Home > 世界のこと

世界のこと Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

日本語でTweetしていたイスラム国自爆要員ハーデスさんが切なすぎる。

  • 2015-02-02 (Mon)
  • 911

日本語でTweetしていたイスラム国自爆要員ハーデスさんが切なすぎる。
http://matome.naver.jp/odai/2142222254072200701

いつか命令が下れば命を捨てる自爆テロ要員。

アカウントが本当にISILの人なのか、真偽を確かめようがないが、

そのつたない言葉の節々に、涙を誘う。

このハーデスさんによればだが、ISILのメンバーの多くがクレイジーだそう。
全員がハーデスさんのような優しい?方ではないという点も留意しながら。

(もちろん、これがISILによる日本向けの同情引く作戦、て可能性も。)



要約するとこんな感じ


アメリカがシーア派を支援し、シーアは私たちを殺した

私は家族を全員殺された


正義はない


アメリカに謝罪をして欲しい。そして私たちを大事にして欲しいだけ。しかしアメリカは戦いを 「正義」 と言った。
(彼は何度もこれを口にします)


戦争は終わらない

アメリカが戦争を終わらせようとしない


湯川さんは昨年8月に拘束され、今回の最初のビデオ公開より前に、すでに殺害されていたと聞いている




それと重要なことが書かれている。

安倍の資金援助とテロ組織対抗宣言が引き金になったと思ってたが、

それだけでなく、ヨルダン政府の ”この金でぶっつぶす” 宣言が、大きな引き金になっているそう。



日本(安倍)が資金援助を約束

ヨルダン政府が 「その金でISILを叩き潰す」 と宣言
(日本にはこの情報は知られていない。)

その三日後、ISISがビデオ公開と共に身代金要求 (←要するに、日本の資金援助を撤回しろ、ということらしい)



他にも、

日本がISISに対抗するグループに資金援助をした

その金で我々は殺される。

日本は自分たちが戦争できないから、ヨルダンを利用している。








<アメリカによる侵略>が諸悪の根源。

武力で殺されるから武力で抵抗してる。

これは、ネイティブアメリカンに対する虐殺と抵抗運動と何にもかわりゃしない。


テロだなんだと騒いで威勢を張ってみたところで、何がテロリスト(=抑圧に対する抵抗運動)を生んでいるか、その根源を絶つ必要がある。


表層的な怒りのジャッジじゃなくて、本当のところ何が原因でこういうことが起きているか、周りの人と話して欲しい。

いや、まず俺が家族と話そう。



日本は資金援助・後方支援・アメリカ支持宣言・あるいは武器輸出や軍事企業への投資で、陰で戦争に加担していた。

知らずに投げ続けられていた鋭利なブーメランが、やっと自分たちに牙を向いて戻ってきたところだ。


これで日本人には、政府が何をしているか気付いて欲しいんだが、どうなることか。



それと、戦争したがり屋のどっかの首相はアホ過ぎて話にならん。

プラス、湯川さん救出を妨害した公安外事三課っていったい何なの何がしたいの? ←ジャーナリストの常岡さん情報 (IWJ参照)



【後藤健二さん殺害】「安倍首相の発言が引き金に」 孫崎享さんがイスラム国への対応を批判
http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/01/story_n_6588280.html




P.S.

今日神社へ参拝してきた。

「私たち日本人は平和と愛と相互理解を選択します。」 と宣言してきました。

IVAW - 戦争に行ったアメリカ兵の告発!「本当の敵はアメリカ国内にいた!」 (シリアやエジプトも全く同じ構図)

  • 2013-09-04 (Wed)
  • 911
戦争とはこういうものだ、という、熱意溢れる証言。

「人道介入」というのは半分以上ウソ。

騙されてはいけない。

戦争の本質は「ビジネス(金儲け)」だ。



戦争に行ったアメリカ兵の告発!「本当の敵はアメリカ国内にいた!」 (シリアやエジプトも全く同じ構図)

http://www.youtube.com/watch?v=cR5zoW1W4ac




必要のない恐怖心をあおるメディアや政府高官たち。



僕らは世界中の人々と心を開いて手を繋ごう。



敵などいないのだ。


例え Dreamer と呼ばれようとも、


僕らは武力の必要のない世界へいこう。


ライト兄弟

Googleトップページが飛行機の絵になってたので、ライト兄弟についてWikipedia検索。


ライト兄弟
http://ja.wikipedia.org/wiki/ライト兄弟

兄 ウィルバー・ライト
弟 オーヴィル・ライト

二人とも純粋でとてもきれいな目をしてるなぁ


逆に彼らの成功を妬んでおとしめた人たちの写真からは、
傲慢さや権力志向、野心や冷酷さを感じる・・・。

まぁそれはそれでそういう悪役を演じるという役割なので受け入れつつ。


できれば自分はライト兄弟のような純粋な情熱というものを持ち続けたいし、
もろもろの専門の研究者やフリーエネルギー研究者にも、そうであって欲しい。

スマホの電磁波


スマホ使い過ぎたのか、いくつかの指先に痛みがあるぞ・・・細胞が悲鳴あげてる。

以前のガラケーより高性能なCPU。稼動中のたくさんのプログラムやアプリ。
パケ放題的なプランで、WEBサイト見る際にもより多くの画像データなどのやり取りためパケット数がかなり増大。

主にパケット通信中に、触れている指や手にしびれやチクッという痛みが走ります。

通信後、全身には大量の静電気が残る感覚。


スマホから出る電磁波には要注意です。


まだPCを有線LANで使うほうが悪影響が少ない。


指が直接触れるだけに、スマホの利用は最小限にとどめようと思います。


無論、PCであっても、無線LANの場合は悪影響大ですのでオススメしません。

上杉隆氏を番組で取り上げようとしたら左遷


http://news.ameba.jp/20110315-184/?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

TV局若手記者 上杉隆氏を番組で取り上げようとしたら左遷
3月15日16時00分 提供:NEWSポストセブン
先頃「自由報道協会」を設立したジャーナリストの上杉隆氏が、茂木健一郎氏との対談で記者クラブの閉鎖性を指摘している。上杉氏はこう語る。

