建築または管
理に資するサービスや製品の提供。
● 民間人を狙った暴力行動に資する、あるいはそれらを容易にする製品や
サービスの提供。
●また私は将来的の上記のような企業への投資を除外する投資に関する規範
を御社が確立されることを要求します。
●御社が世界最大の金融サービス会社のひとつである点に係わり、御社の方
針変更は、平和と正義を求めるパレスティナ人とイスラエル人へ希望を与え
るメッセージとなることでしょう。

この主旨に賛同し署名をするのであれば、同じページの右側に半角ローマ字
で記入した後、

・first name あなたの下の名前を記入してください。例 hanako (花子)

・last name あなたの苗字をお書きください。    例 yamada (山田)

・Email あなたのメールアドレスを

・phone あなたの電話番号

・city お住まいの都市名を           例 Tokyo (東京)

・State/Province これは日本でいうと都道府県に当たります。右の矢印を
クリックして、最後のother を選択します。

・Zip/Postal Code あなたの郵便番号      例  550-5534

・country 国名                 例   Japan

・Anything else you want to tell us?      例   Fight
何か意見があれば書いてください together till end the
Israeli occupation.
イスラエルが占領を止める
までともに闘いましょう。

・ Your title/position (for id only) 肩書き/地位

・ At institution (for id only)  所属

Check this box if you are a TIAA-CREF
もしあなたがTIAA-CREF社の参加者もたは
加入者であればボックスをクリックしてください。

そして、Sign Petitionをクリックします。これで、請願署名の完了です。

映画『ZERO:9/11の虚構』予告編01

  • 2010-07-17 (Sat)
  • 911

映画『ZERO:9/11の虚構』予告編01

http://www.youtube.com/watch?v=07l1mZMzefE

世界で話題の9/11ドキュメンタリー映画の決定版!

東京都写真美術館ホールにてイブニングショー
2010年9月11日(土) ~ 9月24日(金)18:40~

■ 映画『ZERO:9/11の虚構』公式サイト:http://zero.9-11.jp/

米国同時多発テロが起きたのは2001年9月11日。
あれから9年。
事件について、私たちは、何を、どれだけ知っているのか?
今こそ、向き合う時ではないか?
私たちの手に、事実は何もないことに。

原版(イタリア語)の制作(2007年秋)以来、
ローマ国際映画祭(2007年10月)
ブリュッセルEU議会場(2008年2月)
ロシア国営放送(2008年9月)
で上映された、注目の長編ドキュメンタリー。
事件から9年後の2010年9月、ついに日本語版が上映決定。
今とこれからの世界を、見つめ直したいあなたに贈ります。

---------------------------------------------------------------------
原作(イタリア語):TELMACO(伊)
英語版制作・国際配給:MercuryMedia International Ltd(英)
日本語版制作・国内配給:ハーモニクス・プロダクション
日本語版宣伝・国内配給:株式会社リンク
協力:ワールドフォーラム

メモ。911。ファティマの予言。

  • 2010-07-10 (Sat)
  • 911
世界の90%が余剰人口!

http://www.youtube.com/watch?v=vdjtobllIZY

人類滅亡?! ファティマの予言 2/2

http://www.youtube.com/watch?v=ToSPxb_PP_Q




9.11 ミステリー1 911事件の謎

http://www.youtube.com/watch?v=3vfouhgEUY4

9.11 ミステリー2 911事件の謎

http://www.youtube.com/watch?v=KEc5t-m-8_c


ブッシュ「戦争が経済回復の一番の方法」

  • 2010-07-09 (Fri)
  • 911

メモメモ。

きくちゆみのブログとポッドキャスト - 「経済を回復させる一番の方法は戦争だ」  2010/06/22
http://kikuchiyumi.blogspot.com/2010/06/blog-post_22.html

クイズです。これは、誰の言葉でしょう?

