Home > Anti Gravity

Anti Gravity Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

リフターを煙でチェック


リフターが反重力かどうかについて、足りない脳みそで考察してみた。


LIFTER SMOKE TEST

http://www.youtube.com/watch?v=71v5sFu7LT8

lifter smoke test

http://www.youtube.com/watch?v=zB6mMSIn9wE


リフターがもし本当に反重力で浮いているなら、(自分の考えとしてはですが)翼付近ではエーテルが上向きに吹くので、煙も上向きに昇っていくはず。

(正確に言うと、「通常は、周りの空気より温度の高い煙は自然に上昇していくが、鉛直上向きのエーテル風によって、自然な煙の上昇スピードより速くなるハズ」、です。)


だけど・・・この映像では、煙は逆に 「下へ向かって」 降りていく。



やはり、「空気を下に押し出すことで、そのわずかな反作用で浮いている」 と考えるのが妥当な気がする。

イオン風、という説ね。

低速で安定飛行できる新しい飛行技術。

低速で安定飛行できる新しい飛行技術。

FanWing Demonstration Flight at ParcAberporth International UAV/S Event June 2008

http://www.youtube.com/watch?v=asJqvrikQSA

※ AntiGravity 装置ではありません。ねんのため。

Antigravity Mechanism

なぁにこれ???

Antigravity Mechanism - http://www.tsiriggakis.gr

http://www.youtube.com/watch?v=-ySUr7iD-uU


Antigravity Mechanism - http://www.tsiriggakis.gr

http://www.youtube.com/watch?v=0YLhCuyE1rA

ビデオの投稿日が 2009.6.6 と、割と最近なのが頼もしい。

まだ on going らしい。


NASA あたりは別としても、反重力装置、どこかで作られてる気配はするんだよな~。

はやく世に出てコーイ


http://www.tsiriggakis.gr/
http://www.tsiriggakis.gr/sm.html

1. Antigravity Mechanism

The result of an intensive special research that Mr. Tsiriggakis has been conducting since 1983 is the ongoing construction of a mechanism.

This mechnanism is equiped with special sensors and brings us very close to the study of gravity.

When this mechanism is in operation at capacity its weight is reduced.
この機構が稼動すると、その重量が減少します。

Therefore, we have the principle of a new kinematics theory in physics - Antigravity Mechanism.


However, much more information is going to be published very soon.

UFO's Hidden Evidence - Lifter を番組で紹介してる

UFO's Hidden Evidence ( UFO の隠された証拠)
http://www.youtube.com/watch?v=Ta1wO8EcERY

イオン風が起きるのが浮く理由とのこと。

イオン風=反重力

といえるのだろうか・・・?


UFO ANTI-GRAVITY AND THE FACTS ABOUT IT & その追試ビデオ

なかなか興味深いので、しばらくこの記事を先頭において置きマス。

なぜ浮くの?

でも、金属板の上でしか浮かないような雰囲気が漂ってマス・・・。


追記 2009.05.14
コイルには交流電流が流れている。
ある方向に電流が流れるとコイルに磁界が生じ、その結果誘導電流として金属板には渦電流が流れ、コイルの磁界を妨げるような(=コイルを浮かせるような)向きに磁界ができる。直流なら渦電流と反発磁界はすぐに消失するが、例えば 60Hz の AC なら1秒間に60回、反発磁界が金属板に連続して生じる。でそのため、コイルが浮くんじゃないかと。下に金属板が無くても浮くのであれば、反重力なんだろうけどなぁ・・・。この考え方間違ってますか?



UFO ANTI-GRAVITY AND THE FACTS ABOUT IT

http://www.youtube.com/watch?v=BYYM4PDqAoU

Boyd Bushman さん。かつて兵器開発をしていたとか。


『 これは単にゲージ#30 を 250回巻きしただけのコイルです。 』


家庭用 AC に電源を繋げると、コイルが浮きます。


コイルと AC 電源との間に、何か特別な回路があるのかないのかはこのビデオでは不明。

( AC の)周波数などがレビテーションに適している、とか言っています。


白い板?がちょっと怪しい。材質はなんだろう?金属板を、何かで覆っているようにも見える。


YouTube 上でこれを追試した人がいて、 『 単純に AC 電源と繋げただけではコイルは浮かないx_x 』 というビデオがありました↓。

Boyd Bushman antigravity recreation ThermoCap video part 1
http://www.youtube.com/watch?v=vSSUzC9xl6s&NR=1
浮かないから腹立ててる・・・。


おっと、いま検索したら、浮いている追試ビデオもいくつかありました。

Levitation of an Electromagnetic Induction Coil

http://www.youtube.com/watch?v=WX1fkfJPWpY&NR=1
本人からのコメント

Hi This demonstration is done with simple 120 volts 60hz.I used 265 turns with #22 gauge wire awg.Some say that you need 1/2 aluminum sheeting. I also levitated with 1/4.

このデモでは簡単に 120V, 60Hz を使いました。
#22 ゲージ導線を 265回巻きしています。
下に敷いているのは 1/2 (インチ?)厚のアルミニウム板。 1/4 の厚さでもちゃんと浮きました。


浮かせることができなかったさっきの人↑も『複製できたんですね!』とコメントを寄せている。

Making of a ufo pt2 levitation coil

http://www.youtube.com/watch?v=p2uIXQu0Ji8&NR=1

金属板が敷いてあるのは、下が金属じゃないと浮かない、のでしょうか?

それとも単にコイルの熱対策?

Home > Anti Gravity

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。