* * *
上杉:確かに日本のマスコミはゾンビ企業ですね。すでに死んでいるのに気づいていない。先日、あるトークショーが終わったあと、楽屋に某テレビ局の記者が来たんです。「テレビ局の記者になり、今3年目です。番組で上杉さんを採り上げようと思い、企画を出したら、飛ばされました」といってました(笑い)。

そのあとに今度は別の局の記者が電話してきて、「自由報道協会(※)を追いかけたいんですけど、追ってることがバレると飛ばされるので、今日、来たことはいわないでください」と。

茂木:北朝鮮や中国みたい。本当に終わっていますね。

上杉:自由報道協会の主催で小沢さんや竹原信一・前阿久根市長の記者会見を開いても、記者クラブメディアは「自由報道協会主催」というクレジットを出さない。例外はNHKだけですね。彼らは怖くて現実を直視できないわけです。

茂木:恐怖に駆られているから攻撃的にもなる。

上杉:むしろ記者会見を開放すれば、今までよりはるかに自由に伸び伸びと仕事ができるのに。海外では日本のカメラマンは優秀と評価されているし、記者も基礎学力が高く丁寧に取材すると認められている。ところが、集団になった途端、変貌する。わざわざ自分から牢獄に入って、その牢獄を守っている奇妙な集団という扱いになっている。

茂木:ほとんどストックホルム症候群ですね。これは銀行強盗などで長期間人質になると、犯人に同情して協力するようになるという症状ですが、記者クラブメディアで働いていると、本当は監獄に縛られているのに守られていると勘違いして会社を愛してしまう。

上杉:記者クラブシンドロームですね。

茂木:早く目を覚まして、自分たちで牢獄から出てくればいいんだよね。

※自由報道協会/オープンな記者会見を実現する場として、上杉隆氏を暫定代表に設立。1月27日の小沢元代表会見を皮切りに、これまで堀江貴文氏、松沢成文氏などの会見を実現している。

※週刊ポスト2011年3月25日号

米(市民?)団体による、「米軍の北朝鮮への挑発行動の停止を要求する」署名

  • 2011-03-05 (Sat)
  • 911
平和つむぎより。転送歓迎。

Fwd: 団体署名の要請:朝鮮での戦争ゲームをやめよ

[転送・転載歓迎します。重複受信の際はご容赦ください。]

寺尾です。

朝鮮戦争の終結のために活動しているアメリカの団体
endthekoreanwar.org(エンドザコリアンウォー・ドット・オーグ)から、
韓国での米韓合同軍事演習の中止を求めて、オバマ大統領と議会に
送る要求書への賛同団体を募集するメールを頂きました。

同団体からの呼びかけと要求書を日本語に訳しましたので、
協力できる団体は宜しくお願いします。

賛同は同団体のメールアドレス
admin@endthekoreanwar.org
へお送りください。

この団体のホームページのURI:
http://endthekoreanwar.org/
そのホームページの記載の日本語訳が以下のURI:
http://ameblo.jp/khbong/entry-10597398610.html
で読むことができます。

転送・転載歓迎。

-------- Original Message --------
Subject: End the War Games in Korea
Date: Wed, 2 Mar 2011 22:44:01 -0500
From: admin
To: teraoter@mint.ocn.ne.jp

Dear friends and allies:
友人、友好団体の皆さん

We are writing to ask you to add your organization’s name to this
statement which the National Campaign to End the Korean War is
sending to the Obama administration and Congress. The U.S. has just
started a new round of dangerous war games in the Korean peninsula,
which must stop.
朝鮮戦争終結全米キャンペーンがオバマ政権と議会に送る以下の声明に、
貴団体名を加えて頂きたく、メールしています。米国は朝鮮半島で新しい
一連の危険な戦争ゲームを開始したところですが、中止しなければ
なりません。

*We are asking you to email us permission to include your
group's name on the letter below.* *You can simply hit REPLY
to this email. *
<以下の書簡に貴グループ名を含めることを許可するメールをお送り
ください。このメールの返信ボタンを叩くだけです。>
(この団体のメールアドレス
admin@endthekoreanwar.org
へお送りください-寺尾)

You have supported our campaign previously; we hope you will join us
in this effort. Thanks for your support!
皆さんは以前我われのキャンペーンを支持してくださいました。
この企画に皆さんが参加くださいますことを願っています。
ご支援有難う!

- From the National Campaign to End the Korean War.
- 朝鮮戦争終結全国キャンペーンより

=================================================================

**
*Stop Provocative U.S. War Games in Korea *
*Prioritize Jobs and Services at Home*
≪朝鮮における米国の挑発的な戦争ゲームを中止せよ≫
≪国内での雇用と諸サービスを優先させよ≫

At a time when state and local governments are cutting essential
public services, the United States is spending desperately needed
tax dollars on dangerous and costly military exercises in Korea. We,
the undersigned, demand the U.S. government immediately stop the
provocative and dangerous "Key Resolve-Foal Eagle" military
exercises and take concrete steps to end the 60-year war on the
Korean peninsula through peaceful dialogue.
州政府や地方自治体が欠くことのできない公共サービスを切り縮めている
この時に、米国は何としても必要な税金を朝鮮での危険で金のかかる
軍事行動に使っています。私たち以下の署名団体は米国政府に、
挑発的で危険な「Key Resolve(要の決意)-Foal Eagle(子馬ワシ)」
という軍事演習を直ちに中止し、朝鮮半島における60年に及ぶ戦争の
平和的な対話による終結に向けて具体的な手立てをとるよう
要求するものです。

For eight weeks, from February 28 to April 30, 2011, the U.S. and
South Korea Combined Forces Command are conducting joint military
exercises called "Key Resolve-Foal Eagle." These war games,
involving 13,000 US troops and a nuclear aircraft carrier, are
intended to simulate an attack on North Korea's nuclear weapons
facilities and intervention plans in the case of instability in
North Korea.
2011年2月28日から4月30日までの8週間にわたって、米韓合同軍事司令部は
「Key Resolve-Foal Eagle」と呼ばれる合同軍事演習を行っています。
これら戦争ゲームは、米兵1万3000人と原子力空母1隻が参加し、北朝鮮
核兵器施設攻撃と北朝鮮が安定を欠いた場合の介入計画をシミュレート
することを目的としています。