「経済を回復させる一番の方法は戦争だ。アメリカは戦争で(経済が)強くなったのだ」

当時のアルゼンチンの大統領にブッシュが語った言葉が、今度のオリバー・ストーン監督の新作"South of the Border"(米国で2010年6月25日にNYで初公開)の中で明らかにされました。

この作品をデモクラシー・ナウのエイミー・グッドマンが取り上げ、このサイトの30分から31分でその部分を聞くことができます(全部で59分あり、映画の一部がご覧になります)。
http://www.democracynow.org/2010/6/21/academy_award_winning_filmmaker_oliver_stone

『戦争中毒』やドキュメンタリー映画『テロリストは誰?』を日本に紹介してきた私にとって、この言葉は驚きではありません。ウォールストリートの強い影響を受ける米国政府が、ずっとそう信じて、その通りやっていることは明らかですから。

ただし、現役のアメリカ大統領が他国の現役の大統領にそれを語った、ということが注目に値します。そして、そのことがこれまで報道されなかったことも特筆すべきでしょう。

なぜ、このブッシュ大統領の問題発言を誰も取り上げなかったのでしょうか(ちょっと事情を知っている人に取っては、当たり前のことだよ、何をいまさら、って感じですかね?)。

アメリカの経済を回復させるための戦争で殺された人、家族や愛する人を亡くした人、手や足や目や家や仕事を失った人にとって、この言葉はたまったものじゃありません。

ブッシュ大統領がホワイトハウスを去り、オリバー・ストーン監督がいわゆる「反米」に転じた南米諸国の大統領(ベネズエラ、ブラジル、エクアドル、ボリビアなど)に着目したドキュメンタリー映画を作り、それを今回、デモクラシー・ナウが取り上げたために、初めて明らかになったのです。(それをアメリカの友人が私に教えてくれたので、私も知ることができた)

映画、そして、人のつながりのパワーってすごい。

3月のワシントン反戦デモ集会で、元米兵が主張する

  • 2010-07-01 (Thu)
  • 911
Anti War Rally in Washington, DC. March 20, 2010
2010年3月20日に開かれた、ワシントンでの反戦デモ集会。

屈強そうな元米軍兵士が、強い口調で語り、政府や軍を批判します。


全部は訳せないので、拾った言葉をちょっと載せると、


「戦争で稼いでいるやつら」

「オレはもう de-programed された(洗脳が解けた)」

(軍に対して何か言いたいことは?) 「 Fuck You. 」


e.t.c.。。。


Afghanistan War Veteran - Collateral Murder
アフガニスタン戦争の帰還兵 - 間接的な(副次的な?)殺人

http://www.youtube.com/watch?v=rq3AC7eyBRs

※ 誰かこれに字幕をつけてくれーーーー

アフガニスタン側が、止まない自爆テロは米国の仕業じゃなかろうか?と疑い始めた。

  • 2010-06-29 (Tue)
  • 911
なんと、アフガニスタン大統領のカルザイ氏が、

  「自爆テロ等の実行犯が実はタリバンではなく米国関係者なのではないか?」

と、ついにアメリカに疑いを抱き始めたらしい。


かなり重大な重要なニュースにも関わらず、日本でそんな話は聞こえてこないです。



情報流通促進計画 - 
  アフガンはアメリカにテロについて疑いの目を向け始めた~と思ったら、鉱山が見つかったって?
  2010-06-14
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/d7731be872a3c9d2fef1177acd068f2a


アフガンはアメリカにテロについて疑いの目を向け始めた~と思ったら、鉱山が見つかったって?

有事法制関連 / 2010-06-14 22:12:31

 米軍はイラクから撤退し、アフガニスタンを補強する方向で進めているようだが、当のアフガニスタンがテロ実行犯が実はタリバンではなく米国関係者ではないかという疑いを持ち始めたというニュースがニューヨークタイムズで報道されたが、例によって、日本の新聞は米国が血塗られていることを思わせるような情報は掲載しない。これだけでも、驚きだが、そのニュースの2日後、アフガニスタンで90兆円もの鉱物資源がある可能性が同じニューヨークタイムズで報道された。鉱物資源はタリバン制圧地域にもあるという。もちろん、この発見がガセネタとまではいうつもりはないが、アフガン政府が歯向かう素振りを見せたとたんに、飴をなめさせるかのようなタイミングとなったことには、驚きだ。