In contrast to calls made by the Korean people for peace and
engagement, "Key Resolve-Foal Eagle" exercises exacerbate an already
tense situation on the Korean peninsula. The U.S. government alleges
that these exercises are routine and defensive in nature, but it is
clear that the aim of these exercises is to simulate the
annihilation of the North Korean military, regime change, and
occupation of North Korea. The exercises simulate a massive landing
by more than 200,000 South Korean and US troops to occupy Pyongyang
and the mobilization of offensive Stryker brigades.
韓国民衆が行った平和と協調の呼びかけとは対照的に、「Key
Resolve-Foal Eagle」軍事演習は、朝鮮半島が既におかれている
緊張状態を激化するものです。米政府は、これら軍事演習はもともと
慣例的且つ防衛的なものであると主張していますが、それら軍事演習の
目的が北朝鮮軍せん滅、北朝鮮の体制変革と占領をシミュレートする
ことにあることは明らかです。軍事演習は、ピョンヤン占領に向って
韓米軍20万人以上による大軍の上陸、そしてストライカー戦闘旅団の
動員をシミュレートするものです。

Since the military crisis last November over Yeonpyeong Island, the
countries involved in the Six Party talks have been making progress
to return to peace talks for the stability and security of Northeast
Asia. By forging ahead with these massive simulation war games, the
United States and South Korea only further worsen tensions on the
Korean peninsula and sabotage prospects for peaceful dialogue.
延坪島における昨年11月の軍事的危機以来、六者会合参加国は
北東アジアの安定と安全に向けた平和協議に立ち戻るべく進展して
います。このような大規模なシミュレーション戦争ゲームをごり押し
することで、米国と韓国は朝鮮半島の緊張を更に高めることしか
しておらず、平和的対話への展望を妨げています。

We call on the Obama administration to cancel the destructive Key
Resolve-Foal Eagle war games and instead begin the process of
finally ending the 60-year war on the Korean peninsula by signing a
Peace Treaty with North Korea. We are in the midst of an economic
crisis. We can no longer afford to waste millions of dollars on war
games that threaten peace and the sovereignty of another nation. As
a precondition for returning to talks, the United States has
demanded a demonstration of "sincerity" by North Korea, which
subsequently put forward many viable options for denuclearization.
Now the United States must respond by halting the provocative Key
Resolve- Foal Eagle exercises and return to peaceful negotiations.
私たちはオバマ政権に、破壊的な戦争ゲーム Key Resolve-Foal Eagle を
取りやめ、かわりに北朝鮮との平和条約を調印し朝鮮半島での60年に及ぶ
戦争状態を最終的に終わらせる手続きを始めるよう要求します。私たちは
経済危機の真っただ中にいます。平和と他国の主権を脅かす戦争
ゲームに何百万ドルも無駄に使う余裕はもはやありません。話合いに
立ち返る前提条件として、米国は北朝鮮に「誠意」を示すよう要求し、
そのことが更に非核化に向けた実行可能な選択肢を前進させる、
としています。今度は米国が挑発的な Key Resolve-Foal Eagle 軍事
演習の中止で応じるべきであり、平和的交渉に立ち戻るべきです。

Signed
署名団体

National Campaign to End the Korean War
朝鮮戦争終結全米キャンペーン

(National Association of Korean Americans, National Committee for
Peace in Korea, National Lawyers Guild Korea Peace Project, Nodutdol
for Korean Community Development, Veterans for Peace Korea Peace
Campaign)
(韓国系アメリカ人全米協会、朝鮮の平和を求める全米委員会、
ナショナル・ロイヤーズ・ギルド[全米法律家組合]朝鮮平和プロジェクト、
コリアンコミュニティ開発ノドゥットル、平和を求める
退役軍人たち朝鮮平和キャンペーン)
(訳:寺尾光身)用

ネットアンケート 「次期首相にふさわしいのは?」

またしても米国の犬であるTV新聞が「次期首相は前原」というおかしな世論調査結果を撒き散らしていますので、対抗措置としての投票はいかがでしょうか。


ネットアンケート 次期首相にふさわしい人は?
http://henrryd6.blog24.fc2.com/blog-entry-982.html


結果を見ると、なんと97%が小沢一郎に投票しています。


こちらからも直接投票をどうぞ。

アンケートにご協力ください
ネット市民が望む「次期首相にふさわしい人は?」(時事通信社の調査の上位順です。)
前原誠司
岡田克也
石破茂
舛添要一
渡辺喜美
小泉進次郎
菅直人
小沢一郎
谷垣禎一
石原伸晃



米議員「在日米軍は撤収すべき」

平和つむぎの投稿より転載。

[heiwa0][05754] 革命酒場 と 米議員「在日米軍は撤収すべき」  「抑止はユクシ(嘘)」

みなさま


こんにちは。
度々、長文を失礼します。

今日もジェット機が飛ぶ鎌倉で、
畑に出たり、歯医者に行ったりしながら、
エジプトや中東諸国、中南米につながる日本の独立について、
考えておりました。

日本らしい変化とは何だろう。

大企業と米国優先でない政治、共産党さんも言っています。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2011-02-17/2011021709_01_0.html

Youtubeで
植草一秀『日本の独立』刊行記念講演会
みれます。

民主党の中でも「国民の生活が第一」の原点にかえろうとする動きはあるとのことですが、
高円寺では2/14に「革命酒場タハリール臨時営業」があったとのこと。
「民衆の底力をみせつけてやれ!」(素人の乱)

革命酒場主宰のイルコモンズさんブログより。
iiiiiiiilllllllll
...花森安治のことばを添えて、24日間のブログ・リストをアップします。

さて、ぼくらは、もう一度、
倉庫や物置きや机の引出しの隅から、
おしまげられたり、ねじれたりして、錆びついている
〈民主々義〉を探しだしてきて
錆びをおとし、部品を集め、しっかり組み立てる。
〈民主々義〉の〈民〉は、庶民の〈民〉だ。
ぼくらの暮しをなにより第一にするということだ。
ぼくらの暮しと企業の利益とがぶつかったら、
企業を倒すということだ。
ぼくらの暮しと政府の考え方がぶつかったら、
政府を倒すということだ。
それがほんとうの〈民主々義〉だ。
(花森安治)
iiiiiiiilllllllll


以前、ロンポール議員の大統領選テーマソング『Revolution』
を紹介させて頂きました。
http://heiwa0.seesaa.net/article/120002915.html


今日は、米軍基地のことについて、
民主党のクシニッチ議員と堂々と表明して下さいました。


大分でも富士でも、高江でも、百里でも、習志野も、相模原も、横須賀も、
自衛隊の基地でも共同使用になってから、米軍も使える現状。


「日本がすべての責任を自ら負う時だ」とのこと。
池田佳代子さんご紹介、
「抑止はユクシ(嘘)」by琉球新報
http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51754471.html

共和党のロンポール議員も同じことを言っています↓

感謝して、転送です。
今夜はトランジションタウン鎌倉の満月祭り@ソンベ、
明夜はトランジションタウン葉山のトランジション ・カフェ@Coya!


T

平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
●祝 鎌倉市平和都市宣言53周年(1958日本初)●
●にぽんのどくりつ。平和条約でいこ●


444444444777777777
http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011021501000615.html
米議員「在日米軍は撤収すべき」 財政赤字で

デニス・クシニッチ下院議員(共同)

【ワシントン共同】米下院のロン・ポール議員(共和党)とデニス・クシニッチ議員(民主党)は15日までにそれぞれ共同通信との単独会見に応じ、日本駐留を含む米軍の前方展開戦略が「財政上の問題になっている」(ポール氏)と述べ、米財政赤字が最悪規模に膨らむ中、在日米軍は撤収すべきだとの考えを示した。

孤立主義外交を唱えるポール氏は保守層に人気があり、クシニッチ氏は民主党内で最もリベラル派の一人として支持を集める。いずれも過去に大統領選に挑戦した経験を持つベテラン議員で、在日米軍を維持する「余裕はない」(クシニッチ氏)と共通認識を訴えた。

米軍は、8日発表した指針「国家軍事戦略」で「北東アジアの戦力を今後数十年間堅持する」と明記。米議会内にも台頭する中国や核問題を抱える北朝鮮を念頭に、在日米軍の重要性を説く声が依然としてある。

しかし、ポール氏は「日本がすべての責任を自ら負う時だ」とし、平和と安全を確保する上で米軍依存をやめるべきだと主張。在日米軍は抑止力だとする議論は軍事的プレゼンスを維持するための「口実だ」と一蹴した。

クシニッチ氏も「米国に世界の警察を務める金はない」と強調。在日米軍を「過去の遺物」と呼んだ上で「移転して軍事優先政策から脱却すべきだ」と述べた。

戦争・内戦と広告代理店

  • 2011-02-15 (Tue)
  • 911

雁屋哲の美味しんぼ日記 - 悲しい国だね 2010年2月1日
http://kariyatetsu.com/nikki/1214.php


そのなかで、今日の話題にふさわしいのは「もっとも恐ろしい武器とは」という副題付きで、高木徹著「戦争広告代理店」を取り上げた頁だろう。

 21世紀にもっとも恐ろしい武器となるのは情報である、と言う真実を雄弁に裏付ける本である、と米原万里氏はこの本を紹介する。

「本書では、メディアに乗せられた情報が戦争の趨勢に決定的な役割を果たす様が、ユーゴ内戦時、新興国ボスニアに雇われたアメリカの広告代理店の活躍を通して伝えられる。対セルビア戦を有利に展開し、国際的承認を勝ちとるまで、ボスニア政府首脳に言葉遣いから発言のタイミング、敵に不利な情報を流すためのネーミング(例えば「民族浄化」という語によってナチスを連想させる)など、手取り足取り指導して行く様が具体的に紹介されている。これでもかこれでもかと、セルビア武装勢力による残虐行為を世界中のメディアにばらまく一方で、ボスニア側による勝るとも劣らない蛮行は巧妙に伏せられ、先進国、わけてもアメリカの戦いには「人道と民主主義」とい名分があると世論に浸透させる。」

 ここからが大事なので、きちんと読んで欲しい。

「偽情報であれ一面的情報であれ、大量に繰返し叩き込まれたそれは、事実以上の重みを持って人びとの意見を立場をコントロールしていく。」

「圧倒的に多数の人びとは自由なる意志に基づいて、己の意見や立場を決定していると無邪気に思い込んでいる。あたかも自身の意志で、さして必要もない商品を喜々として買い求め、インタビューに際しては、テレビキャスターや新聞の論調を反復する。(中略)それが情報操作の結果であるなんてつゆほども思わない」(本書471頁)

 誠に、恐ろしい話である。高木徹氏はボスニアとセルヒアの戦いについて語っているのだが、米原万里氏はそれを現在の日本の状況に布衍して語っている。

USTREAM - 尖閣ビデオを公開した元海上保安官が講演



USTREAM - 尖閣ビデオを公開した元海上保安官が講演
http://www.ustream.tv/recorded/12686714

本日のUst。

一色元海上保安官が、外国特派員協会で講演をした。


・・・領土問題等を戦争や力で押さえつけようとする傾向があるが、こういった問題には言論で立ち向かうべき。

この事件は本当に政府の機密にして国民の目から隠しておくべきものなのか、逆にこちらが問いたい。

マスコミの情報にはウソがあることを、この一件で知った・・・e.t.c.


彼の言うことには真実がある。


日本のメディア革命のはじまりな予感。


ゴルフジャーナリスト上杉隆氏も35:00頃から質問をしています。

エジプトデモの女性たちの写真

小沢スキャンダル報道で、日本のメディアは権力の言いなり(NYタイムズ全文和訳)


小沢スキャンダル報道で、日本のメディアは権力の言いなり(NYタイムズ全文和訳) 2009.05.31
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1620.html

Memo From Tokyo
In Reporting a Scandal, the Media Are Accused of Just Listening
(小沢スキャンダル報道で、メディアは言いなり)





日本のことを日本のメディアからではなく、外国の新聞から学ばねばならないことは残念である。今日(5月29日)のニューヨーク・タイムズは「日本のメディアは検察庁が流す情報を丸投げ」という記事を書いていたがこれもその一つだ。