 日本ではカルザイ・アフガニスタン大統領の次のようは発言はほとんど伝えられていないと思う。6月11日付のニューヨークタイムズだ。例によって超訳ご容赦。

http://www.nytimes.com/2010/06/12/world/asia/12karzai.html?th&emc=th


Two senior Afghan officials were showing President Hamid Karzai the evidence of the spectacular rocket attack on a nationwide peace conference earlier this month when Mr. Karzai told them that he believed the Taliban were not responsible.
アフガンの政府要人2人が、今月初めの平和会議におけるロケット攻撃に関する証拠をカルザイ大統領に見せたとき、カルザイ大統領はタリバンの犯行ではないと考えていると語った。


“The president did not show any interest in the evidence ― none ― he treated it like a piece of dirt,” said Amrullah Saleh, then the director of the Afghan intelligence service.
「大統領は証拠にまったく興味を示さなかった。ゴミのように扱った」とアフガニスタン情報局のディレクターだったアムルラ・サレ氏は話した。

Mr. Saleh declined to discuss Mr. Karzai’s reasoning in more detail. But a prominent Afghan with knowledge of the meeting, who spoke on condition of anonymity, said that Mr. Karzai suggested in the meeting that it might have been the Americans who carried it out.
サレ氏は、カルザイ大統領がそうした理由などについて詳しく話すことはなかったが、この報告について知っているアフガン高官は、匿名を条件として、「カルザイ大統領が報告の場でアメリカが実行した可能性があると示唆した」旨話した。

 重大なニュースだ。

 アメリカがこれまで行ってきたマッチポンプ戦争と同じことが自国でも行われているのではないかとアフガニスタンの最高指導者が疑念を抱き始めたということだ。

 アメリカは、第2次大戦後、自衛戦争ではなく、自らの利益を確保するためにさまざまな戦争を行ってきた。ときには、それは戦争を起こした地の住民の大半にも受け入れられることとなったものもあったが、ベトナム戦争やイラク戦争に象徴されるように、当初はそれなりに理由があると思われつつも、結果的に、理由なき開戦、利己的な戦争との刻印を押されるものも多い。

 そして、米軍がイラクからアフガンにシフトしようとするいま、アフガニスタンの最高指導者が、アフガンでのタリバンの自爆攻撃を、イラク開戦時の大量破壊兵器の存在のようにアメリカによってつくられているのではないか、と疑念を抱いたことは、きわめて重要なニュースだと思う。

 (中略)

 もちろん、米国に追従する日本のメーンストリームメディアのほとんどは、この特ダネを伝えることはないようだ。

 (後略)






米軍が、民間車両を検閲すると見せかけて爆弾をしかけておき、タイマー OR 遠隔でボカーン!

(実際に全くの民間車両に爆弾がしかけられていた、という証言があります。)

そして TV 、新聞では、

  「国際テロ組織アルカイダの犯行とみられる」

  「反政府武装勢力タリバンの犯行とみている」

  「アルカイダの犯行声明があった」



・・・これって、情報・メディアを掌握していれば、どうとでも歪曲して伝えられますよね?



もしこういう作戦が行われているとしたら、それを実行した米軍兵士がいるはず。

そいつの証言は得られてないのかな。

それとも、そういう作戦は一般兵士ではなく、特殊部隊か CIA かわからんが、秘密を死守できる連中が行っているのか・・・。


・・・自分の文章は推測が多すぎるのでここら辺で。



というわけで、 「北朝鮮による韓国哨戒艦沈没」説 にもしっかりと疑いの目を向ける必要があります。




「立ち上がるイラク帰還兵 IVAW」の DVD を観ました。

  • 2010-06-27 (Sun)
  • 911
『アメリカ帰還兵(IVAW)・イラクに誓う』 の DVD を観ました。

『冬の兵士』 の続編でしょうか。


サンプル視聴 【アメリカ帰還兵(IVAW)イラクに誓う】 - マブイ・シネ・コ-プ
http://homepage2.nifty.com/cine-mabui/sample_ivaw_iraq.html