記事は西松建設からの政治献金問題で小沢前民主党代表の公設秘書が逮捕された件について、検察庁の政治的意図と検察ベッタリの大手メディアの報道を批判する。記者のFackler氏は保守論壇の中西輝政京大教授の意見から述べはじめる。曰く「マスメディアは国民にとって何が重要かということを告げることに失敗している。日本は政府を変えて、政治的マヒ状態から脱却するチャンスを失おうとしている。国民がそのことを知らないうちに」

実際のところ公設秘書逮捕以来落ちていた民主党の支持率は、鳩山代表選出後若干反発している。だが選挙見通しが混沌としていることに変わりはない。

記事によると日本のジャーナリストは小沢前代表に厳しく、全般的に検察寄りであることを認めているが「メディアは単に検察の発表を繰り返しているだけだ」という批判には怒りを示している。

(後略)

石川知裕議員 「供述、真実でない」


Yahoo!ニュース - (毎日新聞) 石川知裕議員 「供述、真実でない」無罪主張へ 2011/2/4
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110204-00000004-maip-soci


 石川議員は昨年1月15日の逮捕から2月5日の保釈までの間、当時の弁護人に手紙を数通送った。

 1月28日付の手紙には政治資金収支報告書の提出前に小沢元代表らに報告した経緯に関する調書を作成したと記載。続けて「五年前の事でありよく覚えていないのですが、理詰めで問いつめられ、調書に同意をしてしまいましたが真実ではない事をお伝え致します」と記した。別の手紙では「全てが悪意を持って行っていたように筋書きが作られていく事が残念でなりません」と記していた。また、表紙に「獄中日記」と書いたノートには、水谷建設側からの裏金授受の有無に絡み「再逮捕もほのめかされる」(1月25日)、「水谷についても立証できると言われた。本当にとんでもないことだ。検察は事件を作ると言われているが本当だ」(同27日)と書き込み、取り調べへの不満もぶつけていた。



(上杉隆)水谷建設・西松建設・陸山会の3事件はどこに消えた?


週間上杉隆 -
小沢一郎氏を強制起訴!「政治とカネ」問題の焦点、
水谷建設・西松建設・陸山会の3事件はどこに消えた? 2011年2月3日
http://diamond.jp/articles/-/11000

そういうことです。

消えちゃいました。

だって全部でっちあげだったんだもの。



・・・腹立ってきた


「日刊ゲンダイ」が「政権交代の主役鳩山・小沢はアメリカの陰謀で失脚」と報道


日刊ゲンダイがまたがんばってます。

この号、買い損ねたけどかなり意義のある記事だったようです。

Wikileaksの情報は、鳩山・小沢がアメリカの陰謀によって失脚させられていたことを示唆。

あの大手メディアによる異常なまでの鳩山・小沢叩きのバックにはアメリカがやはりいたのだろう。


『「日刊ゲンダイ」や「週刊朝日」や「週刊ポスト」や「サンデー毎日」がよく売れている』のは、フリージャーナリストたちの記事と活躍によるところが大きい。

大新聞・テレビには中身も真実もないことが徐々にわかってきたのでしょう。

みんなで日刊ゲンダイを買って応援しよう。



杉並からの情報発信です -「日刊ゲンダイ」が「政権交代の主役鳩山・小沢はアメリカの陰謀で失脚」と報道 2011-01-31
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/e96f72862acf789f496b97687e1e6b7b

杉並のYです

「日刊ゲンダイ」は「夕刊フジ」と並んで男性サラリーマン向けのタブロイド夕刊紙でこれまで朝日、読売、毎日などの全国紙からは格下のイエロー新聞だと軽蔑されてきましたが、ここにきて劇的な変化が生じています。

朝日、読売、毎日、産経などの全国紙が定期購読者を大幅に減らし日経と読売以外が赤字経営に陥り「夕刊フジ」が実売14万部と存亡の危機に陥っている中、公称180万部の「日刊ゲンダイ」や「週刊朝日」や「週刊ポスト」や「サンデー毎日」がよく売れているのです。

理由として考えられるのは、全国紙や「夕刊フジ」や「週刊現代」や「文春」が余りにも権力よりの「大本営発表」報道を繰り返してきたことに対して、疑問や胡散臭さを感じてきた国民が増えてきたからなのです。

「日刊ゲンダイ」が「小泉竹中構造改革」や歴代の自公政権を一貫して批判し「タブーなき報道」をしてきたことがようやく評価されてきたからなのです。

特に2009年9月の鳩山・小沢民主党政権による政権交代を大手マスコミの中ではいち早く支持しその後の検察と大手マスコミによる鳩山首相・小沢幹事長バッシングを批判して二人を擁護する論調に徹してきたことに多くの国民が共感したためでしょう。

「日刊ゲンダイ」は1月31日号で「日本はアメリカの植民地。菅首相はアメリカの手先。小沢氏はアメリカの陰謀で失脚した」と一面トップで米国批判をしたのです。

先週の写真週刊誌「フラッシュ」掲載の「小沢殺しは米国の謀略だった」の記事、今週の「文春」に上杉隆氏の「小沢一郎インタビュー」記事掲載、そして今回の「日刊ゲンダイ」の米国全面批判記事は「潮目」がはっきり変わってきたことを示しています。

大手マスコミの一角である夕刊紙や雑誌が正面切って米国と米国の手先としての菅民主党政権を批判し始めたのです。

内部告発サイト「ウィキリークス」が昨年2月のキャンベル国務次官補が韓国の外交当局者に話した内容を報告した米国務省公電を暴露したことも潮目の変化に大いに貢献しています。

公電には「鳩山・小沢民主党政権は反米的だ。岡田外相、菅財務相と直接コンタクトを取る」とキャンベル国務次官補が語った会談内容が書かれていたのです。

以下に「日刊ゲンダイ」1月31日号のトップ記事を転載しますのでお読みください。

▼ 日刊ゲンダイ1月31日一面記事「菅首相は米国の手先だ。小泉時代へ逆行。対米隷属管政 権」

≪21世紀の今になってもまだアメリカの植民地のままでいる国は日本以外にどこにもないといわれている≫

≪対等な日米関係を主張した政権交代の主役鳩山・小沢がアメリカの陰謀で失脚し菅と岡田が日米基軸とアメリカに身を売って政権の座についた売国政 権の

薄汚れた正体≫

話題の「ウイキリークス」が暴いた米外交機密文書。これが日本国内で波紋を広げている。菅首相はなぜ急に米国ベッタリになったか。そのヒントが隠されているからだ。この機密文書は、米国のキャンベル国務次官補が昨年2月、韓国の外交当局者に対し、「(日本の)岡田克也外相と菅直人財務相と直接、話し合う事の重要性を指摘した」会談内容の公電だ。昨年2月と言えば、まだ鳩山内閣時代。それなのに、米国は、首相を指し終えて、岡田外相、菅財務相を交渉相手に名指ししたのである。

もともと、政権交代を成し遂げた鳩山首相、小沢kン次長が前理科に疎まれ、普天間基地問題をきっかけに退陣に追い込まれたのは公然の秘密だった が、それを米機密文書が裏付けたわけだ。「やっぱり、そうだったのか」と民主党関係者や外交関係者も納得し、話題になっているのである。

確かに、この視点に立てば、政権交代前夜からの流れがはっきり見えてくる。多くの陰謀のナゾも解けるのだ。

「アメリカのCIAが対日工作を続けているのは有名な話ですが、彼らが民主党に深く関与し始めtのは、小沢さんが代表となったころ(06年)でしょう。

翌年、民主党が参議院選挙に大勝し、政権交代が見えた頃には!これは危ない”となた。小沢さんや鳩山さんが、日米従属関係の見直しや東アジア共同 体構想を内田氏ていたからです。何をしたか。日本の検察を動かした。それくらい、彼らには朝飯前なのです」(政治評論家・本澤二郎氏)

小沢排除も米国への忠誠

それが西松建設事件や鳩山”個人献金”事件だが、国民の圧倒的支持で政権交代は実現された。鳩山首相は普天間の国外移転を言い出し、小沢幹事長は 国会議員140人以上を連れて訪中。アメリカはさらにカチンときたわけだ。民主党ゆさぶり工作は一気に強まり、小沢幹事長の土地取引疑惑、鳩山首相の普天間問題へと進む。日本の大マスコミも一斉に小沢・鳩山つぶしに加担し、昨年6月、ついに2人の退陣表明となったのである。本澤二郎氏が続ける。

当時、菅財務相は普天間についても、小沢さんの事件についても口をつぐみ通していた。それは前原大臣などを通して、”次はあなたです。アメリカが後ろ盾になりますから」といわれたからでしょう。そこさえ分かれば、菅首相がなぜ異常なまでに、小沢排除を続けているのか、鳩山政権時代の外交政策をすべて転換させ、日米基軸優先に戻ったのかもも理解できるのです。政権交代とは、戦後政治の古い支配体制をかえることだったのに、菅首相は自己保身のために、アメリカのポチだった小泉純一郎元首相以上にアメリカに従属してしまったのです」

キャンベル国務次官補の会談に関する公電が打たれた昨年2月の時点で、アメリカは小沢・鳩山切りと、菅・岡田への乗り換えを決めていた。以降4か月間、日本の大マスコミ報道と政治情勢は、アメリカが描いたシナリオ通りになっていった。まさに植民地そのものなのだ。

小沢一郎という政治家は、田中角栄の事件も見てきたから、こうしたアメリカの対日工作は全部わかっている。それでもせっかく実現させた民主党政権を壊したくないから、あからさまな反論は控えてきた。しかし、菅があまりにアメリカ、財界、官僚に手玉に取られ、消費税増税やTPPに突っ走り、民主党政権そのものを壊そうとしていることに我慢できなくなっているようだ。最近の週刊文春のインタビューではこう語っている。「(TPP)は

全くアメリカ自身の戦略です。何の対応もなしに、アメリカの言いなりにTPPを進める。そんな発想ではいけません。(アメリカも中国も)腹の中では日本のことをバカにしきっていて、相手にしていないことです。なぜなら、日本は揉み手をして相手の言う事を聞いているだけで自己主張せず、戦略もないからです」

菅への痛烈な警告ある。だが、馬の耳に・・・のスッカラ菅首相には右から左だろう。

「菅首相がアメリカの言いなりなのは、政権維持に自信もよりどころもないからです。それで、寄らば大樹の陰なのです。中国が強く出れば、さらに菅首相はアメリカ逃げ込む。だから前原外相などは、中国漁船衝突事件の対応など日中が対立するように、いろりお小賢しいことをやっているの です」

(神浦元彰氏)

アメリカに身を売る売国奴しかいない政権だ

だが、戦後65年もアメリカの植民地のままでいる国は、日本以外にない。英国だって、イラク戦争に協力した前首相ブレアを吊し上げているほどだし、アメリカの裏庭だったチ南米は、ほとんど反米になったり、居類をおいて独立に走っている。エジプトも民衆決起で、いつ親米政権が転覆するかわからないご時世なのに、日本は、自分たちで選んだ政権交代をアメリカの意のままにつぶしても矛盾を感じない。元外交官で評論家の天木直人氏が言う。

「エジプトがひっくり返れば、中東情勢は一変します。それが流れなのに、日本の大手メディアはまだ米国発の情報ばかり流している。今や韓国びしたって、中国に大接近しているのに、日本では報道されない。アメリカ言いなりの管政権と大手メディアによって、日本は韓国と競わされ、中国と敵対して、アメリカを頼るしかない孤立化へコントロールされのです。果たして、それが日本人の幸せになるのか。植民地のままでいいのか。いずれ沖縄のような環境になることを早く気付くべきなのです」

エジプト政変、中東激変に米軍が介入するようになれば、小泉政治の猿真似の菅は「自衛隊を出します」くらいな事を言い出しかねない。

景気だけでなく、この国の沈没が迫っているのだ。

(終わり)

エジプトの若者からのメッセージ

Translators United for Peace
平和をめざす翻訳者たち

速報874号 エジプトの若者からのメッセージ 2011-1-31 1:43:21
http://www.tup-bulletin.org/modules/contents/index.php?content_id=906