DVD の第Ⅰ部は、イラク人とアメリカ人が共に参加した集会で、元米軍兵士2名の壇上での証言をまとめたもの。

2009年4月?にイラクで開かれた「国際労働者大会」 の様子です。



証言の一人目は、アーロン・ヒューズ君(イリノイ州出身)。

2003~2004年、イラクで従軍。任務は民間業者の護衛。



民主主義を守り独裁政権で苦しむ人々を助けるんだ。と思っていました。

しかし実際イラクに着いてみると、現実は違っていたんです。



結局、1年数ヶ月の期間を経ても、来たときと帰るときでイラクの状況は何一つ変わっていなかった。

帰国後、IVAWを知り、参加。


戦争には民主主義も人間性もありません。

軍隊というのは人を殺すためのものです。

それで民主主義をつくるなんてそもそもありえないことです。


僕はいま僕たちが声を上げることが、戦争集結につながるんだと思っています。





2人目は、元米軍将校、トーマス・ブオノモ君。

彼はイラクへ従軍はしていないが、軍で ”情報” を扱っていたとのこと。



今日は情報というものの力について。

人々に真実がわからないようにしておくことの重要性についてお話しします。



で始まる。


彼は軍で、存在しない大量破壊兵器の保有と、サダム・フセインとアルカイダの関係を教え込まれ、イラクに民主主義をもらたすための作戦だと聞かされる。

しかし、これらはすべてウソで、政府による情報操作と歪曲であったと後に知る。

そしてペンタゴンがイラクのジャーナリストを買収して都合のいい情報をメディアに流させていたこと、政府自身がイラクの石油を強奪するために多国籍企業と結託していることをも知る。

ジャーナリストの買収については、「目撃した」、とのことですので、これは重大な証言ではないでしょうか。



彼は涙をこらえ声を詰まらせながら、イラクとイラクの人々へ謝罪する。


『たとえ宗教、政治、言語の違いによって私たちが分かたれることがあっても、

再び政府によって私たちが分かたれることが二度とないように、

僕は皆さんと共に戦い続けます。』



米国政府による情報操作、ジャーナリストの買収、そして他国の石油強奪。

直接・間接にイラク戦争に関わった元米軍兵士自身による証言。


これはぜひオススメしたい1枚です。


IVAW からイラクへ派遣された、若い2名の元米軍兵士の決意を、この DVD で感じてみてください。



『アメリカ帰還兵(IVAW)・イラクに誓う』
http://homepage2.nifty.com/cine-mabui/ivaw_iraq.html

DVD 26 分 個人 3,000円 団体 10,000円

※ 26分とあるけど、第Ⅱ部もあわせたらもっと長かった気がするなぁ。





さてさて、政府によるそれらの犯罪行為の具体的な ”証拠” はどこで見つけられるだろう?


また自爆テロ。

  • 2010-06-22 (Tue)
  • 911
自爆テロ?

バグダッドで自爆攻撃、26人死亡

http://www.youtube.com/watch?v=hOpnGXBG4WA

目的は?ターゲットは?



イラクの橋爆破が米軍自作自演・捏造だった証拠ビデオついに発見!
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=654
http://taruwosiru.seesaa.net/article/103141518.html

イラクレジスタンスレポート~隠された真実、日本語字幕付
http://gooyan.kitaguni.tv/e503883.html


誰が本当のテロリストでしょうか。

メディアの情報操作に騙されずに、真実を見極めていく必要があります。

こんなところでもアメリカが捏造報道

  • 2010-06-21 (Mon)
  • 911

ベネズエラ・チャベス大統領に対し、欧米・日本メディアが如何にでっちあげ捏造報道をして世界中を騙してきたかの証拠映像と真実!
http://www40.atwiki.jp/inkyo/pages/14.html