チュニジアに触発され、エジプトが。

Twitterで言われているように、ネットを介した革命が起きている、と思っていいのかな。

現地にいるわけでもなし、自分のネット環境がいまいちで動画があまり見れないこともあり、ちょっと情報不足でなんとも・・・。



ひとつ気になるのは、ヒラリー・クリントン長官が「我々はエジプトの民衆を支持する」というような発言をしていたこと。これ単なる表向きの発言なだけならいいが。

アメリカがデモに一枚噛んでるのか、ムバラク退陣・新政権樹立でアメリカに何か利益があるのか、傀儡政権を打ち立てるつもりか、といつもの勘繰り。自国の利益のためならなりふり構わないアメリカなので。


追記)世界中いたるところに首を突っ込むアメリカ。エジプト・ムバラク政権もアメリカの傀儡政権だったらしい。日本など傀儡政権なだけでなく、戦後65年経っても未だアメリカの占領下にある。

森ゆうこ議員のツイート。検察審査会の疑惑について。

一市民Tさんと共に尽力してくれています。

このところ言われている審査員平均年齢の問題(3番)とは別に、6と7が重要かと思われます。

moriyukogiin 森ゆうこ
http://twitter.com/#!/moriyukogiin

昨日最高裁ともう一度話し合った。結果、本日まで資料の提出をお待ちすることにした。お待ちするのは今日が最後。これ以上協議すること(資料の提出の可否について平行線をたどること)は、お互いに税金から、歳費、給料を頂戴しているのだから税金の無駄遣い。後は権限行使のみ。

【検察審査】(1) 2010.10.15の予算委質問以降3ヶ月余り、検察審査会の謎を解明するために、最高裁に対して資料の提出や説明を求めて来た。この間、多くの国民の皆様から検察審査会に対する疑問の声を頂戴した。税金を使って運営されている検察審査会と、その予算を管理している最高裁が

【検察審査会】(2) 検察審査会法を恣意的に解釈して、本来開示すべき情報を秘匿する事が出来ないことは既に明らかであり、それについて最高裁担当者は私に反論出来なかった。本日中に以下の資料を提出することを昨日要求し、提出されない場合、国会議員としての権限を行使すると伝えた。

☆【検察審査会】(3) これまでの調査、実験で検察審査会くじ引きソフトに重大なセキュリティーホールがあり、いくらでも恣意的に審査員、補充員が選定できることが証明された。更に、計算間違いなどで三度発表されることになった審査員の平均年齢は一回目と同じ34.55歳。これは確率上0%に近い。
☆【検察審査会】(4) 小沢元代表の起訴議決を行った東京第五検察審査会の審査員、補充員、審査補助員(吉田弁護士)に対する日当、旅費の支払文書は、東京地裁の管理する行政文書であることが分かった。開示するとともに、文書が捏造されていない事を確認出来るよう現物を閲覧させることも必要である。

【検察審査会】(5) 私は検察官適格審査会委員として、既に審査員の氏名を知っている。従って個人情報を含む支払文書を全くマスキングせずに閲覧させたとしても何の問題もない。むしろ、審査会が本当に開催され、適正に予算が執行されたことを、証明するために開催日時と審査員等の署名入り領収書を含む

【検察審査会】(6) 関連文書を積極的に私に閲覧させるべきである。検察審査会法では、起訴議決を行うことになる2回目の審査会には担当検事の出頭を義務付けている。審査事件票には、一回出頭した旨の記載がある。しかし、関係者によれば、担当の斎藤検事は9/14の議決日以後に出頭したという

【検察審査会】(7) この情報が正しければ、小沢元代表に対する起訴議決は「無効」。検察審査会は斎藤検事が確かに議決日前に出頭したことを示す記録を開示しなければならない。以上、開示を求めた情報が、検察審査会法の会議の「非公開の原則」の例外であることは最高裁との議論で証明済みである



@LedLine 検察審査会が①公正に審査員及び審査補充員を選定し②最高裁への報告の通り、7/13から9/14まで7回開催し、議決書作成のため10/14に集まり、③検察官が9/14の議決前の会議に出頭したかどうか。 これらを証明できる資料を提示出来なければ議決そのものが無効。




下記がこの冤罪事件の全貌のようです。うまくまとめてくれてるように思います。

酷いもんです。こんなことがまかり通るとは。

このような検察からのリーク≒情報操作を、メディアは考えなしにあるいは恣意的に連日報道し、国民は小沢氏を巨悪と信じ込んだ。


誰が本当の巨悪か、私たちの目にははっきり見えている。


LedLine
http://twitter.com/#!/LedLine
1 違法であるとする証拠が全くない陸山会虚偽記載事件、こんな無茶な捜査を特捜は何故出来るのだろうか、無実の人でも「犯罪者に仕立てあげれば良い、我々はその術を知っている」ということに尽きる。例えば小沢氏からの4億円を実は3億円で残り一億円は水谷建設の裏金に仕立てあげる。(続く

2 続き) その為に必要なのが水谷受刑者から嘘の証言を得ること、その為の仮釈放取引…しかしこれは実体が無いからどんなに頑張っても無罪になるがそれで構わない小沢氏が巨悪であることを吹聴出来れば十分。小沢氏からの4億円の不記載、これは立替金だから簿外処理され記載しないのは合法。(続く

3 続き) 普通ならそれで終わるが特捜は違う。犯罪にすれば良いのだから一時的な立替金ではなく記載義務のある貸付金とし4億円の銀行融資とは別との扱いを無理やり実証して見せれば犯罪者に仕立てあげることが可能、その為に必要なのは「それに沿った供述調書でありその為の逮捕」こうして石川氏(続く

4 続き) をはじめとする3名の秘書を逮捕拘留し強引な取り調べで無理やり検面調書へとサインをさせる。その手口は劣悪で、喋ってもいないことをリークし新聞記事にし石川氏へ見せ「抵抗はムダ 君はもう大悪人になっている」と特捜の権力を見せ付けること。何の関係もない女性秘書の子供を人質にし(続く

5 続き) 「お前がサインしないとこういう無茶な取調べをずっとせねばならぬ」と迫ること。自民党へと寝返り嘘を吹聴している石川議員元秘書金沢敬を使って「何時でもお前を別件で叩くことは可能」だと脅すこと。極め付けは「お前さえこれにサインすれば俺達のメンツが立つから小沢氏は助かる」と(続く