イラクのレジスタンスの主張。日本語字幕付き。

  • 2010-06-21 (Mon)
  • 911

アメリカが呼ぶところの、いわゆる 「テロリスト」 の主張。

これが真実だとするなら、メディアは、完全に誤った 「テロリスト」 像を伝えていることになる。

もしこのビデオの通り、自分の国と国民のために命をかけて ”侵略者” と戦う戦士たちならば、

そもそも彼らに「テロリスト」という呼称はふさわしくない。


ゴーヤンのぼやき日記 - イラクレジスタンスレポート~隠された真実、日本語字幕付 2008年03月23日


イラク情勢ニュースにUPされてたイラクレジスタンスレポートの動画です。

隠された真実  日本語字幕付/1920年革命旅団製作 Video: The Hidden Facts

今回の石油価格上昇も、米国が戦費を調達するために吊り上げたとかいったことも言ってるようで、たしかにその可能性も十分考えられます。

いつも米国発の一方的に操作された情報しか聞くことのない日本にあって、たまには反対側の言ってることも聞いてみてくださいw

http://photozou.jp/photo/show/140261/7954646




このビデオ、著作権もクソもないから訴えるやつもいないだろうに、なぜかサイト側によって一度は削除されたそうです。



まったく・・・このビデオで言ってることは、いたってまともなことばかりじゃないか。


上記のビデオより抜粋。

09:02 ~

戦争の本当の理由はご存知の通り

石油であり

世界制覇であり

企業のための政府であり

イスラエルと呼ばれる国の安泰です。



09:53 ~
倫理観と決意をもって
自らの権利を獲得し得ることや
米国メディアの戦争原因論は全く嘘だと
レジスタンスは世界に証明しました

異なる宗教が何千年も平和的に共存してきたのに
なぜ今それが問題なのでしょうか

屁理屈や宗教対立を持ちだすのは
いずれにせよ
利益を得るための言い訳にすぎません

尊敬すべき世界中の人々
尊厳と自由のために戦う人々

反グローバリズムと平和運動に
果敢に邁進する
全ての人々に 我々は感謝します

この戦争を止めるため努力してきた人々

政府の知的犯罪に立ち向かってきた人々
その全ての人々に 我々は感謝します

神のご加護があらんことを祈ります
不撓不屈の精神でがんばってください

米国の皆さんはすでに気付きました
なかでも数百万の尊敬すべき人々は
イラク人は敵ではなく 皆さんの悲嘆は
我々の責任ではないと確認したでしょう

我々の国イラクを占領しているのは
貴方の国の軍隊です

傲慢な戦争犯罪が 皆さんの国と
軍隊の名誉を傷つけています
自由のために戦おうとしない民主主義は
独裁よりも悪いと考えます

ホワイトハウスから戦争犯罪者を
追放しようとする皆さんの努力は
米国政府の常識を変えました

戦争を終わらせようとする
皆さんの意思に反して
傲慢に主張するブッシュには失望しました


15:00 ~
最後に ブッシュとその背後にいる者たちに宣言します

貴方は望むままに 自分の計画立案と実行に着手するがよい
それは我々も同じです

ハイテク装備と最新の軍事力で
兵士を戦場に送るがよい

原始的でも 創造性豊かに迎え撃ち
米軍の優位性をくつがえしてみせましょう

愚かで傲慢な足跡を多く残していないで
我々の足跡も辿ってみて
全軍をあげて攻撃してみたらよい

自軍の犠牲者数を誤魔化すのもよい
我々は次の米軍新兵を迎え撃ちましょう

石油価格を上げるのもよし
周辺石油産油国を強くするのもよい
お株を奪って このバグダッドとバビロンで
御前の背骨をヘシ折るまで
占領経費を増やしてさしあげよう

バビロンの歴史を紐解きながら
変則的で 適応性に富み
非対称的な 逆転の発想で迎え撃つ
その戦法が普遍の戦い方になるでしょう

善なる者に勝利を!
1920年革命旅団
メディア・オフィス バグダッドにて
2007年9月8日




かつてのブッシュ大統領の感情的で(後から考えると)支離滅裂な「対テロ」演説より、よっぽど理知的で筋が通っている感じが。

【9・11テロから3年の今 ブッシュの戦争政策に未来はない ウソと開きなおりの共和党大会】
http://www.mdsweb.jp/doc/854/0854_23a.html

Home > 911

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。