6 続き) 嘯く。こうして秘書達は検察の作ったストーリーが書かれている検面調書にサインさせられて行った。しかしこれでも足りない秘書達はこの捏造調書があれば有罪に持ち込めるが小沢氏はどう頑張っても無理、共謀を実証する証拠を得ないと無理なのだ。しかし特捜は諦めない。検察審査会がある(続く

7 続き) 検審会で強制起訴に持ち込み、それを理由に国会で証人喚問に引き摺り出せば偽証罪での立件が可能、捏造調書の多くは事実と違う内容となってるから小沢氏が真実を証人喚問で発言すると偽証罪で潰してしまえる。こうして特捜の描いたストーリーに沿って陸山会虚偽記載事件は進んでいく…(続く

8 続き) ところが最終場面になり予期せぬことが起こる。村木事件である。捏造調書を作る体質が暴露され、FDD改竄という不祥事まで発覚、しかもその犯人が前田主任検事であり大久保秘書の取調べに関与していることも発覚。これで大久保秘書から取った捏造調書は使えない。更に石川氏への起訴後(続く

9 続き) の不当な取調べを石川氏に録音させていたことが(nita: 「石川氏が録音していたこと」の間違いじゃないだろか?)発覚、その録音内容から検察の不当な取調べが発覚し証拠採用、これで石川氏から取った捏造調書も使えない。最後に残った池田氏から取った捏造調書もこの状況ではもう使えないだろうこうなるともうこの事件は特捜のでっちあげしか残らない。




実際検察はなぜそこまでして小沢氏を落としたがるのだろうか。


石川議員が再聴取をこっそり録音。

石川議員が再聴取をこっそり録音。

「同じ供述をしろ」とはいったいどういうことか。
真実を追究する者の言う言葉じゃない。

検事はぐうの音も出ないだろう。

可視化をすれば、密室でのこういう恣意的な捜査・取調べはできなくなる。


朝日.com
http://www.asahi.com/national/update/0115/TKY201101140544.html

特捜検事、捜査段階の供述維持迫る 石川議員が聴取録音 2011年1月15日3時3分




Yahoo! ニュース (時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110115-00000004-jij-soci

「同じ供述を」と誘導=石川議員再聴取で特捜部―公判に証拠申請・陸山会事件 時事通信 1月15日(土)0時28分配信




音源はあるのかなー




Continue reading

上杉隆による、記者クラブに関するプレゼンテーション.wmv


上杉隆による、記者クラブに関するプレゼンテーション.wmv
http://www.youtube.com/watch?v=exDKdZnoKbs


小沢氏に関する植草さんの記事


植草一秀の『知られざる真実』より。

ちょっと古い記事ですが、芋づる式に開いた中で目に留まった部分を。


Ustream やニコ動などで小沢氏は生の姿で露出しているようなので、もはやこうしてブログに書く必要もあまりないかもしれませんが。


主権者国民対悪徳ペンタゴンが民主代表選構図
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-5a3c.html

 マスゴミは最重要の事実をまったく伝えない。最重要の事実とは、8月16日付記事に記載した五つの真実である。具体的には、
①小沢一郎氏関連の刑事問題がすべて瑣末なことがらであること。
②検察審査会の審査補助員選定が極めて不透明であること。
③検察審査会委員の選定が面接によるとの説があること。
④検察審査会に申し立てを行った人物が「在特会」会長と伝えられていること。
⑤その「在特会」幹部4名が京都府警に逮捕されたこと。
などがまったく伝えられない。
 
 他方で、悪徳8人衆およびその周辺から発信される、小沢氏に対するネガティブ・イメージを強調する発言だけが強調して報じられる。

(中略)

「悪いことをした人間」というのは一体何か。この一言だけでも、渡部恒三氏が国会議員を務める資格さえ持ち合わせていないことが明白である。
 
 偽黄門は無罪推定原則などの現代民主主義の基本原則さえ知らない無知をさらけ出している。年齢で人を区分するべきではないが、渡部氏のような老害しか持ち合わせていないとしか見えない人物は、一刻も早く議員を辞職するべきだ。岡田克也氏の発言も、ほとんど同レベルのものである。

 こんな人物を頻繁にテレビに出演させるところに、マスゴミの偏向がくっきりと示されている。

 先の大戦時、大本営情報と結託したマスゴミの攻撃を受けた側に真実が存在した。マスゴミの大罪を主権者国民は常に意識のなかに入れておかねばならない。マスゴミに攻撃される人物こそ、真実の人材であると考えるべきだ。





主権者国民対悪徳ペンタゴンが民主代表選構図
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-5a3c.html

 小沢一郎氏に対する執拗な攻撃は、悪徳ペンタゴンが小沢一郎氏の政治刷新能力を心底恐れていることの証左である。マスゴミが小沢氏攻撃を強めれば強めるほど、小沢一郎氏の価値が高まる逆説を正しく理解しなければならない。





小沢一郎攻撃メディア談合組織「三宝会」③
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-1c78.html

 小沢一郎氏に対するメディアの集中攻撃が続いている。何も知らない市民は悪徳ペンタゴンの情報工作の罠に嵌ってしまう。竹下元首相が組織した小沢一郎氏攻撃の談合組織である「三宝会」の暗い影は、いまも日本の情報空間を大きく歪めているのである。

(中略)

(政治資金規正法違反事件で)小沢さんは不起訴となりましたが、当然です。私は政治行動をともにしてきましたが、小沢さんは不正なカネをもらったことは一切ありません。検察の捜査は不正なカネをもらったはずだということが前提でした。検察は民衆が官僚政治を打破するために作った政権を、本格政権にしようとしている小沢さんの政治的暗殺をもくろんだわけです。これと同じことは戦前、帝人事件(注)で行われました。軍部と検察が組んだファッショだったのですが、その結果、日本は戦争に突き進んでしまいました。
(中略)

帝人事件 昭和9年、帝人(帝国人造絹絲)株をめぐる贈収賄事件で、帝人社長や大蔵省次官ら16人が起訴され、当時の斎藤実内閣は総辞職に追い込まれた。その後、12年になって起訴は虚構で犯罪はなかったという理由で被告は全員無罪となった。立件は政界右翼と軍部が検察を使って行った策謀との説もある。斎藤内閣の総辞職以降、軍部の独走体制は強まった。」





私はフリエネに触れられない忙しい日々が続いております。。。

Home > 世界のこと

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。